4泊5日のシベリア鉄道で食べ物持ち込みの計算を間違うとこうなる – 前編

 

おはようございます、シベリア鉄道2日目〜♪

 

o0800060013166750674

朝ごはんは、パンとヨーグルトです!

同じ部屋にいたクールお姉さんが、違う部屋に移動していってしまいました。

 

い、いや、違いますよ、なにやっぱりな・・・って顔してるんですか!決して私のいびきがうるさいとか、そういうわけじゃ!(((((( ;゚Д゚)))))

いびきとか、全然かかないですから!「死んでるのかと思ったわ…」って定評あるすやすや具合ですから!

ほんとだよ!

 

o0800060013166750676

朝起きたらトイレの洗面台で顔を洗って、のーんびり外を眺めます。いい天気〜♪

ずっと草原のような何もないところを走っていたのですが、ふと見ると湖が!!!こ、これは…

 

バイカル湖ではないのだろうか?

 

シベリア鉄道で縦断するときの立ち寄りポイントのバイカル湖は、世界最古の淡水湖として有名です。

非常に透明度の高いその湖は冬には一面に凍り、その美しい姿から「シベリアの真珠」と呼ばれているとか。

 

それをすっとばそうとしているのが私です。

いや、ほんと、急いでるんですって。あと、今、冬じゃないし・・・ねえ?

 

o0800060013166752485

とりあえず、鉄道内からも見えますし・・・ねえ?(*´∀`)

 

o0800060013166750678

列車は時々、駅に止まります。だいたい20分くらい。

ずっと車内にいるもの疲れちゃいますから、時々外の空気を吸ってひとやすみー。のついでにちょっと駅内探索でも…♡

 

と思ってたらすごい勢いで車掌お姉さんが飛んできました。

 

「ちょ、アンタどこ行く気!?」
「え、ちょっとぷらぷら~っと」
「離れちゃだめよ!」
「ちょっとあっちの方とか…」
「だめだめ!私の周りだけ!」←的なモンゴル語

 

そ、そんなに心配しなくても (´Д`;)

 

o0800060013166752483

まぁ、私くらいしか意思疎通できない人いないもんなぁ・・・とさっさと散歩は切り上げて、早めの昼食を食べました。

しかし、やたらおなかがすくなぁ。というか暇だから、食べることくらいしか楽しみがないんだよなぁ・・・

・・・も、もしかして、もしかしてだけど・・・

 

このペースでいったら食料足りなくなるのでは?

シベリア鉄道ダイエットしちゃうぞ☆とかいってあんまり食料買わなかったけど、なんならもう無くなりそう (((((( ;゚Д゚)))))

まだ2日目の昼だというのに!!!

 

o0800060013166752486

というわけで、駅に止まるたびに売店探してみました。

ない。。

だだだっっっ

 

「ちょっとアンタどこへ行ってたの!」
「え、ちょっと売店ないかどうかあっちに…」
「離れちゃだめ!電車いっちゃうんだから!」←的なモンゴル語

 

かわいい子には旅をさせろという言葉を、今こそ彼女に教えてあげる時!!!

 

o0800060013166752487

お姉さんとの距離感を見計らいつつ、徐々に行動距離をひろげ売店を探し続ける私(最初はお姉さんの目に見える範囲でうろうろするのがポイント)

 

あ、あった!!!

他の人たちもこの売店でお菓子やらなにやら購入しております!

しかし、現在私がもっている通貨は、モンゴル通貨とUSDとユーロのみ。ここはロシア。

はたして、カードで払えるのか・・・?

 

「すいませんカー「ノーカード」

 

はい。

 

o0800060013166756758

どこの駅にも、売店はある。だがしかし・・・

カードを受け取ってもらえるところがない!!!

えええ、無理だよ~ 食料無くなっちゃうよ~~

 

ん!?あ、あの横にあるやつは・・・銀行では!?

降ろそう!キャッシュを降ろすしかない!!

 

だだだっと車掌のお姉さんのところへ戻り、「タイム!タイム!」って時計を指差しながら言うと、まったくわけが分かっていないご様子。

く、くそう、、一体この駅に何分止まってるというのだ!?

 

「フード!あむあむあむ!バイ!オケー!?」
「おー!オーケーオーケー!」

 

おっしゃあ!とりあえず時間はある模様!(*゚∀゚)=3

ATMでキャッシュが下ろせれば、もうあとは好きなだけ食料を買ってへんな心配はー!!!

 

o0800060013166756759

閉まってました。。

なんですか、その期待させる24の表示は。24時間オープンってことじゃないのかよう。

ぐう、とりあえず列車に乗らねばっ!!!と、ダッシュで再び列車へ飛び乗りました。

 

o0800060013166756760

ぬおお腰が最高にいたい…(´;ω;`)

夕日はとても綺麗ですが、あの、なんていうか、ひもじい・・・おなかへった・・・

いっそ潔く食べてしまえばいいかな?(*´∀`)

 

o0800060013166762853

その後も、駅を見つけたらすかさず売店へダッシュ!!!

 

o0800060013166756761

「すみませんカー「ノーカード」

 

はい。

 

こうして、「いや、いざとなったら食堂車とかあるし、カード受け取ってもらえるんじゃないか?うん、大丈夫、大丈夫、なんとかなるっしょ!」とひとりぶつぶつ言い聞かせながら少しだけ食料を減らし、一人部屋になった記念として、一人カラオケとかしながら寝るのでした。

2日経ったこの時点で残りの食料はすでに・・・

水、ガム、パン少々、ヨーグルト、トマト、カップラーメン2個です。

 

ど、どこで計算を誤ったというのだ…!?

完璧だったはず!!!計算の鬼としたことが!!!続く!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)