リスボンからポルトそしてブラガへ移動

 

おはようございます♪

リスボン観光をした後、その次に向かう街はポルトガル第二の都市ポルト!

・・・を通り越したところにある街、ブラガです!

 

ブラガは、ポルトガル第3の都市で、港町ポルトの北にあります。

「リスボンは楽しみ、コインブラは学び、ポルトは働き、そしてブラガは祈りの町である」との言葉があるように、別名祈りの町と呼ばれ、非常に信仰の強い町みたいです。ポルトガルの中でも最も古く歴史のある場所なんだとか。

 

というような豆知識は当然調べていない私。笑

 

じゃあ、なんでこの町に行くのかって?そりゃあ決まってます。

アジア旅をしている時に出会った、ポルトガル人のジョアンがいるからですよー!

実はヨーロッパは、このパターンばっかりなのです。アジアでナンパしたヨーロッパ人の街へ、とりあえず遊びに行く。笑

 

「へーい、そろそろポルトガル行くけど、どこいるんだっけー?」
「ブラガだよー。待ってるよー。」
「あの時一緒にいた彼女はー!?」
「別れた。笑」
「Oh… 」

 

まぁ、人生そんなもんだよね、うん、、

 

まずはリスボンからポルトへ向かいます。

1)移動方法は3つ!

リスボンからブラガへ直で行く方法はないので、まずはポルトまで向かいます。ポルトへの移動方法は、電車(約24ユーロ / 所要時間約3時間)とバス(約20ユーロ / 所要時間約3時間半)と飛行機(いくらだろ。笑 / 所要時間約50分)があります。今回は一番安いバスを選択しました!

 

2)バスは30分~1時間に1本走ってます

こんな感じ。Rede Expressos社のサイトで、時刻はチェックできます。その際にオンラインでチケットも買えるみたいですよー。

 

バスでリスボンからポルトへ行く方法

1)Rede Expressps社のバスに乗るためにSete Rios駅へ

バスターミナルは、Sete Rios駅の近くにあります。

 

スペインからポルトガルに到着した時と同じ駅ですね。

 

2)チケットを窓口もしくはオンラインで購入する

バックパッカー仲間だーとか思いながら。チケットは20ユーロ(2,740円)でした。

 

3)バスはとても快適!

自分のバスを見つけたら、荷物スペースに雑に荷物を放り込んで・・・

 

出発を待ちます。バス内もとても綺麗で快適!

 

でも、WiFiはうまく機能してなかったです。残念。

 

4)で、3時間半であっという間にポルトに到着です!

これバスターミナルみたい。ほう・・・どこですかここ?

ついでだから、ちょこっとポルトの街を観光してみよう!

 

どうやらバスが着く場所は、ポルトの主要駅、サン・ベント駅の近くみたいです。

 

そんなことはつゆ知らずな、下調べを怠りまくりの最近。WiFiないかなー・・・

 

なんかいい感じの通りに出ました!

 

WiFiあるよってことで立ち寄った、ケーキ屋さんのようなレストラン!

何食べようかな?やっぱ暑いしビールかなー!(食べ物ではない)

 

港町だしということで、つまみにシーフードサラダを頼んでみたら、まさかのカニカマサラダ・・・

7.5ユーロ(約1,000円)もした。笑

でも店員のお兄さんがすごい愛想良くてフレンドリーだし、ビールは1.4ユーロ(約190円)と激安だし、超満足でしたけどね♪

ビールが安いスペイン・ポルトガルやっぱりそれだけで最高♡

 

現在地を確認したので、次はブラガへ行くためにサン・ベント駅へと向かいましょう。

バスターミナルから近い♪

 

謎の人とポスト。

 

おしゃれマック。ヨーロッパのマックのおしゃれさ半端じゃないですね。

 

とかやってる間にサン・ベント駅に到着。って、あれ駅なの!???

 

列車でポルトからブラガへの行き方

1)サン・ベント駅はものっすごく美しい駅!!!

中に入ってびっくり!!!

なにこの駅、ものっっっすごく美しいんですけど!?

というのも、このサン・ベント駅、世界でもっとも美しい駅のひとつなのだとか!

青い陶器のタイル(アズレージョと言うらしい)が特に素晴らしい~~~

下調べなくこんな駅に飛び込んだから、ポルトガルの駅レベル高!って、驚いたよ!笑

 

2)美しさに見惚れつつ、まずはチケットを買いましょう

よくわからないから、テキトーにボタンを押して整理券を確保してカウンターへ。笑

 

切符はないので、このICカードをチャージして使います。

カード代が0.50ユーロ(70円)で、ポルト→ブラガが3.1ユーロ(420円)でした。

 

ブラガ行きは1時間に1本程度は走ってます。どの列車かな~~

 

あった!

 

3)電車に乗る前に忘れずにタッチオンしましょう

黒マルのところにチケットをピピッとね、でないと罰金取られてしまいます。このシステム懐かしい~

 

ものすごく新しくてきれいです。リスボンのケーブルカーの落書きがますます悔やまれる、、

 

4)田舎電車なので景色が素敵!

まさに、ポルトガルの田舎!な景色が車窓から見れます!この感じ大好き~のんびり~!

 

5)旅のおともがあるとさらに楽しい・・・かも?

プリングルス(1ユーロ / 137円)です。これですよ、これ。

 

で、1時間の列車の旅、ポルトガルの田舎の景色を楽しんだら・・・

 

ブラガに到着です!

いい!ほどよいコンパクト感!田舎な感じがする!さあて・・・

ジョアンに連絡するためにまたWiFi探すか・・・

なんかWiFi探してばっか。。

というゆるい感じから、ブラガ編スタートです!ポルトガルの若者たちと遊んできます♪

 

★1ユーロ=137円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)