モンゴルの大自然をラクダでのーんびりと歩こう

 

おはようございます。

 

アレンが一足先にウランバートルに帰っちゃった!

まぁ、わたしも明日戻るのでまたすぐ会うのですが。

 

アレンも面白い人だったなー。

アメリカ生まれで日本人のことを理解しようとしているところ。

話す時間たーーーっぷりあったから(むしろ、しかなかった笑、あんな話やこんな話まで!!!

またあとでねー。

 

「サキ、アレン…、さみしい?(みたいなジェスチャー)」

「さみしい・・・う、うわあああああん」

「サキ~~~・・・」

「なんちてーー♡」

「ノォ~~~!笑」

 

なんで子どもって、泣きまねすると面白がるんでしょ。笑

この遊びは、小学3年生まで通用します。

 

アレンをバス乗場まで送るついでに、小さなお店に寄りました。

な、なるほど・・・

お菓子とか、こういうところで入手していたのですねー!

 

近くには、ラクダ乗り体験出来るところがあって、ラクダさんがたくさん待機していました。

タイのゾウさんもそうだったんですが、こういうの全然乗る気がしませんねえ・・・

 

さらにエメー(おばあちゃん)のお姉さんの家へ!

こちらもゲル生活だったのですが、どうやらエメーが作った乳酒をお届けした模様。

ゲルテント内のつくりも家具もまったく同じです!

 

羊さんの中の方の全てです。

おやつっぽい感じで出てきたので、いろいろ食べさせてもらいました。

こういうのだいっっっっっっっ好きです♡

 

あれ、引きました?

いやいや、超新鮮でしたよ!!!(*゚∀゚)=3

若干、お腹は大丈夫だろうか?って心配するくらい新鮮でした!

 

お腹は平気でした。

おかしい、私こんなにお腹丈夫な人じゃなかったはずだが、、

 

というわけで、モンゴルゲル生活最終日。

ラクダさんに乗らせていただきます!

って、ラクダさんたち、ホームしてないけれども・・・

 

パトゥマ(長女)「いま、どっか行ってるからパパが探してる!」

 

ゆるいなおい。

 

というわけで、そんなラクダさんを探すパパを探しに、なんだかすごい自然に来ました(家から車で2分)

トスマ(三女)とウルチェ(次女)も一緒に乗るみたい。いいねー、君たち毎回色々乗れて。

おじいちゃんあぞぼーって絡みに行ったとき、「いいぞー、じゃ、ちょっと散歩するか」って、ラクダに乗って散歩してましたからね。

これがモンゴルです。

 

いました、ラクダさんです!

 

ラクダさん、スタンバイ。

なんかマヌ・・・い、いえ、愛らしいですね!

あれ、2匹しかいないよー?

 

「あ、あそこ、」

 

なんかきもち良さそうに歩いてます。笑

でも、わかる!分かるよラクダさん!!!

だってここ・・・・

 

水辺ですっっっっごく気持ちのいい所だもの!!!

わたしもこの辺で一番好きなエリアです。

そりゃ、ぷらぷら群れから外れたくもな・・・

 

「コラァァァ!!!」

 

ぱ、パパーーー!?(((((( *;゚Д゚)))))

 

ばっっしゃーーーーーん!!!

 

必死に逃げるラクダさん。笑

強い・・・

やはり動物にものすごく強いぞモンゴル人!!!

 

っていうかパパ、めちゃくちゃかっこいいーーー。

なんだその馬さばきは!!!反則です!!!

「まてラクダそしてそこのお前、俺と結婚してくれええ!」って言われたら即答でYES!ですね!

そのくらいのレベルです。

 

というわけで、ラクダさんは私達のもとへ・・・

なんか、すまん。笑

 

インド砂漠でラクダには乗ったけれども、(あ、その時の話もしかしてまだ書いてないかも)

ふたこぶラクダに乗るのは初めてですー♡

こぶが、気持ちいいーー!

 

これって触ってもいいものなのかなぁ・・・

中身は脂肪ですよね。

脂肪は気持ちいいけれども、自分の脂肪は気に食わない不思議。

 

では、ぐるっとまわって、ラクダをホームに戻しましょうー!(*´∀`)

ってやっぱり、仕事ついで!!!笑

なめてるな?さては、わたしだと思ってなめてるな?

いいけども!

 

乗馬とちがって、乗ラクダはのーーーんびりゆーーーっくり。

 

いいなぁ、こうして、父と娘の時間を見るのは。

とてもほのぼのするし、なんだかほっとするし、そして不思議な感じがしました。

 

にしても、ほんっとうにモンゴル人の乗馬スキルが、イケメン過ぎるんですけど!!!

この全く格好つけてない感じ。

 

勝手なイメージなんですけど、馬に乗る人ってセレブな感じがするんですよ。

ヨーロッパとか。おぼっちゃま、お嬢様的な。

そういうのじゃないの!白馬の王子とか全然ときめかないですからね!

 

自然のかっこよさほどイケメンなものはないと思うのです。

素朴なもの純粋なものに惹かれるのは、きっとわたしが持っていないからなんでしょうね。

 

シンプルに。

アジアを旅していてたくさんもらったヒント。

 

かっこつけてない具合で言うと、このラクダの頭も大好きです。

知らんかった!ラクダこんなんって知らんかった!!!

い、癒されるううう~~~

 

ああ、幸せだなぁ。

ラクダもういいかって思ってたけど、これもこれでまた乗馬とは違う楽しさがある。

 

ゲル生活も今日で最後か。

わたしだけこんがらがっていると思ったモンゴル。

それが実は、今日ふっと解けた(それはまた次回)

なんか、やっぱりここへ来てよかった。

 

って、夕陽に照らされながら想いふけりたかったのに、なんか後ろのラクダの息がやたら荒くて、さらには私にすりすりしてきて、変態かこいつ!ってそっちばっかり気になってしまいました。

ヤメロ、すりすりしてハエを追い払うのはヤメロ。

そしてやっぱり股関節が痛いです。

でも、これが次回3回目の乗ラクダでは痛くならなかったんだから、人間の学習能力って素敵ですね(まとめ)

 

モンゴル飯をゆる~くご紹介

*いつものやつもう分かるでしょ!

こういうのしか食べないのでしょうか?持ってきていたワインでみんなで乾杯!

 

*ミルク粥

インドを思い出したよ…でもインドより大粒。インドのやつの方が好きっす。

 

★モンゴルトゥグルグ 1MNT=0.059円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!