香港はフェリー移動の景色が楽しくてオススメ

ビニールカーテンも、いい感じ!



 

おはようございます〜♪

前回の記事(香港に行ってみたら中国本土とこんなにも違う!)では、香港の街の様子をお伝えしましたが・・・

 

実は香港は、こんな感じでたーーくさんの島と繋がったり、隣接しています!

どこまでが香港かわからないんですけど、この切り取ったところだいたい香港(雑)

 

今日は宿のある香港島からフェリーに乗って・・・

ランタオ島(Lantau Island)へ!(*´∀`)

ランタオ島は香港最大の島で、香港空港とかディズニーランドとかあるみたい!

 

ディ、ディズニーランド!?

久しく行ってない&日本ディズニーとの違い気になるー!!!

ってなったんですけど、わたしたちの目当ては、おっきい大仏です。

色気ねーーーー(通常運転)

 

メトロに乗って、中環(セントラル)駅にやってきました。

なが〜い道を歩いて、フェリー乗り場に向かいましょー。

 

フェリー乗り場、ここだよー。

 

ランタオ島行きは、6番乗り場です。

 

チケット売り場でチケットを購入します。

月曜日から土曜日は、片道14.5香港ドル(210円)と、かなりやすーい!

ゴンピン360(Ngong Ping 360)っていうケーブルカーでもいけるんですけど、ケーブルカーはめっちゃ高かったです。

往復で265香港ドル(3,840円)という、セレブすぎる旅。

 

あとは、香港駅からメトロでもランタオ島に行けるみたい!

でもどうせなら、普段あんまり乗らないフェリーが特別感があっていいよね〜♪

 

「この大仏は俺が香港に来ると絶対行くところなんだ」

「へえー、香港では特別な大仏なの?」

「さぁ(笑)結構新しい感じだと思うけど、俺にとっては特別!」

 

この、フェリー待ちの時間が好きー。

 

ランタオ島に向けて、出発ー!(*´∀`)

かなり香港らしい景色が眺められます。山のへりににょきっとビルが生えてる感じ!

 

乗船時間は普通フェリーで1時間くらいだったかな?

おしゃべりしながらのんびりと景色を眺めてたら、あっという間に到着したよ♪

 

「フェリー乗り場の周りで昼ごはん食べたほうがいいかもなぁ」

「大仏の方にはレストランとか街とかないの?」

「あると思うけど、高いんじゃない?」

 

「あっっっ、このシーサイドのシャレた店がいいんじゃない!?」

「めっちゃWesternだな!笑」

「それも香港っぽい!こんなシャレた感じ、しばらく行ってないし!」

 

だははー、ビールで乾杯〜(*´∀`)

大きいグラス、もちろんわたしの仕業です。

 

軽食とともに!な、な、なんてしあわせーー!

海の近くにいると、無性にチップスが食べたくなりますよね?

 

思いっきりシャレた気分を味わった後、今度は大仏までいくためのバスに乗りました。

 

こんな感じ!料金忘れちゃったごめんなさい。笑

 

これですねー、NGONG PING行きの2番バス!

BIG BUDDAHってやつが、大きいアイツですね。

バスは、島!って感じの超のどか〜な田舎道を、結構長いこと走って・・・

 

完全に観光地化された村(言い方)に到着ー!

日差しが強すぎるううー!!!

 

たまらずアイスで体内を冷やします。

チューペットあったら6本は食べれる。

 

なぜか牛がいる。えーっと入り口はあっち・・・ん!?

 

まだ入り口通ってないのに、すごい存在感のやつ早くも発見しちゃいました。

 

「メインが、丸見えてる・・・(ガーン)」

「BIG BUDDAHだー!変わってねー!(キラキラ)」

 

この辺は、かなり整備されて綺麗になったらしいです。

なんか新しい感じするもんねー。

 

さーて、で!

天壇大仏さまはどこにいらっしゃるのかと言いますと・・・

 

268段先!!!

やっぱり丸見え。笑

 

「そうそう、この階段!misaki、大丈夫ー?笑」

この間7000段を登りきったわたしが、これしきを恐れるとでも?(ドヤ)」

 

まぁ、めっちゃハァハァしましたけどね! (´Д`;)

何をどう間違えたのかこのあいだは狂気の沙汰をやってしまったけれど、やっぱ苦手なもんは苦手っす。

 

たどり着いたよー!こんにちはブッダー!

カメラにうつる太陽の光がいい感じに神々しいー(*´∀`)

 

手のひらになんかある。

 

なかなかのイケメンブッダです。日本の大仏によく似てません?

 

猫背(*´∀`)

 

「どう?どう?久しぶりに見た香港大仏!」

「懐かしいーーー!これこれ!」

「でも、思ってたより大きいって感じじゃないねえ?」

「俺、子どもの時はウワアアア!ってめっちゃ興奮したけどなぁ(笑)」

「あはは、お子ちゃ・・・あ!!!

 

ウワアアアアア!カメハメ波ー!(*゚∀゚)=3

 

「ねえ!ちょっとあの周りのやつかっこよくない!?カメハメ波じゃない!?」

「え、う、うん、そうかもね・・・」

 

大仏さまがあるところから見た景色。

ものっっすごく気持ちいいーーー!(*´∀`)

香港って、ごちゃごちゃしてたりビルニョキニョキのイメージがあったけど、それだけじゃないんだなぁ。

 

自然や田舎の風景も、ものすごく多い。海も見えたよー。

 

そのあと、また下に降りてきてお線香を買って・・・

 

ぶっさしました(*´∀`)

ナームー。

 

そしてそのまま大仏さまの下にあった、寶蓮寺(ポーリン寺)の中へ!

 

このお寺は、1924年に完成したらしいので、本当に新しいお寺ですが、香港の禅宗寺院の中で一番有名な寺なんだって。

お寺は歴史があればあるほど重要っていうイメージがあったので、なんだかモダンを感じて不思議な感じ!

ぐるりと回って、手を合わせて、またバスに乗ってフェリーターミナルまで行き、帰りのフェリーに乗ることにしました。

 

なんやこれ。

 

帰りのフェリーは夕暮れ時で・・・

 

もっと静かにのーんびりな感じで進んでいきました。

 

飛行機の窓から見た時も、世界のどこにもなかなかない景色で、ドキドキしたけど・・・

 

船の窓から見ても、何回見ても、この景色はやっぱり不思議な魅力があるなー。

 

月も綺麗な夜でした。

 

ヘリコプター!かっこよすぎる!

このオレンジがなくなって、夜になっていくと・・・

 

高層ビルの明かりが点きはじめます。

 

この通り〜♪

香港の夜景といえば、100万ドルの夜景です!

海沿いのレストランやバーからも100万ドルの夜景を眺めることができるけど、バックパッカー旅は毎回そういう風にはセレブれないんですよね・・・(´;ω;`)

そういう時はパーっとできる、社会人パワー全開の短期旅がうらやましい!

 

って切ない人にオススメなのが、やっぱりこれです!

Tsim Sha Tsui(尖沙咀)行きのフェリー!(*´∀`)

香港島と九龍をフェリーで渡り、平日は片道2.7香港ドル(40円)と、超良心的お値段!

 

船待ち。

 

やっぱこの時間、好き。

 

Tsim Sha Tsui(尖沙咀)行きのフェリーは・・・

 

ビニール窓がいい感じなワイルド船!(笑)

 

かなりシンプルな作りです。

 

あっちの方にVIP部屋もあります。ちゃんと窓があるやつ。笑

乗ってる時間は結構短いけど・・・

 

ほら!この通り超素敵な景色・・・!(*゚∀゚)=3

 

100万ドルの夜景!

このフレーズだけ知ってて、どんなんだろうってずーーーっと思ってたから、目の前で見れて嬉しいよー!

毎日夜8時から約15分間やっている「シンフォニー・オブ・ライツ」というライトアップショー(?)に合わせると、船の中からうまく見えたりするらしいですよ〜♪

他にもいろんな島に行けたりするので、香港のフェリー旅、本当〜にオススメです!!!

 

さてさて、明日は友人と別れて、中国に戻ろうと思います。

でも、中国のどこに行くか決めてないんですよねー。東チベット行きたかったけど、すでに雪が降ってて寒すぎるからもう旅行には向いてないらしいし・・・

ま、香港周辺をプラプラと、行き当たりばったりでいっか♡

 

なーんて思ってたのに、中国とんでもないことになってました。。。

 

え、ちょっと、これはもう旅無理じゃない・・・?( ̄▽ ̄;)

行き当たりばったりってこういうことがあるから、恐ろしくて楽しいです(笑)

 

 

★1香港ドル=14.3円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

2 Responses

  1. 七海
    七海 2017年12月30日 at 1:11 AM |

    みささんはじめまして。僕も今中国を旅行しています。
    みささんの行動力にはおどろかされっぱなしです。
    これから香港周辺をまわるんですね。
    湖南省の張家界にある武陵源は知ってますか。
    桂林ライクな奇岩が織りなす石柱林には圧巻でした。
    冬場は入場料も半額近くなるしいいですよー

    世界中の珍道中!時々楽しく読ませてもらってます。

    最近はロシア編とかとても興味深かったです。

    実は僕も今中国をj

    Reply

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)