初トレッキングを三日間ミャンマーでしてみたら – 1日目

 

マンダレー(C)からカロー(D)へ、19時発の早朝3時着のバスで、約8時間かけてやってきました!

 

とっても小さなカローというこの街。

実は、インレー湖(E)へのトレッキングの拠点地なんですよー。

 

ということで5人でこの街までやってきたものの、日本人組は時間があまりないということで、残念ながらトレッキングは不参加(これがシェーンとバスのチケットを取る時に、あれこれしてた理由。笑)

なので、ここで3人とは別れて!!

 

シェーンと二人で、2泊3日のトレッキングツアーに参加します!(*゚∀゚)=3

Sam Family Restaurant(住所:Aung Chan Tha St)
レストラン兼旅行代理店。2泊3日カローからインレー湖へ。英語ガイド、村でホームステイ2泊、食事付。大きな荷物は3日目の宿泊先(別料金)まで運んでくれ、全て込みで1人40$。

シェーンが全部一人で予約しててくれたんですけどね。はっはっは、らくっすなー。

 

シェーンと2人きりでトレッキングかぁ・・・と思ってたんですが(失礼)

他にもメンバーいました、やったー!!!(*゚∀゚)=3

 

フランス若カップルのアレックスとJJ!

ひとり旅中フランス女性のバネッサ!

ひとり旅中スイス女性のステファニー!

そしてアメリカ人シェーンと女子力の高い私!

 

同年代6人組です~!(*゚∀゚)=3

え、空耳ですよ、空耳、流して流して。

 

ガイドはミャンマー女子のオマ、21歳の純朴娘~(*’▽’*)

それからコックのシャンさんも先回りして、ごはんを作って待っててくれます~!

 

歩きはじめてすぐに子どもがわーい!ってやってきて、お花をプレゼントしてくれました(*´∀`)

ちなみにわたし、トレッキング経験0です。

山登りの経験も、ほぼありません。

 

山ガールとやらの流行りに着いていけず、「ちっ、なんだそれはミーハーめ!」ってすねていたので、入門編と言われている高尾山ですらも、のぼったことがありません。

 

富士山?

やだ、つらそう。。(根性なし)

 

というわけで、2泊3日のトレッキングがどんなもんか知りませんが、とりあえずこんなもんだろって格好と荷物でやってみることにしました。

ええ、靴はもちろん唯一のスニーカー、黄色のVANSちゃんですよ(*´∀`)

 

あの人ジーパンだし、あんなやる気のないバック持ってるし、大丈夫でしょう。

たった2泊3日だし(*´∀`)

 

朝の8時に出発してオマに着いて、どんどん歩いていきます。

足も短くいつもちんたら歩くわたしには、非常に早いスピードです。

みんな元気ですなぁ。

 

オマがこれはこんな植物でって、色々説明してくれます。

 

ミャンマーの自然の中を歩きながら、ツアーメンバーたちと楽しく会話をして進んでいきます。

「はじめまして~」とか今までの旅のこととか、そんなんです。まじ英語習っといてよかった!!!

3時間ほどそれが続いた頃でしょうか。

 

みんな全然疲れてない様子なのですが、わたしはすでにぜえぜえ言いはじめました。

え?トレッキングってもしかしてつらい系?(´Д`;)

やだ!マラソンきらいなのに!がんばるけど!

 

景色のいいところで、ちょっと休憩!

ガイドのオマちゃんが、小さなみかんをくれました♪

 

「そういえばトイレ行きたいなぁ…」

「あ!私もー!オマ、この辺にトイレは…(*´∀`)」

「ないよ(*´∀`)」

 

青空トイレデビューきた!(((((( ;゚Д゚)))))

行くか!?行くのか!?行けるのか!?!?

 

と、必死に少年の心を思い出そうとしましたが、大人のわたしはしばらくがまんすることにしました。

未知へのはじめの一歩は、いつも怖いものなのです。

 

昼の12時すぎに、お昼ご飯を食べるための小さな村に到着しました!

と、ともに一目散でトイレにダッシュ!!!(((((( ;゚Д゚)))))

 

最初のごはんはチャパティー(*´∀`)

シェーンがインドを思い出して食欲なくしてましたが、とてもおいしくておかわりまでしちゃいました!

めっちゃお腹減るー!これがトレッキングというやつなのかー!!!

 

みんなはとても楽しそうですが、わたしはすでにかなりぐったりしています。

足いたい、お母さんおんぶーです。

わたしたちがすすむルートの中で、いくつかの民族の村を通り抜けていきます。

 

そんなひとつの民族の村でたまたま結婚式が行われていたので、おじゃまさせてもらうことになりました。

 

新郎はなんと18歳。新婦さんは20歳。

しかもなんと数回しか会ったことないのに結婚ですって。

だから超初々しい空気が二人の中に流れていました。お見合い的なやつでしょうか。

 

「ねぇ、ねぇ、オマ。ミャンマー人は結婚相手を選べないの?」

「そんなことないよ。もちろん村によるけど、結婚は自由だよ。」

 

母の結婚プレッシャーがすごかったときは、「大丈夫!結婚するから!頼むからほっといてくれ!」と言いつつ、結婚願望はなかったのですが・・・(相手がいなかったとも言う)

世界へ飛び出し母が娘の結婚もう無理や!って諦めたいま、こうしてミャンマーの家庭を見ていると、家族いいなぁって気になってきます(年齢的な問題とも言う)

つまり、お母さんこれからも結婚プレッシャーはなしの方向でって話です。

 

おこちゃまたちの服もぼろぼろ、たぶんお風呂もあまり入ってないんでしょう。

わたしも負けじと汗と土でどろどろなのです。良い勝負だな、おこちゃまよ!

 

でも結婚式用にお化粧とおめかしをしてる姿が、とってもとってもとっても愛らしかったです。

ぼろぼろにおしゃれしてた!!!

 

あいかわらず、とても人懐っこいミャンマーの子たち。

お母さんたちも、お姉さん達も、シャイで綺麗だったな。

 

東京育ちなので、日本の田舎の学校ってどんなか知らないんですけど、この子たち見てたら、ふと知りたいなーと思いました。

そんな機会があれば、ど田舎希望!

 

でも、なんだか違和感がありました。

わたしがあの結婚式の中にいたことの違和感。

昨日子どもたちと触れ合ったのとは、全然違う気持ちでした。なんでだろう・・・

 

さらに自然の中や小さな村を突き抜けて、歩いていきます。

ミャンマーの山の自然、土色と坂と青空がとてもとても美しかったです。

段々畑と、そこに暮らす人。

 

かごを運んだり、子供抱えたり。

 

小さな出会いや・・・

 

線路の上をてくてくしてわくわくしたり。

 

こんなだたっぴろい中、大声で超気持ち良さそうに歌い歩く女性を、羨ましいと思ったり。

 

わたしがあそこに立っていたとして、同じ心になれるのかな?

無理だろうなぁ。

わたしにはとても白に近い存在に見えたよ。

 

休憩の駅についたー!!!

 

さすがのみんなも、足がパンパンらしい!!!

疲れてるのわたしだけかと思ってたら、みんな疲れてただなんて!!!

そりゃそうだよ!

「え?この道行くの?まじで?」な険しい道をよじのぼり、激しくアップしたり激しくダウンしたりしたもの!

 

最後の力をふりしぼって、みんなでパシャリ。

美女ゲートのおかげで、体力が2回復しました。

 

「お、オマ・・・あとどのくらいで今日の宿に着くの?」

「1時間くらい!!!」

「ひいいいいーーーー!(((((( ;゚Д゚)))))」

 

トレッキングが好きな人は、マゾなのではないだろうか・・・(真顔)

 

だんだん日が暮れてきましたよ。

 

それにしても、いいメンバーに恵まれた。

 

わたしが「どこに足つきゃいいんだ!?」ってまごまごしてると、さっと手を差し伸べてくれるアレックスシェーン。

ぐったりしてると代わる代わる話しかけてくれる、笑顔が素敵なJJと、ユーモアあるバネッサと、おしゃべりステファニー。

ううう、わたしがいちばん不出来なトレッキング娘だよ・・・(´;ω;`)

 

本当に本当の最後の力をふりしぼり・・・

 

朝8時に出発して夕方17時に到着ーーー!!!

 

シャンさんがごはんを作ってくれたよ!いただきまーす♪

って、めっっっっちゃくちゃおいしい!!!(´;ω;`)

 

ここで6人で、川の字になって寝るらしい。

修学旅行みたいー!仲良くなっちゃーう!(*゚∀゚)=3

 

「だめだ、もう超つかれた・・・水シャワーでもいいからあびて・・・」

「あ、シャワーないよ(*´∀`)」

 

3日間風呂なし!(((((( ;゚Д゚)))))

WiFiももちろんなし!それはミャンマーにきてから捨てたけど!!!

 

「・・・今、この化粧ポーチを猛烈に投げ捨てたいです。。」

「え!!!っていうか化粧道具なんて持ってきたの!?笑」

「バカなの!?トレッキングなめてるの!?」

「この通り、ビューラーもあります。。」

「ぎゃはははは!!!笑」

 

どういうことだ!!!

トレッキングとはそういうものなのか!?化粧道具とかいらないのか!?

せめてもの、ということで、顔と足だけ洗いにいくことにしました。

 

「オマー。どこで顔洗えばいいのー?」

「あ、そこー(*´∀`)」

 

って、連れてってもらった外にあった水はった樽をのぞいてみると・・・

毛虫が一匹浮いていました。

 

「・・・・・。」

 

毛虫は見なかった振りをして外に救い出し、その水で顔をばしゃばしゃと洗いました。

適応能力!私の優れた適応能力いまこそ目覚めよ!!!

 

こうして、みんなも疲れていたのか、夜20時には就寝!!!

寝よう、寝ましょう、泥のように寝て明日に備えましょう。

わたくしは、パジャマ(半袖ハーパン)に着替え、毛布にくるまり、心ゆくまでおやすみをし・・・・

 

おやすみ・・・・

おや・・・・

 

 

ガタガタガタガタ!!!(((((( ;゚Д゚)))))

ささささささささ寒い!それも尋常じゃなく寒い!!!(((((( ;゚Д゚)))))

 

もともと末端冷え性なんですが、凍傷するかも!ってくらい寒い!!!

なんだ!!!ミャンマーの山奥!!!

これがトレッキングの夜ってやつなのか!!!

 

これはやばいぞと飛び起きて、ヒートテック+スパッツ+ウィンドブレーカー+マフラー+ニット帽+靴下
を着用!!!(これが一番暖かい装備)

ふう。これで少しはましになるだろ(*´∀`)

 

 

ガタガタガタガタ!!!(((((( ;゚Д゚)))))

命の危険が!と、なりふりかまってられなかったので、隣のスイス女子にぴたっとくっついて寝ることにしました。

ほんとは潜り込みたい!布団の中にダイブしたい!

 

色々頭に思い浮かべましたよ。

凍死ってこういうことなんだろうかとか、わたしだけアジア人だから寒いのだろうかとか、やはりユニクロのダウンを買っておくべきだったとか、トニーはどこでなにをしてる嫁のピンチだぞとか、弟の背中に冷たい足を入れてほかほかしたいよーとか。

あーん太陽待ち遠しいいいーーー!!!(´;ω;`)

なんか色々勘違いしてたトレッキング!!!

 

★10チャット=1円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)