ポルトガルの伝統歌謡ファド(FADO)を聴こう

 

時間がなかったので、「ノーチャージだよ」につられて入ったレストラン。(とはいえポルトガルのレストランでは基本的にノーチャージでファドが聞けちゃうみたいです)

 

相変わらず客が私しかいない悪趣味な館(失礼)で、まずはビール(5.2ユーロ / 710円)を一杯。

あーーーーーー、冷えてるビール!これ以上ないしあわせ~♡

 

おっちゃん達が演奏の準備をしだします。

まだ私以外客が入っていないというのに。

ほ、本当に大丈夫なんだろうか・・・まさか貸切なんてことは。。

 

と思いつつも、ビールを飲んでいい気分だったので、ひとり黙々と日記つけ開始ー!

リスボンにいたのはたったの2日。そのあとまた違う町に2日滞在して別の国へ。

ヨーロッパは行きたいところがありすぎて、時間も限られていて、どうしても駆け足になっちゃうなぁ・・・

そう考えると3か月(シェンゲン協定でヨーロッパには3か月しかいれないのです)しかないのに、スペインで2週間過ごしたのは本当にやりすぎだったかも。生ハムのせいだな…。笑

 

料理が運ばれてきました~♪

サーモン(12.50ユーロ / 1,712円)です。さすがアルファマ地区、若干高いな・・・

こうやって一人でショーを見に行って、ビール飲んでちょっと贅沢なご飯食べて日記つけて・・・ってしてると、スペインのフラメンコショーに一人乗り込んだときのことを鮮明に思い出します。

*初海外ひとり旅でフラメンコ見に行ったときの話「本場フラメンコをレポートいたします

すごいひとりではしゃいでドキドキした、あの時のことを・・・!

 

そのあと団体客が何組か来て、悪趣味の館(失礼)も、やっと楽しい雰囲気に~♪

そして、ファドスタート!!!

ものすごく力強い声で歌い手さんが歌い、それに合わせて2つのギターが音を奏でるところから始まりました。

 

手前がポルトガルギターです!

普通のギターは6弦なんですが、こちらは12弦で音も高め!

後ろのアコスティックギターでベース音で、ポルトガルギターが主旋律を奏でているようです♪

 

歌は、悲しいものから陽気なもの、そして愛を歌うものまで。

ところどころで歌い手さんが「こういう曲だよ」と英語で説明してくれるので、ものすごくすごーくありがたいのですが、訛りが強すぎて何言ってるかあんまりわからないという。笑

でも音楽を聴けばそれも吹っ飛びますよね!

レストランには、オーストリアから来たお客さん達もいて、「いええええーい!」みたいに盛り上がってる超お調子者のおっちゃんとかと、一緒に楽しんだのでした~♪

いやー、本当よかった、貸切じゃなくて。笑

 

そうそう、デザート(7ユーロ / 960円)も頼んだんですけど、写真見ても何だったのか思い出せません。

きっとチョコレートケーキかなんかです。

 

外に出てみると、夜のリスボン大聖堂もさらに素敵な事に!!!

うーーーん、リスボンも最後だから、ちょっと夜の街も歩いてみようかな♪

 

歩きにくいけど、やっぱりヨーロッパには残っててほしい、大好きな石畳。

 

夜のトラムもかっこいい!!!

 

こっちには何があるのかな。

 

海の近くに広場発見~!

と思ったら、こちらは有名な観光場所のコメルシオ広場(Praca do Comercio)と勝利の門みたいです!

いい雰囲気だったので、海の向こうに見える橋を眺めながら、風を楽しんでみたり。

 

さてと、これにてリスボン思いっっきり観光は終了!

次はポルトガルの友人というか、アジア旅で出会った子に会いに、彼の街まで行ってきます!!!

 

やっぱりリスボンといえばこれですね♡

次来る時までに落書きがなくなって、また素朴な街並みが戻ってるといいね。

またね、リスボン!

 

★1ユーロ=137円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)