オーストラリアといえばどこでもいつでもBBQ!

オーストラリアといえばBBQです。

 

こんばんは、ブログがんばらねばーと思い立って2日目の私です。

ワイン飲んでるのでノリノリです。日曜日ですね、みなさまいかがおすごしでしょうか?

とか言ってたら、月曜更新になってしまいました。笑

 

さてさて、てつろー夫妻がメルボルンについた日の話。

オーストラリアといえば何かな〜と考えて思いついたのが、やはりBBQです!

庭の広いメルボルン、どこのお宅にもひとつはバーベキューセットがあるのです。

 

今住んでいる家にも大きいのがありますし・・・(後片付けがてきとーすぎるよ)

 

日本人の友人宅にもミニバーベキューセット。

 

この間遊びに行ったシェアハウスにも、ミニバーベキューセット。

 

さらには、マンションの下に共用のバーベキュースペースもあるくらいです!

ちなみにここは元バイト仲間エミちゃんの紹介で知り合った、美容師Koaちゃんのマンション。

ワーホリの人とか短期間の人は契約できない、セレブマンションです。笑

 

Koaちゃんには、ちょっと前に私もカットしてもらいましたー!

日本でもずっと働いてたし、西オーストラリアのパースでもローカルと日系の美容院で働いた経験豊富な彼女。英語、日本語だけでなく中国語も堪能な超フレンドリー元気娘です♪

今は自分ちでフリーでやってるんだって〜。1年半ぶり(一時帰国した日本を離れて以来)のカット、超きもちよかった!

 

で、お酒を持ち寄り、彼女のマンションでやらせてもらう予定だったんですが、今日は使えないよってことで急遽場所を変更することに。でもどこに・・・

「あ、近くに公園あるから、そこでもバーベキューできるよ〜!」

そうでした。

オーストラリアでは、公園にも無料のBBQエリアがあって、自由に使っていいのです!

さすがオーストラリアといえばバーベキュー!さっそく公園にレッツゴー!

 

こうえ・・・いや、これ公園っていうか大自然では。

カヌー(?)とかしちゃってるし!

オーストラリアでは2番目に大きな都市メルボルンも、ちょっと郊外に行けばこの通りです。そういうとこ好き!

 

公共のバーベキューマシンにアルミホイルを設置する、超〜〜できる日本人女子たち!

後から来た友人のオーストラリア女子が「なにこの用意周到!素晴らしすぎる!私たちただどーんと焼くだけよ。笑」って言ってました。

「すばらしいよねー!」って彼女に激しく同意。

あれ、わたしどこ出身・・・?

 

さらには「これすごい美味しいんだよー!」「あーこれ私もスキー!」って盛り上がる日本人女子の輪に全く入れないわたし。

なんなの、みんないっつもこんなセレブっぽいもの食べてるの!?

 

「セレブ???笑」

「あいつ、貧乏だからしょうがないんだよ・・・」

 

聞こえてますよ、てつろー夫婦。

 

すごい速さでちゃちゃちゃっと進められていくバーベキュー!に全く手が出せないわたし。

 

「さてと、わたしは何をやればいいのかな?写真とか撮ればいいですかね!」

「みさきちゃんってこういう子なの?」

「こういうやつなんだよ」

「もっとちゃきちゃき動く感じかと思って・・・」

 

ものっすごい聞こえてますよ、てつろー夫婦。

 

「お前はさっきから何をしてるんだ」

「フォークを手に入れたんでソーセージを焼いてるんですよ!ほら!」

「さっきからソーセージしか触ってねえぞ」

「そ、そんなことないですよ!野菜とかも裏返したり…!」

 

という会話をしてる間に凄まじく手際よく肉を細かくカットしてくれる日本人女子たち。

だめだ、潔く使えないやつポジションに収まろう。いつものように。。

 

日本人女子しかいないからか、ちょっとそわそわしてるてつろーさん。笑

 

そのあとオクトーバーフェストでナンパしたオーストラリアカップルと、遊び仲間のマルタカイルカップルも加わって、ワイワイと楽しい雰囲気に〜♪

*ナンパしたときの話「メルボルンのオクトーバーフェストに参戦してきました!
*マルタちゃんとカイルくんと遊んだときのこと「JAPAN CULTURE and ART FESTIVAL 2015 へ行ってきました!

 

日本人多いから入れるか心配してたんだけど、超フレンドリーなKoaちゃん、周りの人とうまくやるエミちゃんをはじめ、みんな仲良くしてくれて、一安心!本当にみんないい子たちだよ〜〜〜

で、てつろーさんはまぁほっといてもいいとして、笑

英語勉強中の奥様にも外国感をぜひとも楽しんでもらいたい・・・うーん・・・私はまた後でゆっくりお話しできるから・・・

 

「マルタ、マルタ」

「ん?」

「あそこにいる彼女ね、わたしの友達の奥さんなんだけどさ、」

「うんさっきちょっと挨拶したよー!」

「英語勉強中だから、マルタちょっと話しかけてよ♪」

「えっっ!いいね!ぜひとも話しかけに行こう!」

 

というわけで、奥様の元へマルタちゃんを仕向ける作戦!逃しませんよ〜〜!

とかいろいろやっている間に、今度はサササーっと片付けをしてくれていた日本人女子たち!!!

わたしが話している間に、っていうかトイレに連れて行ってもらっている間に(ダメの極み)

 

「お前もっと周りに感謝したほうがいいぞ」

 

そういうのを、見逃さないてつろーさん。笑

いやあ、、本当におっしゃる通りで、、

 

わたしがこう居られるのは、それをさせてくれる人がいるおかげで、もっとこう、その感謝はどんどん言葉でも行動でもなんでも、出していかなきゃなぁと。

なんか、どうも周りにいい人が多すぎて、出すのが追いつかないんですけど。笑

 

なんかそんなことをふと思った夜になったのでした。

 

さー、明日はこの日のために調べていた汽車に乗りにいきますよー!!!

トーマスのモデルになったやつがメルボルンの近くにっていうか、私が激しく乗りたいやつなんですよそれ!!!(早速またわがままが出る)

 

「ケアンズでは何したんですか?ダイビング?」
「そうそう、あと山の中の列車に乗ったんだよー。」
「え、列車・・・!?」
「ほらこれ。世界の車窓からのオープニング飾ってたナンチャラカンチャラ」

 

と見せてもらった動画が、私が行きたかったやつに、激似。

おおおおお・・・特別感のあった汽車計画が・・・!!!

 

ということで、寝る前に必死に明日の計画を練り直したのでした。

えーっと、えーーーーーっと、車のない私にあとできそうなことといえばーー・・・

 

がっつりメルボルン市内観光コースかな♡

 

ほらっ!ケアンズで海とか大自然は楽しんだしね!自然と都市を楽しむ!うん、完璧!メルボルン面白いところいっぱいあるし!ね!

 

・・・・。

 

いいんかな・・・・(不安)

 

続く。笑

 

★1ドル=90円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)