北京でやることといえば買い物です!


AD


 

おはようございます。

えーと次、中国編の続きから書きます!笑

え、忘れました?私もです。

 

でも好きなところから書く方式に変えたって言ったもんね!

どうやってアジアからヨーロッパに入ったか書かないと、この先の旅のことが書けないっす。

では、おさらいしましょう。

 

チベット旅が終わって、チベットラサから青蔵鉄道で44時間かけて・・・

中国の北京に到着しました!

したところです。

よおおし、中国編むりやりスタートおお!!!

 

電車は北京西駅(beijing west rail station)についたので、そこから次の国への電車のチケットを買うため、北京駅(beijing rail station)へと向かうことにしました。

そうなんです、中国旅したいんですけど、中国はいろんな理由から後回しなので。

 

モンゴル行きます!

草原で馬にのってやるのです!!!

 

中国の電車はこんなんです。台湾と同じだー。

 

電車代は片道一律2元(33円)で、路線乗り換えても大丈夫。

 

ホーム、電車内とも表記は英語ありで分かりやすいので、とても簡単!

北京オリンピックがあったからかな?

 

北京駅到着!!!

いやあ、すごい人だわぁ・・・

 

さて早速中に入ってチケットを・・・と、外から探してみるも、英語案内がないではありませんか。

こここそ力を入れるべきだと思うんだが。

だけれども、私は日本人ですから、なんとなーくこれかなって推測出来るのです!

 

そして「イングリッシュ!イングリッシュ!」を連呼して、なんとか英語サービスのカウンターを発見!

 

「はろー、モンゴルまでのチケット欲しいのですけど…」

「ここじゃ買えないよ。インターナショナルホテルで買うんだよ。」

「え、駅じゃなくてホテルで買うの?」

「うん、歩いて10~15分くらい。」

 

だいたいの場所を聞いたんですがたぶん分からんなと思って、ホテルの名前を紙に書いてもらいました。

「国際飯店」がインターナショナルホテルらしい。

飯店って今までレストランのことだと思ってたわ。

 

さぁ、国際飯店どこに・・・

って、外に出てみたらあっさり遠くの方に発見。

ついてるぜー!

 

楽勝だったので、とりあえずご飯を食べましょう。

今日はまだおっちゃんがくれた雑クッキーしか食べてないよ、、

手前の李先生も無性に気になるところですが・・・

 

迷わず吉野家でしょう!!!

一時帰国で一番感動した日本食、牛丼だったんです。

あの価格でこのおいしさ、ほんと革命じゃないですかね。

 

海外吉野家もがんばってましたよー。

店員さんもフレンドリー!(中国語で)

 

こちら、インターナショナルホテルです。

こ、この高級感・・・バックパックが明らかに場違いで入りたくない。

あのお兄さん、まさかだましたんじゃなかろうか・・・

 

場違いな格好でロビーに行き、こちらを案内してもらいました。

ここで明後日のチケット(北京-ウランバートル)を購入するのです。

 

この鉄道はあの有名な・・・

シベリア鉄道につながる鉄道なのです!!!

あ、ややこしいですね。笑

なんか調べても分からなかったんですけど、たぶんこれは「モンゴル鉄道」かな。

 

シベリア鉄道旅、ずっとしてみたかったんです!

ラサから鉄道で来てるし、そこまでも鉄道で行ってみたい!!!

 

「じゃあ、寝台席1259元で。」

 

はいはい、1259元ねー。

1259元・・・

 

2万円!(((((( ;゚Д゚)))))

 

ちょ、おねーさん、それ高すぎじゃ・・・

たかが1日ちょいの移動で、飛行機と同じだなんてそんな!

いったいいくら手数料を取るつも・・・

 

「手数料取ってないよ。全シーズン通して同じ値段。」

 

そんなばかな!

どうやら高い世界一周コースを選んでしまったようですね・・・

(もともと中東を通ってヨーロッパに抜けるつもりだった)

とぼんやり考えながらも、チケットを購入。

 

いや、いいんですこれで。

「中国からモスクワまで鉄道旅」

わくわくする響きに従いましょう。

旅感も満載だしね!!!ミーハー丸出し!!!

 

道ばたで俺に挑戦詰め将棋の商売を見かけました。

ものすごく絡まれたのですが、全部中国語でわかりませんでした。

同じ顔だからなんとなく分かるとでもすみません、、

 

そのあとBooking.comで予約してた宿まで行くことに。

あ、アドレスはメモしてあるけど、場所どのへんかチェックするの忘れた。

 

ということで、駅前の案内看板みたいのでチェック。

アナログ!でもこの時はまだiPhone壊れてなかったんですよ。

 

あっさり着きました。

自分の旅スキルが男前すぎます。トニ子募集してます。

 

Beijing Home Youth Hostel
▼No.21, Cheniandian Hutong, Andingmennei Avenue, 東城区, 100009 北京市
▼free wifi, hot shower and bathroom share, 8people dome, 一泊75元(1240円)
▼駅からは歩いて10分くらいなので市内に出るのもらくらくです。wifiは時々調子悪いかも。

 

ウランバートル行きの電車は週3本と曜日が決まっているので、それに合わせて2泊することにしました。

8人ドミに泊まったんですけど・・・

わたし以外、みーーーーんな中国人!!!

でも、中国人が優しいってこと知ってるもんねー!

 

ってことで、ガンガン話しかけるわたし。笑

みんな「ごめん、わたしの英語ダメなんだけど!」って謙遜しながら、こういう意味か?って助け合いながら、すごいフレンドリーにたくさん話してくれたよ!

 

一緒に観光も誘ってもらったんですが、わたしにはやることが・・・

うう、優しくしてくれてありがとう!!!

 

北京で何をするのかというと・・・

 

ヨーロッパ入りに向けて、買い物です!(*゚∀゚)=3

インドの服でヨーロッパを歩きたくない。笑

もうそういうの飽きたよ。普通の服が欲しいのです。

 

ネットで調べて、買い物街、大府井駅というところにきました。

H&MやZARA、Forever21、ロクシタン、ユニクロなどなど・・・

とにかくたーくさん!!!燃えるうう!!!

 

そして朝から晩まで、ずーーーーっと。

ずーーーーーーっと買い物してました。

 

大学は東京を離れてちょっとした田舎に住んでいたのですが、帰省したときにずーーっと、ずーーーーーっと買い物してたんです。

それと、まったく同じ。笑

都会、戻ってきましたね。

 

セールで新しい靴も購入!!!

カナダに居るときから欲しかった、スペインEl Naturalistaの靴をついに。

かわゆいぜ!11,500円。

 

とすっかり夢中になってるうちに、あっという間に夜。

朝の9時から行動開始して、あっという間に夜の8時。

 

買い物病、恐ろしいわ、、

絶対トニーと一緒に買い物出来ないですねこれ、、

 

欲しいものは全部ゲットして、満足顔で夜ごはんです。

なんかこの人がコチラですって言ってます。

 

入ってみたら、フードコートマーケット?でした!

うわあ、この活気、台湾をめちゃくちゃ思い出す!!!

 

なんかお兄さんが必死に客引きしてたんで(中国語で、ここでごはんを食べてみることにしました。

 

なんかみんなシェアしてて楽しそうだなあって、ちょっと寂しくなりながら・・・

中華ってなんで基本シェア式なんですか?

一人旅に向いてないよ!!!

 

ここにも吉野家。でも、ぐっとこらえました!

あぶなかった、、

 

北京は、都会ですね。

まぁまた戻ってきます、中国。

できれば田舎に行きたいなぁ。

 

モンゴル、そしてヨーロッパに行く準備は万端です。

ま、なんかちょっと、その・・・

 

やりすぎた気はするけど。。

行ってきます、まずはモンゴル鉄道の旅!!!

 

中国飯をゆる~くご紹介

*なんかサンドウィッチ

すごいおいしかった記憶はあるが、何か忘れた。たしかハム。あと辛かった。

*フードマーケットで買ったやつ

選べる式のごはんでした。この真ん中のトマトとたまごの料理がチベット以降私の中で絶大なブーム中!!!

*おいしいドリンク

すごいおいしかったし、美容に良さそうだった。

*バブルティー

懐かしの台湾のタピオカミルクバブルティー!!!見つけた瞬間反射的に買ってしまいました!あいかわらず、君はなんておいしいのだろうか♡すごいおなかいっぱいです。

*スタバの飲み物

なんでしょうね、これ、覚えてないっす。たぶんフルーツティー。スタバにめっちゃテンション上がって買ってしまいました。都会久々だから!スタバすごい久々だったの!

*スタバのストロベリーヨーグルトフラペチーノ

いや、スタバすごい久々だったの!テンション上がったの!

 

ってか食べ物は全然覚えてないんですけど、、

ま、ゆるいコーナーなんでゆるく見てください。笑

 

★1元=16.4円

AD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)