インド行きのチケット捨てます!

 

バガンというのは地域名らしく、私たちが泊まってたところは、ゲストハウスもたくさんあるニャウンウーという街です。

 

基本なにもない小さな街。

ニャウンウーって、猫の愛らしいポーズみたいな名前ですね。

 

シェーンたちと合流し、またまた5人になりました。さーて、なにをしましょうか?

またバガンの夕日を見に行くんですよー!(*゚∀゚)=3

バガンといったら朝日、夕日、パゴダ。

ネットもガイドブックも地図もないわたしに、何も発言権はないのです。

 

その前に、ニャウンウーにあるパゴダに来ましたよー。

お土産物やさんもいっぱい♪

 

リアルバンブーの小物入れ(3,000K/300円)を買っちゃいました!!!(*゚∀゚)=3

ずっとピアス入れを探してたんですよお~。かわゆいいい~、ここに世界中のピアスたくさんいれるんだぁぁ~。

火事になっても燃えないので安心です、なぞに。

 

「今気付いたけど、スパゲッティーブラウスっていうんですね!笑」

「ほんとだぁ~おもしろ~~い♪」

「シェーン!シェーン!!!(*゚∀゚)=3」

 

「あーゆーおけー?」

「は?なにが?」

「You are wearing it!」

「For girls だろこれ(笑)」

 

金ぴかなパゴダ多いなぁ。

でもこの雰囲気はわりとすき。たくさんの寄付が、信仰の証???

 

ひきつづき、電動自転車でパゴダ遺跡を目指します!

 

昨日のシェーンのもくろみ通り、少し時間があったので遺跡の周りの小さな村におじゃますることにしました。

たくさん観光客がくるだろうここの村たちは観光客用にもなっていて、村人もわりと観光客慣れしています。

 

それでもいたるところからローカルな暮らしが感じられる、この小さな村の出す空気がわたしは好きです。

 

途中タカくんの電動自転車のチェーンが外れて、男の子たちがわっと集まってきて一緒に直そうとしてくれていました。

 

ミャンマーの子たちはとても人懐っこいです。

今まで回ってきた国の中で、ダントツに人懐っこい!

笑顔で挨拶するとみんながみんな、照れながらはにかみながら笑顔で手を振りかえしてくれます。

 

うー、やっぱりもっともっと・・・

早くこの子たちに触れたいー!(変態的な意味ではない)

ひとりのおばちゃんに、うちでティー飲んでってよー!と捕まり、村を案内してもらいました!

 

おばちゃんのお母さんがお仕事中でした。

ふわふわの綿を、ひも状にしてる!!!

 

そしてこのひも状になった綿に・・・

 

色を着けて・・・

 

きれいな色の布へと、折っていくんです。

 

手と足を巧みに使って、コトンと音を立てながら。

 

「ここにあるもの全てが、ハンドメイド・・・すげえなこの暮らし。」

シェーンはファッションディレクターなので、こういうハンドメイドなものに目がありません。

そういうのを見るために知るために、旅しているんだとか。

 

だからこういうのを見ると、とんでもなく嬉しそうに興味津々に目を輝かせます。

そして次々と専門知識を持って、説明してくる。

 

ファッションに関すること以外でもシェーンはすごく物知りで、「これなんだろう?」って言うと、必ず答えてくれる。

すごい。なぜ!?(´Д`;)

色んなことに興味があるのかなぁ。

だから見たことのない世界を感じられる旅も、大好きなのかもしれない!

 

わたしは子どもや人の方が興味があってそっちに目がいってしまうから、あまり「物」に焦点を当てたことってなかったなぁ。

シェーンが嬉しそうに次々に語る世界、かなり新鮮!

 

日も傾きかけてきて、そろそろ夕日を見る時間!

シェーンとタカくんが今朝見つけたらしい、夕日スポットの穴場へと向かいます。

 

ウシさんのおとーりー。

 

昨日とはうって変わって、人気(ひとけ)がないパゴダにたどり着きました。

階段もほんっっっっとにわかりにくい!

「調べる」を押して、てぃろりーん♪って見つかるレベルです。よく見つけたなこんな場所(笑)

 

「昨日のところは人が多すぎだったよ。人が全然いなくて夕日をひとりじめできる、最高の場所だろここ?」

 

昨日のところほど高い位置からではないんだけど、確かにこれは夕日を見るのに絶好の場所。

っていつのまにかやつら、上の段へ行ってるし!!!

 

「え!?どっからそれのぼったの!?」

「てきとーにそのへんのひっかかりから♪」

 

どうやら階段はないので、そのへんのひっかかりからよじ上るしかないらしいのです。

ほー!私もそこいきたーーーい!!!(*゚∀゚)=3

って試してみたんですが、手足が短くてよじ上るのがしんどい!(´Д`;)

 

「いやあこれ無理かなぁ・・・」

「いや!行ける気がする!出来る気がする!!!」←わたし

 

と何度か失敗を重ねましたが、無事わたしもサトコさんものぼることができました!!!

やったー(*´∀`)

ほーら女だってやればでき・・・って男子さらに高みへ!!!(((((( ;゚Д゚)))))

 

「私はここでいいや~笑。」

「まじっすか!!!私は上へ行きます!!!(意地)」

 

なんとかのぼれたぜえぜえ!(((((( ;゚Д゚)))))

 

静かに沈んでいく夕日。昨日よりも、遥かに綺麗でした。

私の気持ちも昨日より、穏やか。

 

さ、また今日も暗くなる前に帰ろうか!

昨日は自転車パンクしたけど、今日は電動自転車でびゅーんだよ!!!

さっと帰って今日もビールのもうー(*´∀`)

 

「あ・・・・」

「え?(*´∀`)」

「自転車、電池切れちゃったよHAHAHA♪」

 

また!?(((((( ;゚Д゚)))))

電池が切れた電動自動車は、非常に小さなタイヤのただの重い自転車。

持ってる!!!この人なにか持ってる!!!(((((( ;゚Д゚)))))

 

あはは、

おもしろい!!!(*゚∀゚)=3

 

すごく旅が好きで楽しんでいる彼。

この空気がすごく好きだって、残念な夕日の中で感動する彼。

トラブルの中も俺はいける大丈夫いえーいー!とポジティブな彼。

たくさんの知識と情報量と、それを実行するだけのエネルギーを持つ彼。

(これはまだ書いてないけど)世界を見てその違いを語る彼。

 

この人からもっとたくさん、何かを学べるんじゃないだろうか?

今の状態でインドへ行くよりも、それをためた後の方が、インドを楽しめるかも。

でも私のフライトは、もうすぐ迫ってて、バガン終えたらまたヤンゴンに戻らなきゃ。

彼はまだまだミャンマーを楽しむらしい・・・

 

うーーーん、

ううううううーーーーーーーん。。

 

おし!

 

インドへのチケット捨てちゃうか(*´∀`)

 

ってことで、もう少しシェーンと一緒に旅をすることにしました!!!

「誰かと一緒に旅したいから」旅のルートを変える。

とても自分勝手でわがままで飽きっぽいので、「誰かと一緒に旅したくない」から変えたことはあっても、これは初めての試みー!!!

さーて、どう転がるんだろこれ(笑)

 

★10チャット=1円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)