バジャワからベナ村へぷらっとバイクで小旅行

アンドゥー。


AD


 

おはようございます♪

ハキハキマレーシア人ディーメイと、ズバズバオランダ人ロナルドと行く・・・

フローレス島、バジャワ観光〜!(*゚∀゚)=3

キャラの強い二人に囲まれてしまい、ふわふわ日本人のわたしは大変です。

すみません、言葉のチョイスに5回くらいド突いてください。

 

の前にー。

バジャワにある市場にやってきました!

ロナルドが、バイク風を防ぐためのジャケットを買いたいらしいですが、これ・・・

 

やってるの?(笑)

 

実はこのマーケットは、まだ移転したばかり!

お店もいくつか入っているのですが、まだまだこれからという感じです。

 

「あ、でもあそこ、洋服売ってるよー」

「本当だ、これいくら?」

「ペラペラ〜」

「書いて書いて!」

「(スラスラ〜)」

「くそ高えな!」

「口悪いぞロナルド!おねーさん、お願い安くしてー、ね!」

「ノオオ〜〜(*´∀`)」

 

マーケットの定番イベント、値段交渉!

あんまり値段交渉得意じゃないんだけど、ロナルドくんがコミュニケーションに苦戦してるので、ヘルプを・・・

 

「おっさん、これは?」

「(スラスラ〜)」

「あ、じゃあそれもらうわ」

「決めるの早っっ!!!」

 

ヘルプ、出す幕ありませんでした ( ̄▽ ̄;)

てか、あんまり値段交渉しないの?

 

「俺、値段下げまくるの好きじゃないんだよねー」

「あ、わかる。わたしもちょっと高いくらいは払う」

 

きのこの山みたいのゲットー(*´∀`)

 

「手、ジャマだわ!」

「お前、ほんっと何でも写真撮るのなー」

「ブログ用だよ!」

「誰がこんなお菓子写真見て喜ぶんだよ」

「ぐぬう、」

 

き、きのこの山ファンとかさ・・・!?(´Д`;)

 

フードエリアの方は、もっと活気がある感じ!広い空間が気持ち良い〜〜!

 

わおー、辛そうな赤が素敵!

 

斬新な配列!!!(*゚∀゚)=3

 

「(ニヤニヤニヤ)」

「い、いや、これは面白いでしょ!?みてこの、倒れそうで倒れない!!!」

 

これなんだ?

 

「あ、これうまいよなー」

「へー、食べたことないなー」

「フルーツ、あんまり買わない?」

「タイでマンゴーにはハマってたが・・・」

「ふーん、じゃあこれちょーだい」

 

ロナルドが買ってくれました。ライチに似てる!?(*゚∀゚)=3

 

市場を後にして、ディーメイが待っている宿へ戻りました。

3人で観光するためにはもう1台バイクが必要なので、そのバイク代をわたしとディーメイの2人でシェアして・・・

 

バジャワ近郊へ、小旅行ー!(*゚∀゚)=3

バイクでぷらっと向かう先は・・・

 

バジャワから南へ約14km、30分ほどバイクを走らせたところにある、ベナ村です!

ここにも、ワエ・レボのようなトラディショナルビレッジがあるらしく、バジャワでは1番の人気観光地みたいですよ〜♪

 

雲で隠れているけれども、大きな山に向かって走るバイク〜♪

ものっっっすごく気持ちが良い!(*゚∀゚)=3

天気も良いし、なんだかうれしいなー。

 

山に登るのは苦手だけれど、山のある景色は大好きです。

下から眺めれば良いじゃない!

 

ベナ村に行く前に、小さなトラディショナルビレッジにも寄りました。

 

おじゃましまーす・・・

 

あ、ここにも、鮮やかな色を作り上げる機織り!

 

手作りで、一動作ずつ、ていねいに。

あいかわらず職人さんはかっこよすぎて、やっぱりとてつもなく惹かれます。なんて素敵!

 

魔除け的なものかな?なんかかわいい。

 

観光客は一人もいなくて、のんびりと話をしながら過ごしました。

ディーメイは、あいかわらずマレー語を使って、現地の人たちとおしゃべり。

通訳なく直接話せるの、やっぱりいいなあ・・・

 

またもトウモロコシ!

場所はそれぞれだけど、トラディショナルビレッジの生活って、似てるのかな?

 

きちんとなっているようで。

 

かわいこちゃんもいましたよー。

 

かわいこちゃんとかわいこちゃんと、かわいこちゃん。

 

お姉ちゃんはとてもお姉ちゃんで、妹はすごく妹!

ディーメイが話したりする横で、えへへとそんな姉妹に癒されながら、この村を後にしました。

同じ空間にいるだけでにやけてしまうけれど、やっぱり話したいよーー。

 

そしてバイクをさらに走らせて辿り着いた、こちらがベナ村!

さっきの村よりも、だいぶ大きなトラディショナルビレッジです!

入り口のところで、いつものように寄付金を支払って・・・

 

「あ!チェス!」

 

ん?チェス?

 

村人と、突然チェスを始めるロナルドくん(*´∀`)

将棋なら打てるが、チェスはわからんなぁ・・・

じゃ、わたしたち先に村見てくるね〜♡(容赦なく放置)

 

ディーメイと一緒にプラプラ〜♪

 

足を器用に使って、糸を引っ掛けながらなにかを作っていました。

 

もくもくと煙が上がる横で、バッファローのツノ!

 

ここにも、ゆるい装飾が。

 

そして、機織り。

やっぱりどのトラディショナルビレッジも、生産しているものが似てる!

これがフローレス島の村の、文化と暮らしなんだろうなあ。

 

伝統工芸館とかで見たことがあるようなやつ、今でもバリバリの現役です。

 

ん!?なんだこれ・・・!?(((((( ;゚Д゚)))))

 

「ああーー!!!」

「な、なにディーメイそんな興奮して」

「これ、マカダミアナッツじゃない!?そうでしょう!?」

「ペラペラ(そうだよ的現地語)」

 

へえ〜、マカダミアナッツ!!!

高級ナッツで、なかなか手が出せないあの!!!

 

「わたし、だいっすきで!えー、買おうかな〜!?」

「ペラペラ(入り口のところで売ってるよ〜的現地語)」

 

観光地としてもそうだけど、こういった伝統工芸品やナッツ類も、村を支える大事な資金源。

大きな村だから私たち以外に観光客もちらほらいて、でも村の人たちはあまりそんなのは気にしていないように見えました。

こういう場所は「あーもう観光客うざい!」ってなったり、逆に「ぐぬー、商売っ気が強い!」ってなったりしがちだけど、そのバランスがうまく取れている感じ。

なんだか不思議・・・

 

山の天気は変わりやすく、いざ帰ろうって時に雨が降ってきて雨宿り。

おじゃました家のおばちゃんやおばあちゃんも、とてもニコニコしていて、ピュアで、優しい笑顔をくれました。

あーー、だからやっぱり、話したいんだってええ〜( ̄▽ ̄;)

 

かわいいと思いきや、たまにファッキューポーズするお子ちゃまもいる(笑)

運転席のおっちゃんが、わたしの中のナンバー1だよ!(どうでもいい)

 

バジャワまで戻ってきて、みんなで夕食を食べました。

インドネシア飯おいしい〜、やっぱりここが好き〜〜〜(*´∀`)

 

ディーメイもあいかわらずの至福の表情をして・・・

って、どうしたロナルドその表情は!?

 

「いや、もうここ数日ずっとバイクかっ飛ばしてるから疲れが・・・」

「確かに風にずっと当たってると疲れるしねえ」

「背中に問題があって、あんまり長時間運転できないんだよ」

 

どうやら長時間運転してると、背中や腰が痛くなってしまうらしいです。

バイク旅ってだけでキツイだろうに、持病持ちとはそりゃ大変な・・・(´Д`;)

 

「そういや、明日は2人ともここからどこへ行くの?」

「エンデの方に向かおうと思ってるよ〜」

「エンデ!わたしも明日行こうかと!」

「おっ!同じ方向!ロナルドは?」

「バイクで行きたいけど、腰次第かな」

「そっかー・・・」

 

バイクでエンデまでは確かに遠いか・・・

ん?待てよ?

 

「ねえ、それわたしも乗っていい?」

「エンデまで?別にいいけど、」

「交代で運転できるじゃん!」

「そしたら、エンデでまた合流って感じだね〜♪」

 

インドネシア旅も、もうすぐ終わり。

インドネシアで一番行きたかった場所、最後の目的地はエンデの近くにあります。

最後の最後に、バスではなく、もっと肌でフローレス島を感じたい。

なんとなくバイクなら、もっと近づけるような気がしたのです。

 

あと、バス代も浮くし(*´∀`)

や、やだなあ、お金のことなんて、ついでですよ!つ・い・で!!!

 

そんなことを話していたら、絡んできてくれたインドネシア人のオジ様。

てかオジ様、「ここに写真を送ってほしい」と住所を書いてくれたんですけど・・・

 

それが、全然読めん(笑)

ディーメイが必死に聞き直してたんですけど、ニコニコしてるだけという。

 

「・・・ディーメイ、これ分かる?」

「聞き直してるんだけど、方言が違うから会話が難しくて!」

「へえ、そういうこともあるんだね!」

「でも、結構地位のある人な気がするよ」

「なんでわかるの?」

「えー、服装で」

「服装・・・!?」

 

キャップ・・・!?いや、ストールか・・・!?

わたしには全くわからないけど、マレーシア人のディーメイには見えるもの、気づくものが違うんだろうなあ。

だからか一緒にいると、気づかないところを教えてくれるから楽しい〜♪

 

まぁ結局、オジ様の住所はわからなかったけれど(笑)

ロナルドの腰が心配だが、明日はエンデで合流だよー!それでは、またね!

 

★10,000ルピア=83円

AD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

2 Responses

  1. たぬき子
    たぬき子 2017年5月22日 at 12:49 PM |

    こんにちは!
    普段観光するときのバッグはどんなの使ってますか?
    カメラ使わない時はバッグにしまいますよね(もしかしてよく写真撮るので首に掛けっぱですか?笑)、それに替えレンズとかお財布とかスマホとか上着とか、、、結構大きくなりません?
    ミラーレスとはいえずっと首に掛けていると重く感じてバッグに入れてしまうのでつい写真撮るのが面倒になってしまいます(^^;
    そのあたりどうされているのかぜひ参考にさせてください☆

    Reply

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)