煙台で中国ワインを飲みながら

中国が世界有数のワイン生産国だったとは!


AD


 

宿にチェックインして、荷物を置いて、早速、煙台観光へ!

 

・・・と行きたいところなんですけど。

天気がものすごく悪い、、( ̄▽ ̄;)

んーー、どうしようかなぁ。

 

山東省にある煙台は、なんといっても過ごしやすい気候や環境、そして景観の良さが売り!

灯台からの見晴らしや海岸沿いを、の〜んびりと歩くのが楽しいらしいんですけど、これじゃあなぁ・・・

 

とりあえず、宿の周りをウロウロ。

 

この辺りは、この通り旧市街のようになっていて、とてもレトロな建物が続いています。

 

こんなの絶対入ってみたい。

 

雨もちらちらと降っていたので、とりあえずお昼ご飯を食べに適当な食堂に入ってみました。

で、勘を頼りに適当にオーダーしたんですけど・・・

 

出てきたのが、コレ。

 

こっ、これはっ・・・

中国料理らしからぬ、そして、美味しさ感じられない見た目・・・!(すみません)

もしかして、ハズレをさっぱり引かない中国飯、ついにハズレを引いてしまったんじゃないでしょうか!!?

気になるお味は、一番下のゆる飯コーナーで!

 

さて、やることがなくなりました。

これは、早くもビールタイムかなー(ダラダラ)

 

あ、WeChatでメッセージ来てる。

おお、ハルビンビール飲み放題で潰されかけた、酒豪のあの子からだ!

なになに・・・

 

「もしかして、いま煙台にいる?」

「いるよ!」

「Welcome to my home town!」

 

えええ!!!

 

なんと、ここ煙台は、彼女のホームタウン!

そして、中国ワインがめちゃくちゃ有名な町だったのです!

どうりで酒豪なはずだよ!!!

 

待ち合わせをして、一緒に張裕酒文化博物館へとやってまいりました♪

 

入場料は80元(1320円)って、結構とるなー。

 

でも、歴史ある、中国最大のワイン会社なんだとか。

中国でワインを生産してるなんて、知らなかったよー!

 

彼女は英語が得意じゃないので、お互いに携帯を片手に翻訳しながら!

それなのに、会おうって言ってくれて、嬉しいようう〜〜〜、好き♡

 

「ニャウンジュオ!」

「ニャウンジュオ!?」

「ドゥエ!」

 

わからないけど、多分ワインって言ってるはず。笑

 

この辺り一帯の模型もあり、かなり広い土地がワイン畑として使われているみたいでした。

 

あ!これ見たことあるよ!

マレーシアで有名なやつじゃないですか!?

ほら、冷えたのをキープできる!名前忘れちゃった!スズ???

 

ブドウ推し。

 

あれ、煙台だけかなって思ったけど、結構いろんなところで作られているのかな?

煙台は、暑くなりすぎず湿度も高いため、天候がワインに向いてるって書いてありました。

 

5元(80円)で試飲コーナー!

担当のお姉さんが英語ができたので、いろいろ教えてもらいました。

 

健康に良いらしいこいつを選んでみた。

 

一番のオススメは美容と健康にいい、これらしい。

ふへへ、かんぱーい!

これがあれば、言葉なんていらないよね♡(笑)

 

で、お味の方は・・・

ブッッッッ(((((( ;゚Д゚)))))

ワインを期待してたんだけど、あれ!?これ、ワイン!?

 

アルコール度数はそんなに高くないのに、すごく強く感じる・・・

それもそのはず、わたしが選んだのは薬酒らしくて、いわゆるワインとは全然味が違うのです!

そして後から調べてみたら、強壮酒という精をつける感じのお酒!!!

せんせー、精をつけても肝心のトニーが横にいないんで、無意味でーす(*´∀`)

 

こういうのは、飲めないんでしょうか。

こういうワインを期待していたんですけど・・・

 

試飲はできなかったんですけど、このようにいろんな種類のワインも売ってます。

 

形的に、アイスワインかな?

 

やたらとぶどうがかわいく見えてくる不思議。

 

フェイスパックまでありました!高級な!

 

結構長い時間博物館にいたんですけど、彼女のスマホ充電がピンチになったので、帰りました。スマホがないと、会話が成り立たないからね!

でも、「また会えて嬉しい!」って言ってくれて、ものすごく嬉しかったです・・・!

ううう、次に会う時は、もう少しだけ中国語を話せるようになっていたいよー。

そしたら二人きりでもお酒が飲めるね!(笑)

 

さてと、どうしようかな?

 

神々しい遊びには、いまいち何かが足りない。

 

しばらく宿で遊び相手探してたんですけど、見つけられなかったので・・・(中国は中国人旅行者が多くて、仲間に入りづらい)

 

一人で夜の街をプラプラ〜♪

 

明日は晴れて、あの灯台から煙台の街が見渡せますように・・・

 

海岸沿いは、かなり落ち着いた雰囲気でした。

ピカピカしすぎず、このくらいが好きだなー。

 

バスキング!ふふ、幸せになる〜♪

 

って、しばらく一人海岸沿い歩きしてたんですけど、ちょっと虚しくなってきたので、ビールを飲めるところを探してウロウロ(さらに虚しい)

 

あの雰囲気とか、最っっ高じゃないですか!!!

混ざりたいー!でも昼に食べたヌードルのおかげで、こんな時間までお腹いっぱいだよー!(´;ω;`)

 

なので、宿の近くのバーに来ました。一人でまったり飲みながら・・・

ライブ演奏もしてて、かなり盛り上がっている感じ〜♪

 

「ペラペラペラ!」

「あ、中国語話せません・・・」

「おお、えーと、Can I buy a drink for you?

 

英語!!!

 

「いや、でももう帰るところだからソーリー(笑)」

「えー!一杯だけ、一緒に飲もうよ!」

「いや、大丈夫!ありがとう〜♪」

「どこ出身なの?」

「ジャパーンだよー」

「へえ、いいね!中国人だと思って話しかけたけど(笑)」

「あなたは、どこ出身なの?」

「香港だよ」

 

ってことは、彼も旅行者ですので、ありがたく一杯いただくことにしました(笑)

中国は治安はだいぶいいけれども、今までの経験上、旅行者の方がさらに安心感がある気がする。

話を聞いてみると、どうやら仕事で来ているみたいです。

年代はわたしよりも、ちょっと上な感じ!

 

中国マスコットのパンダくんも、タバコになっちゃう。

 

彼とは次の日ちょろっと観光も一緒にして話をしたのですが、かなりしっかりしたまじめな感じの香港男性でした。

あとこの日は宿に戻ると英語を流暢に話す20代の中国の子がいて、彼ともいろんな話をして、そして感じたんですけど・・・

 

同じ中国人でも、ひとりひとり話をすると、その経験によってやっぱり全然違う方向からの話が聞ける。

年代によっても、だいぶ違う!

その話や考えのひとつひとつは、ものすごく興味深くて、でもちょっと真面目な話になれば出てくるのは、やっぱり日本と中国の関係の話で。

 

「日本のここを尊敬する」と言ってくれたり、押し付けたりせずに、かなりポジティブに話をしてくれたんですけど、なんていうか・・・

わたしと彼らの間の「日本と中国」が邪魔しているような。

個じゃないことを話しているのに、個に使われる薄いベールみたいなものがあるような、そんな感じを受けたのです。

今まで人と人との付き合いで世界を周ってきたけど、それだけじゃ決して片付けられないような、歴史を歴史と割り切れないようなモノがあって、何も言えなくなっちゃう。

 

「国は国として横において、人は人として向き合う」

 

そう思ってきたけど、そうやって世界の中にいたいけれど、そんな綺麗事って蹴散らされるるくらいの強く深いものを、会話の中で感じたんです。

フェリックスからは、分かり合えないことの方が多いから話しすぎないほうがいい、と忠告を受けました。

そりゃそうだ深く突っ込みすぎないほうがいいに決まってると思いながらも、それを避けた楽しい会話だけじゃ、彼らに一生近づけないような気もして。

もどかしすぎるけど、でもこれは、どうしようもないんでしょうか。

 

うん・・・

 

わからん!笑

 

めちゃくちゃ難しくて、めちゃくちゃもやもやする。

きっと、もう少し中国を旅したら、もう少しだけ見えてくるかもしれないし、余計に見えなくなるかもしれない。

とりあえず、何かあった場合うまくやれる自信ゼロなので、あんまり話しすぎないように気をつけます!

 

投げっぱなしでスミマセン、、( ̄▽ ̄;)

それでも、「なにかあったときのために日本語を習いたかった」というつぶやきや、「うちの両親や祖父母の年代は反日感情が根強い」という事実や、「韓国はこうだけど日本は」という比較を聞いて、そんな感覚がふつっと出てきたんだよ。

 

まぁ、考えすぎず寝とけってね。笑

はい!おやすみなさいー!

 

中国飯をゆる〜くご紹介

*ハズレっぽい鉄板ヌードル(24元/395円)

混ぜてみたらこんな見た目になって、まぁ一言で言うと、めっっっっっちゃ美味しかったです。やっぱり中国飯にハズレはないんだ!!!

 

煙台の宿情報

Yenta Seaside International Youth Hostel

住所:No. 41 Chaoyang Street, Zhifu, Yantai, 264001, 中国
料金:6人用女性ドミトリー/一泊45元
部屋:無料wifi、エアコン、ホットシャワー&トイレ共同、ロッカー

ロケーションが抜群にいい&WiFiサクサク!スタッフさんもフレンドリーで英語話しますよー。ただしトイレは、写真撮れないレベル(笑)

 

★1元=16.4円

AD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

4 Responses

  1. ji-ko
    ji-ko 2017年8月1日 at 12:45 PM |

    相手を理解(分かる)する必要ない。それはできないことだから。相手を尊重してあげるだけでいい。人それぞれの考え方があって、否定せずに受けいれる。そうすることで理解に近づくことはできる。

    ( ´・ω・)( ´・ω)ぐる( ´・)( ´)ぐる( )(` )ぐる(・` )(ω・` )ぐる(・ω←私っぽく無いコメントなのでふざけてバランスを取る図。

    Reply
  2. ji-ko
    ji-ko 2017年8月1日 at 7:56 PM |

    そんな感じでw

    Reply

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)