海外生活後のお金を日本に持ち帰るお得な方法

どうせならお得に持ち帰りたい!


AD


 

こんにちはー!

10か月のオーストラリア生活も終わり、またねー!ってすっきり離れたいところですが・・・

海外生活を終える時に、やらなければならないことがあるのです!

 

  • 携帯の解約プリペイド契約なのでHPでオートチャージを解除するだけでOK!
  • 銀行の解約まだやってない。
  • お金の送金・持ち帰り今回これ!!!

 

この3つ!!!

今回は、海外生活後のお金を日本に持ち帰る方法をメモ!

やり方は色々ありますので、一つの参考になれば嬉しいですー。

 

 

お得な持ち帰り方法はこの3つ

カナダにいた時はどうやったか全然覚えてないんですが、現金を両替して持ち帰る、または現金を持ち帰って両替するのはものすごく手数料がかかるので、やらないほうがいいみたいですよー。

それでは、お得と言われている持ち帰り方法を3つご紹介いたします!

 

FX取引をしてお金を送金する

これが一番お得な方法らしいのですが、調べ始めたのが遅かったためFXの事がわからず、今回は見送り。

 

カレンシーオンラインを利用する

カレンシーオンラインサービス(公式HPはこちらから)に口座を開いて、このサービスを通して日本にお金を送金する方法です!口座を開くのに、パスポート住所確認書類が必要です。

 

流れとしては、

(1)自分の海外口座からカレンシーオンラインに送金

(2)そこで現地通貨から円に外貨両替

(3)その円をカレンシーオンラインから日本口座に送金する

というものみたいです。

 

これらをすると、

(1)で、カレンシーに送金するときの海外送金手数料がかかる

(2)で、外貨両替手数料ががかかる

(3)で、日本口座に送金するときの中継・受取銀行手数料2,500円がかかる

と、いろいろと手数料がかかりますが、これらを考えても、現金を両替して持ち帰るよりも断然お得です!

 

ソニー銀行、新生銀行などの外貨預金口座へ送金する

512x512bb

外貨預金のある銀行口座を持っている人は、この方法はかなり楽だと思います!

しかも、豪ドルのまま送金できるので、好きな時に両替できます♪

 

流れとしては、

(1)海外銀行口座から日本銀行の外貨預金口座へ現地のお金で送金

(2)のちにインターネットバンキングで円に両替する

という感じ。

 

これらをすると、

(1)で、海外銀行から送金するときの手数料22ドルがかかる

(2)で外貨両替手数料がかかる

と、カレンシーに比べると中継・受取銀行手数料2,500円分がお得になります。

 

(1)は送る側の銀行により異なりますが、Commonwealth Bank(コモンウェルス銀行)の場合は、オンラインでするなら22ドル、窓口でするなら30ドルです。

外貨両替手数料も、なかなかいいレートみたいですよ!嬉しいですね!

 TOP

 

なによりも重要なのはその時の為替レート!

もともと(2)のカレンシーオンラインでやる予定だったのですが、わたしがオーストラリアを離れるとき、なんとオーストラリア1ドル=81円の大暴落中!

ほんの1か月前までは、88円だったのにい・・・( ̄▽ ̄;)

 

この7円の違い、バカにしちゃいけません。

例えば10,000ドル両替したら、この違いだけで7万円も違うのです!

うーん・・・カレンシーオンラインでいま円に買えちゃうより、新生銀行に外貨のまま送金して、オーストラリアドルが強くなったときに両替したほうが良さそうですね。

 

というわけで!

さっそく海外銀行から日本銀行の外貨預金口座へ、外貨のまま送金する方法を見ていきましょう〜(*´∀`)

オーストラリアの銀行はコモンウェルス、日本の銀行は新生銀行です!ものすごーーく簡単であっという間ですよ♪

 TOP

 

コモンウェルス銀行から新生銀行の外貨預金口座へ送金する方法

1)銀行窓口、または電話で1日の送金額を変えてもらう

何度もすると海外送金手数料が取られるので、1回で全部送りたいですよね。

しかし、最初の設定では、1日につき5,000ドルまでしか送金できないようになってます。

なので、窓口へ行くか銀行に電話して、 daily international transfer limit(1日の海外送金限度額)を好きな額に変えてもらいましょう〜♪

 

2)コモンウェルスのマイページに飛んで、International money transferを選び、必要事項を入力する

スクリーンショット 2016-01-28 18.20.48

スクリーンショット 2016-01-28 18.21.44

新生銀行のSWIFT codeはネットで調べたら出てきますが、外貨預金口座への送金は全てHead Office(本社)あてになるみたいです。

 

スクリーンショット 2016-01-28 18.33.38

送金したい額から22ドルの手数料を引いた額を入力。

AUD(Australian Dollar)を選ばないと、日本円に勝手に両替しての送金になってしまうので、必ずAUD → AUDの送金になるようにしましょう!(あ… 画像はASDになってますが、めんどくさいので直しません。笑)

理由は適当でいいんじゃないかな、、私なんかGiftを選んじゃいましたよなんとなく。

 

3)そのままどんどん進む

ちょっといきなり雑になりましたが、そのままどんどん進んでください!

携帯にセキュリティーコードを送る設定になっている人は、ここで携帯にセキュリティコードが送られてきます。

もし携帯を解約してからこの手続きをする人は、必ず携帯を解約する前にセキュリティコード設定をオフにしておきましょう。でないとセキュリティコードが受け取れず、画面が先に進みません。

今はもう画面が確認できないので、どういう風になって完了かちょっとあやふやなんですが、この後すぐに送金最終確認みたいのが出て、送金完了です!になった気がします。

 TOP

 

はい!あっという間に、海外送金完了!(*゚∀゚)=3

自分の口座を見ると普通預金のところは0ドルになっていて、新生銀行の口座もしばらくは何も変わりません。

1週間後くらいに見たら、ちゃんと外貨預金口座にオーストラリアドル入ってました〜♪

 

オーストラリア外貨預金は金利がいいから、しばらくそのまま・・・

じゃなくて、お願いだからまた88円くらいまで戻って欲しい(超本音)

カナダワーホリしてた時は、最初77円くらいで帰国時95円くらいというパラダイスだったのになー。

そう毎回うまくはいかないね!

 

★1ドル=84円

AD

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

6 Responses

  1. tae
    tae 2016年3月5日 at 12:15 PM |

    コメントここで合っていますかね?!

    ワーホリのためにお金貯めているところからずーーーとみさPさんブログのおっかけやっています。
    おかげで今カナダでワーホリNOWです。
    最近私もお金の持って帰り方を考えていたので丁度参考になりました!
    シアトルも行く所迷って先送りした町で今回のシアトル編っもすっごく助かってます!なんかいっつもタイムリーに良いことミサPさん教えてくれる!笑

    因みにカレンシーも考えていましたがめんどくさそうって思ってて、新生銀行のその機能をすっかり考えてなくて、私も外貨送金にしようかと思っているんですが・・・・。
    これって普通に新生銀行で口座持ってるだけで外貨送金できるのかなあっとわからなくなってしまいました・・・。
    まあ新生銀行に問い合わせてみます。
    ということで、今回もタメになるお話ありがとうございます!
    楽しんで!

    Reply
  2. マキ
    マキ 2016年7月15日 at 1:15 PM |

    初めてコメントします!
    ずっとこのブログを読んで、特にオーストラリアの情報は、私もメルボルンにいながら大助かりでした。
    お金持ち帰るにあたり、このブログをまた参考にした上で、NABに問い合わせたところ、
    トランスファーの際、セキュリティーコードが登録の番号にsmsで届くとのことで…

    私もスーパーもらって、まとめて送金するつもりだったので、セキュリティーコードの件は盲点でした…
    それを考えると、みさPさんが仰るように、スーパー貰ってからまとめて送金って賢いけど使えない気がします…
    みさPさんは、スーパーの振り込み先はどのようにされたのですか?

    Reply
  3. Miyuki
    Miyuki 2017年6月25日 at 10:16 PM |

    突然のコメントで失礼します。
    先日オーストラリアから帰国して、日本の口座に送金しようとしているところなのですが、
    オーストラリアの携帯のSMSがもう受信できないので、ピンチ(x_x)という感じです。
    あと、入力途中のところでは、Swift コード、口座番号、名前だけですか?支店のコードなどの入力は不用なのでしょうか?
    コメント返事いただけたらすごくありがたいです。

    Reply

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)