ロシアのヒッピー系フェス参戦レポ第2弾「これが海外フェススタイル!」

 

もそもそもそ・・・

・・・。

寝るの飽きた (´Д`;)

 

o0800060013180474946

ふふ、ターニャちゃんと一緒のテントでした、おはようございます♡

しかしみんな起きるの遅いなぁ。。

大学生の頃は寝るのが大好きで、夕方まで寝たりしてたんですけどねー。

社会人になってから寝るのが勿体ないと思い始めるようになって、休日とか別になにも予定ないのに朝早く起きてしまうのです。

あとビールを飲むと夜が短くなるから、できるだけひとりでは飲まないというのが持論です。

もっとゆっくり生きろと。笑

 

ああ、みんな早く起きてこないかなぁ・・・

 

 

o0800060013180474948

あ、飛行機雲(*´∀`)

 

o0800060013180474947

ぼーっとしてたらみんなも起き出してきて、アローナが朝ごはんを作ってくれましたー!

しっかし、ほんと手際いいなぁ。すまんね、何から何まで作ってもらちゃって…

「料理大好きだから、むしろやりたい♡」

そのセリフ、超言いてええ!(´Д`;)

 

ごはんを食べたらまずはテントの場所を移動させるらしいです。もっといい場所見つけるんだって。よくわからんけど、ついてきますぜ(こだわりない)

 

o0800060013180474950

おーー超いい天気っっっっ!!!(*゚∀゚)=3

気温は高いんだけど、空気が澄んでて気持ち良い!いい場所に来たなぁ音楽はなんか不安だが。

 

o0800060013180475926

しばらく歩いて歩いてちょっと山を登ったりして、お気に入りの場所を発見したらしいみんな!

めっちゃ林。もうこれしか言葉が浮かばないほど、めっちゃ林。

 

o0800060013180475929

テントを張り直して、タルチョとハンモックも設置して、さらにはインドの謎の幕を飾るみなさん。

 

「・・・なにこのインドの幕は?」
「いいでしょ!(*゚∀゚)=3」
「いや、いいけれども、一体なんのために?」
「え?目的?ないよ♪いいでしょ!(*゚∀゚)=3」
「はあ・・・」

 

フェス初心者の私にはさっぱりわからないけれども、こういう風に色々飾るのが悦らしい。

下界(フェス会場)に降りる前に、ティータイム。

大自然の中でお湯を沸かし飲むお茶。贅沢~~!!!

 

o0800060013180475928

「どれがいい?」と、お茶を選ばせてくれました。この木みたいなかけらもお茶みたい。シャレてる!

ちなみにスプーンとかは、地面の上に置いて使っています。水は川から汲んできてそれで顔や食器を洗ったり。清潔ではないけれども、私は全然気にしないので大丈夫。

すんごい手慣れた手つきで、なにもないこの林を快適な空間に変えていくみんな。すごいな。

これくらいのスキルがあれば、家族で週末キャンプとか超楽しそうですね!!!

 

「よおし、パパが火を起こすぞお!」
「きゃー!パパかっこいいー!」
「よおし、ママが手作り料理しちゃうぞお!」
「ママ、またカレー?もう飽きたよ…」
「キャンプと言ったらカレーだろ!いいから飯盒炊飯しろマイキッズ!」
「はあ… ちょっとはレパートリー増やして欲しいよね…」

 

だめだ私のレベルが足りない。。

サバイバル料理できるようにしておこう。

 

o0800060013180477299

はーーーーーー おいしい(*´∀`)

 

o0800060013180477300

下界に降りて、まずは川で遊ぶことにしました!

おおお、ついに一時帰国で持ってきた、水着を使うときがきたのですねー!(*゚∀゚)=3

 

o0800060013180477301

フェス会場の近くには大きな川ー!

先に泳いでる人がいて、みんな気持ちよさそ・・・

・・・・・あれ?

あの女の人たち、トップレス!!!

す、すごいぞ、これが、フェス IN ロシア・・・!?さ、さすがに友たちは…!!!?

とちらっとみたら、ちゃんとビキニ着てました。ほっ、じゃあ、私も水着で・・・

って冷たーーーっっ!!!(((((( ;゚Д゚)))))

むり!冷たすぎ!!!

 

「気持ちいいよ~~おいでよmisaki~♡」
「い、いや、私はいいわ。。だってほら、川は飛び込むものだろう。。」
「そう?じゃ、私たちは遠慮なく♪」

 

脱。

脱ぎやがった。笑

 

o0800060013180477302

謎の像。有名な方らしい。では続いて、マーケットエリアへ向かいましょう!

 

o0800060013180474949

小さなテントがたーーーくさん!!!(*゚∀゚)=3

なんだかわくわくしますねー!一体どんなのが売ってるのでしょうか!?

雑貨系が多いかなぁ・・・

ほうほう・・・うんうん・・・

なるほど・・・・

なんか見たことある。

見たことあるぞ・・・

 

o0800060013180483734

これ全部インドで見たことある!

それもそのはず、ちょっとお店の人と話してみたら、どうやらインドで買い付けしてこうして売っているらしいのです。

旅したついでに色々買ってロシアで売ってる人とか、それを仕事にしてる人とか、いろいろ。

100ルピー以下(170円くらいか?)の品物たちを、500ルーブル(1500円)以上の値段で売っていました。

なんていい商売だ!!!

そういえば昔バイヤーになりたいと思っていた時期がありました。英語が壊滅的な上にセンスもないので諦めましたけど。笑

 

驚いたのは、ここのマーケットの若者たちはみんな、信じられないくらい英語ペラペラだということ。あんなに街中で通じなかったのに!

やっぱこういうのを商売にするくらいの人は違うんだなぁ。っていうかインド愛しすぎじゃないか?

どうなってる、ロシアの若者よ。。

 

あと、さっきからすごい違和感があったこと、突っ込ませていただいてもいいですか?

 

o0800060013180478255

o0800106713180482991

o0800060013180481693

コスプレ・・・!?

わからない!!!これがロシアのフェススタイルってやつなのか!?

私がイメージしてたフェスとだいぶ違う!サマソニの要素がなにひとつない!!!

 

o0800060013180482992

ワンちゃんとおさんぽ中のセレブも発見しました。林なのに。

 

「あ、あの、早くフェス会場に行ってみない?」
「そうだねー!昼間もやってるかもねー!」

 

え?フェスって昼間からやるんじゃないの?

「盛り上がってるかあああ!」「いえええい!」「太陽まぶしいぜえええ!」「いえええい!」みたいな、そういうロックノリとか、ないの?

 

o0800060013180477303

みんなのテントも気合入りすぎだし、もしかしてこのフェスは・・・

 

o0800060013180481692

フェス会場です!!!

このこじんまり感!ローカル100パーセント!

 

o0800060013180481695

o0800060013180481694

森の中のステージ。

とんでもなく素敵で、テンションのあがるみんな。ゆるトランス系ミュージック奏でるをDJ。

「このステージではバンドミュージックはできないもうダメだ」と、肩をがっくり落とす私・・・。笑

 

o0800060013180481691

会場の近くに快適スペースを作りくつろぐみなさん。

 

o0800060013180478259

ただくつろいでいるだけには見えないみなさん。

もうここまできたら、さすがに分かりました。

これはヒッピーの方々に人気のピースフルなフェス、ふっとび系フェスなのでは?

文字通り、ぶっとんで楽しむフェスです。とんでもないところへ来てしまった。。

 

o0800060013180482993

こちらは別会場。

通称:音楽に合わせて語るおじいちゃんの部屋です。

何話してるか全くわからないんですけど、みんな相当心地好さそうなのがこわすぎます。

 

これは困ったぞ・・・私はトランスかけてぶっとんで楽しむ人ではないので、こんなところに連れてこられても相当ヒマです。

ビールが売ってれば一緒にハイになれますが、なんとビールも売ってない!(((((( ;゚Д゚)))))

そんな夏フェスがあってもいいものか!いや、よくない!夏フェスにビールは必須!!!

 

o0800060013180478258

仕方ないから、他のお酒を買ってみることにしました。これは、ロシアでも有名な蜂蜜酒らしい。

 

o0800060013180482994

いくらかわすれちゃった。たしか300~500ルーブル(1000~1500円)

 

「ねえねえ、いつ帰るんだっけ?」
「月曜の朝だよ。」
「長いな・・・」
「あ、明日の夜は、瞑想やるみたいだよ?」
「いいね、瞑想、インド思い出すね。」

 

あと、まるまる3日か・・・

ねえ、正直もう帰りたいよ。笑

さようなら私が思い描いていた夏フェス。そしてこんにちは新境地。

レポ第3弾へ続く!

 

★ロシア 1ルーブル=3円

 

フェスキャンプ飯をゆる~くご紹介

*朝ごはん:オートミール

o0800060013180482995

ミルク粥みたいで、日本人は苦手なオートミール。欧米人の朝ごはんの定番ですね。最初とんでもないもの食べるなこいつらと思ってたんですけど、カナダで何度か食べてみたら美味しかったので、好きになりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)