あの時どれだけ君が感じていたか教えてあげる

 

おはようございます。

まずは何も言わずに、この日のだいすけくんのブログからどうぞ♪

「みさP」って単語入れた方がアクセス数増えるんで入れたいんですけど今日は入れずに書きます「カイサドラムの産みの親ビル・ブラウン」

なんだこのタイトル。

 

私この記事読んだ時思いました。

この人、ブログに自分の感情乗せるの下手だなぁって。

ごめんね!笑

 

でも、そんなんじゃないよ、あの時のあの空間。

今日は私が、どれだけ君が感じていたか教えてあげる!

 

ものすごくすっきり起きれました。初めてだいすけくんより早く起きた!!!

たぶん昨夜ビールを少ししか飲まなかったからだと思います。天気は悪いが、ものすごく調子はいいぞ!

 

さて、私達はどこへ向かっているのかといいますと、だいすけくんのカイサドラムを直してもらいに、カイサドラムの生みの親、ビル・ブラウンさんに会いに行きます。

 

「歩いて行こうよ!45分くらいだから!」
「おーいいね、そうしよう!」

 

そして、だいすけくんのiPhoneでGPSを起動させ・・・

起動させ・・・

 

「あれ、、なんかGPSへん。動かない。」
「ほんとだ、まぁ現在地分からないけど、まっすぐ行けばいいんでしょ?」
「迷子になりそう、、バス乗って行こうか?」
「いや、まっすぐ行けばいいだけだからね!!!笑」

 

これだから、いつもGPSに頼っているITバックパッカーは!

こんなの方位磁石使ってだいたいの方角に進んで行けば着くんですよ!方位磁石使え、方位磁石!!!

 

というわけで、方位磁石とだいすけくんの地図で向かうことに。

ていうか、普通逆じゃない?

こういうのって男の方が得意だよね???

 

「えー、まじすげえ、俺いつも迷うんだよねー。GPSないと無理だわー。たどり着くのとかめっちゃ時間かかるんだよいつも。いやあ、みささんいてよかったなーっていうかガイドいると楽だわあー(*´∀`)」

 

こいついつか本当に、しばく!!!

 

歩いてる間もずーーーっとおしゃべり。そして、時々同じ話。笑

 

なんか、そこに暮らしてる人見るのいいですよね。

暮らすと特別ではなくなるのだけれども、でも私も暮らしたい。

特別じゃない日常が、今は特別に感じます。

 

そんな風にちょっと情緒を感じながら歩いていた横で、立ちションをするだいすけくん。

だいすけマニアへのサービスショットですよこれは!!!

苦情は受け付けません。

 

「もう1時間くらい歩いてるよ?本当に合ってるの?しっかりガイドしてよね!」ってクレームつけてくるメンドクサイツアー客を無視しながら歩いて行きますと・・・

 

おお、あれだ!!!目的地到着!!!

そして、とたんに緊張しだすだいすけくん。笑

いや、でもちょっと緊張するね、たしかに。

 

さあ、行くのだ、だいすけ!乗り込むのだ!(私は着いて行くだけなぜならこれ私の楽器じ略)

 

うろうろしてたら、「こっちだよ」っておじさんが案内してくれました!

おおお、なんかこっちまでちょっとドキドキしてきたよ・・・

いよいよ、カイサドラムの生みの親とご対面!!!

 

しばらくしたら、すらっと長身のおじさんが出てきました。

「おお、よくきたね、まぁ中に入って。」

通されたのは、ビル・ブラウンさんの工房。

 

カイサドラムがたくさん!!!

 

隣の部屋ではガンガン!とカイサドラムを作る音。

 

おお、すごい。こんな小さな工房でカイサドラムが生まれてるんだ・・・

カイサドラムなんて全然知らなかったけど、これは・・・かっこいい。。

 

ドラム缶の上に乗っけられるだいすけカイサドラム、通称「中華鍋」です。

さっそく、作業に入るのですね!!!

 

ぱぱっと解体されていくカイサドラム。

私もマイギターを修理に出したとき解体されたのですが、あのときのハラハラ度ったらありませんね。

「分かってるのかい!慎重にね!うちの子かわいいのよ!ナイーブなのよ!」っていうモンスターペアレントっぷりです。

だからだいすけくん、君の気持ちはよーくわかるよ!目の前で愛中華鍋が解体される気持ちは!!!

 

「すげええ、カイサドラムたくさん…!」
「好きに触っていいよ」
「え!まじっすか!(*゚∀゚)=3」

 

なんか、他の子に夢中みたいです。

なんて浮気性の男なのでしょう。一途にひとつを愛しなさいよ!!!

 

カイサドラムの裏側、だいすけくんのと違う。なんか種類があるみたいです。

 

「すげえ、全然音違う・・・!」
「え?そーなの?」
「全然違うでしょ!ほら、これはもっとなんていうか…」
「いや、私カイサドラムの音まだまともに聞いたことないし」
「いや、まじかっこいい、、これほしい…!」

 

ひとりでずっと試奏してるだいすけくん。

 

だいすけくんね、いつも俺音楽別にそんな興味ないし分かんないって言うんですよ。

そうかな?

 

確かにカイサドラム買ったときはそうだったのかもしれない。

“路上で稼いで旅するための道具”

でも、すごいわくわくしながら叩くその姿、叩いた後の「かっけえ!」って嬉しそうにする姿、音楽が好きな人にしか見えなかったよ。

 

好きになったんじゃないの?

 

だいすけくんのカイサドラムは壊れたのではなくて、どうやらチューニングが狂っただけだったみたい。

でも演奏者でもチューニングするのってすごい難しいんだって。

ビル・ブラウンさんが大きなかなづちみたいなので、ガンガンっ!って叩いて微調整してました。

 

私達は、ソファに座ってその作業をただただ見つめていました。

 

薄暗い小さな作業場にひびく大きな音。

その音に反して、とても繊細な作業。

職人さんの作業。

 

ソファに座ってその作業をただ、見つめていたのです。

 

それだけなのに、横に座ってるだいすけくんからものすごく伝わってくる。

隣にいるだけで、それが伝染して、こっちまですごくドキドキしました。

すごい。。

 

作業は、2、30分くらいだったと思います。

「パーフェクト!!!」

で、カイサドラム、修理完了!

 

お礼を言っていくらですか?と聞くと、なんとビルさん「そんなのいらないよ」って!

えええ、なんて男前!!!

 

「いやいや!払いますよ!めっちゃいいもん見せてもらったんで!!」

とは、別に全然押さないだいすけくん。

いや、もっと押せよ。笑

 

こうして、ありがとうをたくさん言って、ビルさんの工房を後にしました。

 

ふう。

 

いやー!!!!興奮したねーーー!!!(;*゚∀゚)=3
↑工房では押し殺していたせいか、外に出た瞬間ぐわっときた。笑

 

他の人が感じているものをこんなに感じたの、結構、久々かもしれない。

すごいなあ、って思いました。

だいすけくん素直だから、すごいダイレクトに伝わってきた。

 

これが、私から見たあの時のあの空間。

 

まあとにかく、だいすけくん、旅続けられそうです。

よかったね!

 

それじゃ早速・・・

路上演奏、出てみる?(*゚∀゚)=3

次回はついにはじめてみる、だいすけくんの路上の様子です!

 

★1ユーロ=137円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)