海外へ行く前にしておきたい手続き4つ

 

海外を1年以上はなれる時にしておきたい手続き4つをご紹介します!

 

 

年金を止める

 

海外に行っている間、年金ストップさせてくださいという手続きです。

これをすると、海外に行っている間は年金を払わなくていいことになりますが、年金の受給額は当然減ります。

払い続けた方がいいような感じもしますが、私は月15,000円を払いながら旅をするだけのお金の余裕がないので、ストップすることにしました。

 

手続きは簡単!

  • 場所 | 役所の国民年金課
  • 期間 | 働いている人は、退職後2週間以内
  • 持ち物 | 基礎年金番号通知書、身分証明書

 

私は退職後次の日にカナダへ来たため、自分で手続きする事ができないので、母に頼んで手続きしてもらいました。ありがとうー!(*’▽’*)

私の住んでいるところは、特に委任状などはいりませんでした。2週間以内にいかなかったから、1ヶ月間未納になったらしいけど(笑)

 TOP

 

 

海外転出届をする

 

住民票を抜くってやつです。

住民票抜かないと、住民税がかかったり、年金や国民保険に入らなければなりません。

 

手続きはこちら!

  • 場所 | 役所の戸籍住民課&課税課
  • 期間 | 海外転出の2週間前からOK
  • 持ち物 | 身分証明書、委任状

 

住民税は、昨年度の分を毎年払います。

つまり、住民票を抜いても前の年の住民税を払わなければいけないわけで…

住民税の請求は6月ごろに送られてくるそうです。

自動引き落としでよろしく!みたいには出来ないので、だれか代わりにはらってくれる人がいります。ということで、おかあさん、ほんとありがとー!

「この口座からお金使って!」と言って払ってもらいました。こちらは親が代わりに払いますという委任状を役所に出しました。

 TOP

 

 

携帯解約をしよう

 

iPhoneの解約です。

ソフトバンクは長年使っていたので、携帯解約にともなう違約金は払わなくてよかったのですが・・・(1万円って…高いよ!)

iPhoneに買い替えてから2年経ってなかったので、機種代ローンが残っていました。

ほとんどの方がそうしてるように、私も24ヶ月分割払いだけど毎月割引されて、実質月々1,000円くらい払うだけでした。

それが解約したら割引がなくなるので、月々2,400円払わなければなりません。

このまま機種代ローンが終わるまで携帯契約しておいた方が得か、それとも解約して機種代を払った方が得か…

 

ソフトバンクに通ってお兄さんに相談したり、自分で必死に計算したりした結果。

4/1に携帯解約するのがベター!ということになりました。4月分の機種代割引を受けてから即解約。的な。

ということで!例によって4/1にはすでに私は日本にいないので、おかあさんいっっつもありがとーっ!笑

他の人が代わりに払いますの委任状も必要です。

 TOP

 

 

運転免許証を更新しよう!

 

完全にペーパードライバーの私ですが、なんとワーホリ中に運転免許証の期間が切れてしまう事が判明!

でも、まだ更新の時期はきてないし…はああどうしたら…(((((( ;゚Д゚)))))

 

と思って、ネットで調べまくってたら、こんな文章をみつけました!

海外旅行、海外勤務、入院等、やむを得ない理由で失効後6ヶ月以内に手続ができなかった方で、その事情が止んで1ヶ月以内、かつ失効後3年以内の方は手続き等を行うことによって、運転免許を再取得することが出来ます。

な~~んだびっくりさせないでよう(*´∀`)

ということで、こちらは何もせずに放置。あぁ、忘れちゃいそうだよ…

 TOP

 

*追記(後日、運転免許証を書き換えに行ったら、こんな感じだったよ)

 

 

 

という感じでしょうか!色々めんどくさい手続きたちですね。

仕事やめてすぐ飛び立つぜ!って方は、協力者、必須です!

 

私は都内某区に住んでいます。

場所によって期間とかシステムがちょっと違うと思うので、役所のかわいいお姉さんに聞いたりしてくださいね~♪

長々とありがとうございます☆

 

★1$=79円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)