ウイグルの世界からチベットの世界へ

それでも、そこもあそこも中国。


AD


 

おはようございます。

タシュクルガンの朝ですよー。

 

朝ですよー(*´∀`)

いやー、やっぱりこの朝の光景がたまらんのです!!!

何度もこの写真載せてるけど、お店ごとにちょっとだけ違うの、お気付きですか?あ、どうでもいいですか?

 

さてさて、本日は・・・

カシュガルまで戻ります!!!

リョウスケくんはパキスタンへ行ってしまったので、ユウジくんと一緒にカシュガル行きのバスに乗ることにしました。

タシュクルガンからは、バスターミナルの大型バスで65元(1090円)です。

1日1本、当日9時頃からチケット販売開始で、出発は10時でした。

 

「このあとどこ行くの?」

「えーっと、あそこに行く飛行機チケもう買っちゃったから、あそこまで行って〜」

「え?なんでわざわざ飛行機?しかもあの街?ていうか、なんでこのルート?」

 

そうなんです、実はここから飛行機移動が始まるのですが・・・・

ルートが、めっちゃくちゃ!(笑)

2週間前くらいにとある場所へ行く航空チケットを「まぁだいたいこの辺にいるっしょー」って思って買ったんですが、ぜんっぜん予想と違うところにいるっていう。

そこまでも飛行機で行かないともはや間に合わないというか、結果めちゃくちゃ大回りしてるっていうか、すんごい無駄な移動費使ってるっていうか、ポジティブに言えばこれがさすらいの旅人っていうか。

しょうがないっ(*´∀`)

 

思っていたよりだいぶ小さなバスですが、これでカシュガルまで行くのですね!

後ろに荷物詰めて、ユウジくんとおしゃべりしていたんですけど、目の前の席のカザフ系の女の子が可愛すぎて、メロメロでした。

 

動画見せてくれた!

これカザフ系のお祭りの時のダンスみたい!素敵すぎるー!!!

 

「チケット見せて〜」

「え、あ、はい」

「・・・ペラペラペラ!」

「なに!?なんて!?」

「あっちのバスって言ってるのかな?」

「あっち?」

「ドゥエ!ドゥエ!」

「待って、荷物このバスに詰めてるんだけど、」

「あ、そっか、えーっとラゲッジ!わたしのバックが!」

「いいから早よ乗れ!!!(的な)」

 

え、ちょっと待ってください。

わたし達のバックパック、あっちのバンに積んだままなんですけど、大丈夫なのでしょうか?( ̄▽ ̄;)

パソコンとか結構な貴重品が入ってるんですけど・・・

 

「本当に大丈夫なの?わたしのバックパック!!!」

「いいから、早く席につけ!!!(的な)」

「ち、超心配なんですけど・・・」

「うーん、もう信じるしかないね(笑)」

 

さすがユウジくん、5年も海外に出てると、適応能力がお高い。

でも、わたしは用心深いのです!お客様の中に、どなたか英語を話せる方はいませんかー!?

リョウスケくん、カムバーーーック!!!(´;ω;`)

 

なんかあったらあのドライバー絶対許さんぞと、せめてもの抵抗でバスの写真を激写(?)しておきました。

大型バスは止まらないって聞いていたけど、湖の近くで1回止まってくれたよー!

 

ユウジくんはここで途中下車して一泊したかったらしいけど、荷物がないからできないっていう。笑

一緒にカシュガル楽しもう!わたしは明日、違う街へ行くけど!

 

こういう乾いた土地だとバイクに乗ってる人が多いんですけど、みんなすごいかっこいいバイクに乗ってて、テンション上がりまくりです。

 

ウイグル自治区は最近厳しいから、ローカルの家にホームステイとかは難しいって言ってたけど、大きなバックパックを抱えて歩く人もいました。

高そうだけど、もしかしたら外国人も泊まれる宿やホームステイもあるのかも?

 

あとは、カシュガルを前に一回だけトイレ休憩。

 

「ていうか、ここの道、すごいいいねー!」

「ねー!行きも同じ道できたんだけど、ユニークだよね!」

 

ユウジくんはパキスタンから来たからもっとすごいものを見てるはずって思ってたけど、やっぱりこの道も素敵な道なんですね!

その景色に触れることができて、嬉しいなーー♪

 

こうして、無事カシュガルに到着!あとはー・・・

荷物が到着するのを待たなきゃいけません。

めんどくさ!!!(´Д`;)

 

「あと10分でくるからって言ってたけど・・・」

「でも、あのドライバーに何がわかるんだってね(笑)」

 

まぁ当然、20分待っても来ません(*´∀`)

せめて、一時間くらいできますように・・・

 

「来ないねー」

「ていうか、本当にあのバンここに着くのかなー」

 

「たしかあんな感じのバンだったよねー」

「そうそう、あんな・・・っていうかあれじゃない!?

「え?(*´∀`)」

 

ユウジくんがダッシュで確認しに行ってくれたところ、あれでした。

あぶなー!ひとりだったら、「そうそうたしかあんな感じ」で終わるところだった!

あの出発時の心配、一体なんだったんでしょうか。どうも、すぐまぁいっかってなるタイプ代表です。

 

宿でチェックインしてしばらくのんびりしたあと、宿にいた中国人たちとオールドタウンの中にあるナイトマーケットにやってきました!

 

この間カシュガルに来た時はここには来なかったけど、かなりいい感じの雰囲気!!!

 

いろいろすごいの、売ってます(*´∀`)

 

やっぱり、内臓系が多いなー。

 

魚もあったよ!川魚かな!?

 

マーケットの周りにある席を確保して・・・

 

「この感じは絶対ビールだなー」

「え!?ここでビール飲めるの!?たしかに飲んでる人がいる!」

 

というわけで、乾杯ー!(*゚∀゚)=3

ううう、この青空ビールな感じ、超ひさしぶりすぎて、超!幸!せー!

まさか、オールドタウン内でできるとは!!!

 

最初に選んだのは、日本でいう辛いおでんみたいなやつ!

それから・・・

 

ピリ辛麺とか・・・

 

ワンタンスープ?

 

また、おでんみたいなやつ!笑

これが一番ビールに合う〜〜〜(*´∀`)

 

宿にいた中国人はなんと日本語がペラッペラで、乾杯しながらいろんな話をしました。

彼もかーーなり長く中国をひとり旅をしていて、カシュガルにはチベット自治区側から来たらしいです。

いいなー、中国人はチベット自治区を自由に旅できて。

でも、チベットはいいけど、ウイグル自治区は中国のことを嫌いな人が多いから、中国人でも旅するのは大変なんだとか。ふーむ、なるほどなぁ・・・

 

あとは、恋愛の話とかをしたり。

ややこしい話ばっかりじゃ、疲れちゃうしね!

 

「なんかこう、言わなくても通じ合っていたというか・・・」

「超素敵!やっぱり、感じるんですよ!それです!!!」

「めっちゃ共感してる(笑)一目惚れとかないし、それよくわかんないなー」

 

そう、トニーとのはじめての出会いはそりゃもう電撃的で衝撃的な(以下妄想略)

 

「な、なにこれーーー!!!」

「あはは、見せつけてくるなー」

「ウイグルに全然ふさわしくなくない!?なぜこうなる!?」

「たしかに、ウイグルに寄せようって気が一切ないな中国(笑)」

 

いや、本当になんですかこれ?( ̄▽ ̄;)

誰が求めてるのか、謎すぎる場所なんですけど。

 

中国はここが中国の一部だと主張して、たくさんお金も使って、それでもものすごく強い反発が起きて、ウイグル人と中国人の関係もうまくいってなくて・・・

お互いにものすごく大変な思いをしてまで中国である理由が、分かるけど分からないよ。

 

さてと!

次へと行きますか!!!

 

とりあえず2か月いる予定だった中国旅は、実は1か月半でいったん終わり。

そしてもうこんな感じでは中国周遊は、ほぼほぼ無理です(笑)

中国広すぎて、旅やる気がちょっとずつ下に下がってるのもあるし ( ̄▽ ̄;)

 

でも、あとひとつだけ、どうしても中国旅で触れたい景色がある。

今回触れたかったのは、中国の中国と、中国のウイグル、そしてあともうひとつ・・・

 

チベットの景色が、もう一度見たい。

 

だからまずは、実に二晩、約40時間かけて、電車(566.5元/9500円)でカシュガルから蘭州まで行って・・・

 

そして西寧を拠点に、青海省を旅してきます!

青海省は、わたしが昔旅したチベット自治区とも、いわゆる東チベットと呼ばれているところとも、違うチベット文化が広がる場所なんだよー。

 

青海省に向かう長距離夜行列車の中から、初めて中国で満点の星空を見ました。

中国にも、綺麗な星空があるんだね。

 

チベットは、あの日から何年もの間、何度も何度も気持ちが引っ張られるところ。

どんな景色が見られるのか、そしてどうわたしが感じるのか。

楽しみ!それでは、おやすみなさい〜♪

 

中国飯をゆる〜くご紹介

*朝ごはん(小籠包7元、豆腐脳2元)

朝は、この組み合わせが一番好きだ!!!

 

*電車内販売弁当(25〜30元)

電車の車内販売の中華は、そこまで感動がない。でも買いたくなる。てか事前に用意するのが面倒くさい(笑)

 

*ミルクティー(5元)

これも車内販売、インスタントティー!イチゴ味のミルクティーだったんですけど、まぁ想像してた通りの味でした。普通の買えばよかったー。

 

★1元=16.4円

AD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)