【後編】ワーホリの国選び!

国と都市を選んでビクトリアに来た訳ですが、1ヶ月半ここで暮らしてみて思った事を、そのまま書きたいと思います。

*はじめに・・・あくまで1ヶ月半で感じたことです。カナダワーホリが終わった今は、ビクトリアで過ごせた日々は宝物だし、あそこに居れて最高に幸せだったと思っています。でも、やっぱり小さい街なので、バンクーバーの学校にも行ったりしました。きっとこの先読み進めてくだされば、いろいろわかるかと。あと英語の発音については、すごく色々と突っ込みたいところなのですが・・・訛りのくせはつくかもしれませんが、初心者ワーホリ1年だったら英語訛りの違いは大して気にしなくていいんじゃないかなぁと思いました。

 

 

カナダを選んだ事については、よかった!

 

それぞれの国にメリットでメリットはありますが、強いて他の国と比べるとするならば、カナダで良かったなって思ったのは、

  • 暮らしやすさ
  • 英語にくせがあまりない

ですかね!

 

 

カナダは暮らしやすい

 

治安もいいし(私は日本と同じような感覚で行動してます)人柄もいいし、天候も良いし、日も長いし、ユニバーサルデザインもすばらしいし、移民が多く多国籍文化なので日本への理解もかなりあります。

めちゃめちゃ暮らしやすいです!

日本食も充実している&日本食レストランも高くないので、日本食が恋しくなっても全然だいじょうぶ。というか色々な国のごはんが食べられます♪

 

 

英語にくせがあまりない?

 

イギリス、オーストラリア英語は、聞き取りが難しいとよく聞きます。

私はそもそも英語の聞き取り自体が難しいレベルなので、違いが全然分かりませんから関係ないですけど(*´∀`)

でも、アメリカ英語を勉強してきた私にも、カナダ英語に違和感は全くありません。

 

そんなにネイティブ英語って国によって違うんでしょうか?

カナダ人が「オージーイングリッシュは聞き取れない…」って言ってました。

逆にオーストラリアンからしたら、カナダ英語は聞き取れないものなのかな??せっかく英語を勉強したのに、訛りで聞き取りずらかったりしたら切ないですよね・・・

私は、思いっきりジャパニーズ英語なので、かやの外状態です(*´∀`)

 

日本語英語、韓国語英語、中国語英語、ドイツ語英語、スペイン語英語。

どれもこれも特徴があっておもしろいです~(*’▽’*)

 

 

ビクトリアを選んだ事について。

 

これは正直、絶対ここでよかった!!!という風には、今のところ思っていません・・・

ビクトリアの街自体はとてもとても素晴らしいし、大好きなんですが!!!

日本人含め、アジア人が多すぎなんですよね・・・

 

モントリオールに行った方が良かったかなと考えたりもします。

私はフランス語が公用語なところが一番のネックだったんですが、英語を学ぶにはすごくいい環境なのかなぁと最近思いました。

フランス語も英語も両方話せる人が多いし、英語を学ぶ学校もしっかりあるし、なにより日本人が少ないらしいし・・・

他の都市よりも英語の上達が早い事が多いとの情報を手に入れてから、モントリオールが気になりまくっています。

 

ただ、仕事の事を考えると難しくて、英語+フランス語日常会話が必要なところが多いのです。

だから、モントリオールで英語を学んだあとに、バンクーバー、トロントなど大きな街に行って働くのもよかったかなーとか。

でもずっと同じ場所にいた方が、コミュニティーも広がるし…

とかとか。いろいろと考えてます。

 

日本人とつるむかどうかは、完全に自分次第なんですが…

私は完全に日本人を避けたいとは思ってないんです。

日本人が少ない方が英語の上達は早いんだろうけど、でも、日本人との出会いも大切にしたい!!という欲張り思考です(*´∀`)

どこにいても、結局は人との出会いだと思っているので!

 

それに最近・・この人がいるならこの街にいようって思える人が、できたかもしれない、ふっふふ(*´∀`)

日本人じゃないですよ。詳細はきっと、後日!もっともっと仲良くなったら!

 

とりあえず学生生活は、ビクトリアで送ってみます!!

 

それからどうするか動くかここにいるか決めたいと思います♪

ということでこれからもよかったら、ビクトリア生活にお付き合いください~(*´∀`)

すべては自分次第という言葉だけは、忘れないようにしなきゃ!

 

★1$=77円

 

AD

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)