そういうところだぞ、中国!

これは、そう言っていいと思う!


AD


 

おはようございます。

って、もうすっかりお昼なんですけど(*´∀`)

結局昨夜は、あの後カラオケで朝まで・・・夜にきちんと眠れる時間がない!!!

 

「・・・ねえ、ここ毎日こんなんなの?」

「だとしたら俺、死んじゃうだろ・・・」

 

フェリックスも、連日パーティーで、相当お疲れモードのご様子。

夜からパーティーが始まりそれが朝まで続くので、夜は長いんだけど、昼が短すぎる!!!

 

「そろそろ肝臓をいたわる日を・・・っていうかハルビン観光・・・」

「あ、今夜中国の子が、友達連れて遊びにくるって〜♪」

「ま、またパーティー!!!(´Д`;)」

 

でもみんな、元気なんだよなぁ(笑)

お昼ごはんは、ホットポット(火鍋)を食べにやってきました!

何度食べても美味しい、それが火鍋〜(*´∀`)

 

辛いの好きなんですけど、中国で辛いもの食べるとお腹の調子があやしくなるんですよね・・・

四川省に行ったら四川料理をガンガン攻めてみたいんだけど、今からトレーニングしとかないとダメかも(笑)

 

ほいっ。

 

いっただきまーす(*´∀`)

みんなで割ると、大体いつも30〜40元(500〜650円)くらいですかねー。

中国はドリンクなど持ち込みオッケーなので、みんな持ち込んでます。

やっぱり、いろいろと受け皿が広いと思う(笑)

 

「ダメだー、もう疲れすぎてるー」

「わかるー、昼寝が必要だよー」

「全然観光してないよハルビンー」

 

食べたり、みんなと話したり、そんなことしか主にしてないハルビン。

どうせだからあそこ行かなきゃここ行かなきゃ!って、ついついなっちゃうけど・・・

まぁでもこんなのって多分あんまりないから、ハルビンはこれでいいかもなー。

 

「misakiはいつ出るの?」

「明日かな?」

「えーー!早い!早すぎる!!!」

「だって中国広いからささっとまわらないと〜」

「明日、中国の良いポイント教えてやるから、もうちょっと長くいたら良いじゃん!」

「あー、フェリックス、中国国内周遊旅もしたんだよね」

「おー、ほぼ大体行ったぞ」

「じゃあそれ、今日教えてよ♡」

「ダメだ、今日は忙しい(笑)」

 

何に忙しいんだよ!!!

 

パーティーに、らしいです(笑)

「だいたいお前2か月で中国周りたいだなんて無理だから。俺は27年かかった!」らしいです。

そりゃ、どこもかしこもいけるだなんて思ってないけれど!!!

 

今日は韓国料理屋さんでデリバリーをしてもらって、宿飲みー!

中国ではこのようにデリバリーをしてもらうことが、一般的らしい。ビールまでデリバリーで頼んじゃう。

メンバーも今日は変わって、会社休みでひとり旅中の中国男子や、ロシアに5年留学中の中国女子、そして、そのお友達の中国留学中のタンザニア人も加わり!

 

乾杯〜〜(*´∀`)

 

「ハルビンに2年住んでるんだ!中国語マスターした?」

「それが俺の大学、英語で全部授業やるから、全然、、」

「えー!中国にいるのに、超もったいない!!!」

「そうだろー。だから次のセミスターでは、1か月中国語取ろうかと!」

「1か月って、短すぎない?」

「まぁねー、で、君は中国ひとり旅中?」

「うん、2〜3か月くらいかな?」

「カモ〜ン!なんで長期で中国なんだよ!アフリカ周遊にしろよ!」

「アフリカ周遊は気が乗ったらやるよー(いつ乗るか知らんけど)」

 

タンザニア人にとったら、同じアジアで中国も日本も似ているから、違うところを旅しろよってことらしい。

似てるようで、全然違うから選んだんだけど、まぁそうなるか。

 

「この国旗いいねえ!タンザニアは〜〜・・・あった!!!」

「へー、これタンザニアの国旗なんだねー」

 

そう言いながら、ぐるっと改めて見渡してみます。

そういや日本の国旗、見かけないけど・・・

 

「あーー・・・、ごめん日本の国旗だけ、ない(笑)」

 

は!?!?!?( ̄▽ ̄;)

 

「なんでないの!?」

「え、えっと、買った時からなかったんだよ」

「はああ!?日本だけ仲間はずれってか!」

「い、いや、しょうがないだろ、そういう風に売られてるんだから・・・!」

「ハァーーーー、そういうところだぞ中国!!!」

「ごめんってー!」

「で、なんでフェリックスはホステルやってるのに日本の国旗を用意してないわけ?」

「しようと思ってた!」

「ハァーーーー、そういうところだぞ中国!!!」

「作る!作るから!!!(笑)」

 

これで、市場に出てるなんて、信じられん!!!

だいぶ中国っぽいといえば中国っぽいので意外性はないけど、フェリックスはもう友達だから、遠慮なく言わせてもらう!(笑)

 

今夜は早めにお開きになったけど、フェリックスとそういう話をしまくっていたので、結局寝たのは朝。

そして、夜遅くにやってきた、美大生のかわいこちゃん達をゲットしました〜♪

 

「えー!英語!?My English is Poor!」

 

本当に中国人みーーんなそう言うんだけど、全然Poorじゃないのにー!!!

中国の日常生活で英語を使うことはまずないから、英語は学校で習って知っているんだけど、「会話で使う」と結びついてないだけ。

でもこの年代の子たちは特に、英語を頭の中で考えて文を組み立てたり単語とかを思い出したりすれば、十分コミュニケーションが取れてるのにー!

 

「一緒に、ご飯行こうよ!」と、今度はわたしが誘って、ナンパに成功ー(*´∀`)

彼女たちが昨日行って、お気に入りだった韓国料理屋さんにやってきました!かなりいい雰囲気!

 

待ってる間、そこに立って!見つめ合って!って写真撮ってくれたんだけど、中国人のようにキメキメモデルポーズができず、不甲斐ない結果・・・(笑)

 

そして待ち時間に、お店の人がお菓子くれるというサービス付き。

 

なぜかフルーツも食べ放題。

 

なぜかライスワインも飲み放題。

やっぱり気前がよすぎませんか、中国。最高です!

 

そして今度は、韓国料理ドーン!

 

なんの韓国料理かわからんけど、やたら素敵な盛り付け。

 

味は・・・やっぱり中国では中国料理を食べたいなって感じでしたけど(笑)

 

ここでも彼らといろんな話をしました。

あれが好き、これが好きっていう楽しい話から・・・

中国政府が、ネット規制していることについて。

彼らはアーティストなので、これはダメあれはダメって色々規制されると制作に制限がかかるから、そう言う点では満足してないようでした。

海外にも行って見たいけれど、それもまた難しいと。

 

それに加えてフェリックス個人の見解としては、フェイスブックやツイッターなどが規制されていることについて、不便はないから、特にものすごい反発が本土であるわけではないって。

政府がその辺を不満に感じないように、他のネット関連のものは結構自由にしてるし、ニュースも政治的なこと以外は中立に海外のことも国内のこともやるし、今はVPNもあるし、ネット孤立や情報コントロールされている感じは一切ないと。

 

まぁ、これはかなり個人的見解だと思うんですけど、たしかに・・・

例えば日本でいうLINEみたいに、中国では中国で爆発的に流行っているツールがあるから、他のツールはいらないんですよね。

よっぽどインターナショナルな人じゃない限り、フェイスブックやツイッターは利用価値のないものだし。

さらにそういう人は海外にいるから自由にやればいいし、国内でもよっぽど使いたければVPNを通せばいいと。

 

日本も政府はネット規制してないけど、ネット孤立してると思うんですよね。

「日本語」があるから。

情報量だけ見たら英語サイトの方がかなり多いのに、面倒だからまず行かないし、あちら側も日本語のサイトは見ない。

だから結果だけ見れば、似たようなものなんじゃないかなぁ・・・結果だけ見れば!

 

「んーでもわたしはやっぱり、政府が規制しているという事実が問題だと思うよ」

「まぁ・・・」

 

なんか、もうこれに慣れてるのかな?

 

ていうか、中国の若者、めっちゃスマホ依存症なんですよ!

もうほんと、これどこでも見る光景!中国でも議論されているトピックなんだとか。

 

でも、これを見てると・・・

スマホ依存になるほどの娯楽が、そこにあるという事実でもある。

楽しそうですもん、かなり。いや、ほんと、かなり(笑)

 

かわいこちゃん二人は、いろんな話をした後に次の町へと行ってしまいました。

 

学校で習ってた時は英語使えないって思ってたけど、今すごく英語って使えるんだ!って思った!なんで習わなかったんだろうって後悔してる。こんな深い話もできるなんて自分でもびっくりしたし、もっと話せるようになりたいなー。

 

なんてことを言いながら。

ふふ、嬉しいー。話してくれてありがとう!

 

「あー、やっぱ中国語勉強するかなー」

「俺は日本語だなー」

「そういや、なんで日本語なの?国旗すらないくせに(笑)」

「あはは(笑)まぁ身近なアジアの国の言葉で、音が好きで、興味があるって言ったら、日本語なんだよな〜」

 

へえ〜、わたしの一向に上達する気配のないスペイン語みたいなものかなぁ・・・

でも、スペイン語も世界で使える言葉か。あ、スペインといえば!

 

「そういえば、この間バーにいたバスク人が夕飯どうかって!」

「おー、いいじゃん。一緒にナイトマーケットにでも行く?」

「え!!!」

 

ハルビンにナイトマーケットなんてあったんだー!(*゚∀゚)=3

Harbin Normal University Night Marketってやつみたいです!

 

ああああ、台湾を思い出すよお!(*´∀`)

 

「ナイトマーケットって、台湾発祥?中国発祥?」

「さぁ・・・ってお前、だいぶ台湾贔屓だよな!」

「あら、わかっちゃった?(*´∀`)」

「台湾も日本好きだし、同じように植民地だったのになんで中国は・・・」

「それはね、わたしの見解によると日本の後の中国のやり方が〜・・・」

「俺の見解によると、その時の経済力の差が〜・・・」

 

今日も意見の違いにより、話があっちへこっちへ。

でも、バスク人とタンザニア人も合流したから、そういう話はまたあとで!

今はインターナショナルに、中国ナイトマーケットを楽しもう〜(*´∀`)

 

オイスター、めっちゃくちゃ美味しそう〜〜〜♡

 

「俺、中国のご飯あんまり合わないんだよね・・・」

「おおお、確かにスペイン料理と比べると、スパイスが多すぎ?からすぎ?」

「なんか、得体の知れないものが多くて・・・( ̄▽ ̄;)」

 

まぁ確かに、これとかオイスターじゃなくてザリガニっぽいし・・・

 

モツ系は、見た目的にも相当ハードル高いだろうし・・・(わたしはモンゴルで新鮮なやつをむしゃむしゃ食べた)

 

この鴨舌なんて、わたしでも嫌。笑

 

「でも、これは!?これはオイスターだよ!!!」

「た、試してみるよ・・・!」

 

オイスターだって言ってるのに、相当ビビっている様子。

かわいそう・・・中国飯、今まで旅した中で一番好きなのに。

4つで10元(164円)だなんて、信じられない破格料金なのに!!!

 

ビールで乾杯しながら〜♪

このオイスター・・・めっっっちゃ美味しい!!!

ナンジャコリャーと感動するレベルで、幸せすぎるよー!!!

 

「どう?」

「・・・うん、これはおいしい、ような!?」

 

だから、オイスターなんだってば(笑)

 

フェリックスと、これはレベル高くね?とか話しながら、次に選んだのは・・・

小腸串!

わたしは臭みがある感じで好きだったけど、バスクの彼は無言でほおばってました。笑

なんだこれ楽しいなおい(他人事)

 

「あー!これジャパニーズじゃん!!!」

「たこ焼きだねー。でも日本の料理は別に・・・」

「いや、待て!あれを見てみろ!!!」

 

チャイニーズテイスト(*´∀`)

 

「やだー!俄然気になってきたー!!!笑」

「食べてみようぜ!」

 

というわけで、チャイニーステイストたこ焼き、いただきます♡(笑)

お味は・・・

 

いや、タコなくない?(*´∀`)

 

「タコはどこですか?」

「ちょろっと入ってたはず・・・」

「こ、これが、チャイニーズテイスト・・・!」

「言い方に、悪意がある!(笑)」

「あはは」

 

でも、美味しかったよ〜♪

 

これは、コリアンヌードルをパンケーキ風にアレンジした中華料理らしい。

ややこしいけど、うまし!(*゚∀゚)=3

 

一方のタンザニア人のルーは、面白そうな中国料理に興味津々!

辛いのもばっちこいらしい。タンザニア料理って、どんなんなんだろう?

 

豚の足(12元/198円)

美味しいよね♡でも鳥の足は無理♡

 

外国人って一発でわかるから、大人気!

 

まだまだ、外国人はめずらしいのかな?

「あの、彼と写真とってもいいですか!?(中国語)」って、完全に中国人になってるわたしの横で、次から次へと(笑)

 

彼らは明日仕事や学校があるので、早々とお開きになったんですけど、ナイトマーケットすごく楽しかった〜♪

 

今夜がハルビンのラストナイトということで、ラストビールを飲みにバーエリアへ!

明日の夜行列車で、次の町に向かうことにしました。

そろそろ本当に動かないと、中国周遊ができないからね!

 

「で、やーーっと、中国旅情報、教えてくれるんだよね?」

「おー、がっつり教えてやろう!」

 

バーで一杯飲みながら、中国のオススメ場所を教えてもらいつつ、旅の計画を練りました。これがね・・・

めっっちゃ時間かかった(笑)

でもフィリックスは本当にいろんなところに行ってるから、超〜〜〜〜ありがたい!

 

「ちょっとちょっと、早口になりすぎ!慌ただしいー!笑」

「早口で言わないと、永遠に終わらないだろ!!!」

「あ、ちょっとトイレ(*´∀`)」

 

がっつり教えてもらっているくせに、全く遠慮のないわたし。

優しいね、フェリックスくん。

 

「ていうか、中国トイレだけはマジでなんとかした方がいいよ・・・」

「トイレはな・・・」

 

こんな綺麗なバーなのに、トイレは本当に入るのをためらうほど。

どんな感じなのか雰囲気だけでもお見せしたいのですが、写真を撮れるレベルのトイレがまだ見つけられません。

まだニーハオトイレって、生きてるのかな・・・(憂鬱)

 

あ、そうそう、中国のトイレにティッシュはないです!

だから、中国旅をする人は、ティッシュ持ち歩き必須ですよー!

 

「日本のトイレは本当にきれいなのになー」

「はいはい、中国だってどこにでもトイレあるしー」

「どんなにあってもやっぱりトイレが汚いのは、」

「あーうるさい!細かい!だから、フレンドになれねーんだよ!」

「出たー(笑)」

 

わたしは旅をしているから、きっと暮らすのとは違う思いを持つんだと思う。

良いところだけすくって、悪いところだけをすくう。

だからかもしれないけど、そういうところだぞ中国!なんてことがあっても、それはそれで興味深くて、違うことをいがみ合わずにいい合える気の合う友達ができて嬉しいなと、思ってるんだけど。

 

「あ!!!」

 

「見てこれ!なんっで道のど真ん中に置くわけ!?」

「フリーランド!これが中国!!!」

 

笑。

 

いつも、こんな出会いのあとは寂しくなりすぎます。

でも早く離れないと、どんどんフェリックスに頼ってしまう。

あーーー、彼がいなくなったら大変だろうなーーーこれ、、(笑)

 

★1元=16.4円

 

ブログマンガ化第11弾、絶賛公開中!

第11話「まさかのニセ日本人疑惑を受けた話

まだチェキラーしてない方は、ぜひとも覗いてくださると嬉しいですー!

AD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)