ロシアのヒッピー系フェス参戦レポ第4弾「バーニャ初体験」



 

o0800060013189851357

おはようございます、雨です。

雨だとやることがないフェス。とりあえず雨が止むのを待ち・・・

ガサガサガサ・・・

「なにしてるのー?」
「屋根~~~♪」

 

o0800060013189855860

屋根!!!(((((( *;゚Д゚)))))

(写真は晴れてから撮影。木をポキポキ折ったりして作成。)

す、すご・・・こんなの一瞬で作れちゃうなんて!!!

 

o0800060013189851360

というわけで、いつもと同じようにアローナ姉さんの朝ごはんから♡

今日も野菜中心の料理でヘルシーでおいしくて、いっぱい食べすぎちゃってヘルシーじゃなくなる…(´Д`;)

 

o0370051113189862160

外には遊びに行けないので、しばらく書いてなかった日記でもつけて・・・

「なっっ、なにそれ・・・!!!?」
「え、なにって、ダイアリーだよ。」
「えええ、SO COOLーー!!!」

どうやら日本語びっしりなのが、すごいかっこいいらしい。確かに日本人にも「うわあ…」ってドン引きされるくらい、相当細かい字で書いてるからおもしろいのかなぁ・・・

「写真撮ってもいい?」
「あっっっ、ちょっと待って、このページは…あ、大丈夫。笑」

妄想癖が影響してか基本ポエマーだから、人に見せたら恥ずかしいページとか結構あるんですよ。

たまにこの気持ちは変換しちゃいかんみたいのはそのまま載せますが、気持ち悪いですってコメントいただきますからね。ほんと、それです。笑

 

ちなみに前回の記事の最後のくだりも日記からそのままだと、

外に寝袋出して寝てみた。星が超ーー綺麗で、ロシアの星空も…流れ星がすんごーーーくゆーーーっくり流れる。ちかちかしててキレイだった。星の数ほどっていうけど、全部同じじゃないんだよ。その中から見つけ出すのはすごく大変で、見つけ出したのはすごく奇跡に近(以下放送禁止)

ひいっ… ( ̄▽ ̄;)

なにが奇跡だバカ!!!

このメルヘンポエムを一般公開用に変換するすさまじい努力、わかっていただけました?笑

 

「あ、そういえば昨日川沿いでおもしろい出会いがあったんだー!」
「ああ、バーニャ(ロシア式サウナ)の近く?」
「そうそう!友達ができたよー!ちょっと今からそこ行ってくる♪」
「おお~~!いいね~!misakiにローカル友ができて嬉しい~!」

 

そうなんです、昨日あの尻プリ(ケツプリ)で楽しみまくった後、すぐ近くの川沿いへ行ったところ・・・

 

o0800060013189851361

ロシア式サウナ(バーニャ)を発見!すごいなフェス、本当になんでもあり!

そこで、なんと・・・

日本語を話せるロシア男子に出会ったのです!

向こうも私を見るなりすごく驚いてた!!!

「ええ!?に、ニホンジン!?こんなところに!?」って。確かに私以外に外国人は見かけないもんね。

せっかくの出会いなので、その彼に会いにまた川沿いに行ってみよう!さあ、下界へ!

 

o0800060013189852074 o0800060013189851359

相変わらず気持ちのいい川沿い!

「あ、コンニチハ~~!」
「おーいたー!」
「ゲンキー?」
「ゲンキです♪」
「オレモ、ゲンキ!」

日本語話す外国人と日本語で話すと、どうやって日本語覚えたかがよくわかりますね!

たとえばカナダ時代のルームメイトメキシカンのVictorくんの日本語は、大学で勉強してるから、すごくきちんとした日本語。

一方でVictorの弟Alexくん(通称ハッピークリエイター)は、日本のアニメ大好きでそこから覚えるので、アニメ日本語。

その他のアジア系男子たちが知ってるのは日本のAVで覚えたらしい、「いやっ」「だめぇ」「きも(以下自粛)など。笑

彼も日本のアニメで覚えた感じの話し方かなぁ。

 

しばらく、椅子に座って会話していました。

「オレは日本に行きたいんだけど、ムズカシイ。」
「ムズカシイ?ビザとか?」
「ウン、あと、また関係が悪いから、カナシイ。」
「あ・・・」

日本とロシアの関係。

今も昔も、すごく良いとは言えない。ふとロシア旅をする前にみた新聞記事を思い出しました。

このあとヨーロッパをぐるりと旅したのですが、彼らとの関係もいまだ微妙みたい。

いろんな国でシベリア旅のことを話したのですが、「え?ロシア行ったの?…どうだったあいつら?」ってちょっとマイナスに意味深に聞かれて驚きました。

私自身は、ロシアに来ても嫌な印象は全く受けないし、これはロシアを出る最後まで変わらなかった。それは友達がいたり、なんだかんだで優しい人たちだったり、こうして日本に興味がある人に出会ってるからなのかなぁ。

だから、この言葉を聞いた時、はっとして、なんだか不思議な印象を受けました。ギャップがなぁ…

「そういえば、バーニャ体験した?」
「してないけど、やりたいなー。たぶんあとで。」
「ふむ・・・今やってみる?お金いらないよ!」
「えっっっっっっ!!!いいの!?」
「インターナショナルエクスチェンジってことで!」

 

o0800060013189911797

バーニャ初体験!!!(*゚∀゚)=3

ほんっと優しいありがとう~~♡♡♡このテントの中がサウナみたいになってるみたい!仮設だからこんな感じだけど、本当はもっとしっかりしてるんだって。

じゃあさっそく中を・・・!!!

 

o0800106713189853335

おお、本格的!!!

中は本当にサウナみたいになって入るだけでじわりと汗が。

この中で台に横になってマッサージを受けるんだって~。めっちゃ気持ち良さそうではないか!!!

 

「君がやってくれるの?」

「うん、あの、ヌードだよ。ダイジョウブ?」

「え?ああ、大丈夫!中にビキニ着てるから!それで!」

「いや、バーニャはヌードでやるものだよ…」

「いや、ちょっとそれは無理っていうか、え?だめなの水着?」

「普通はヌードだよ。」

「・・・あ、でも君がマッサージするんでしょ?」

「うん。」

「じゃ、無理だろ。」

「ハズカシクナイヨ…」←日本語

「恥ずかしいよ!!!(((((( *;゚Д゚)))))」

 

どうやら彼はややヒッピー入っていて、全く裸に抵抗がないらしいのです。

というか確かにしばらくバーニャ見てみたら、女性も男性もみんな裸で出入りしてました。

くっ…、そういうやつだったかっ…!!!

 

いや、しかし・・・いいのだろうか?

嫁入り前なのにトニー以外の男に裸(ラ)を見せて。。

いや、いいわけがない!!!トニーが悲しむよっっ!!!

 

o0800060013189853333

というわけで、水着を着たまま中へ(*´∀`)

トニー!!!これが正解でしょう!そうだよね!?

「じゃーここの台にネテー」
「はーーいっ♪ この草使うの?」
「うん、これでマッサージするの。」

ああ、マッサージって言っても、直接手でやるわけじゃないんだ。

「じゃ、オレは準備をするからねー」
「ああ、う・・・・」

 

脱っ。

え?

 

私の目の前でおもむろに全裸になるロシア男子。

 

台に横になっていたわたくし。

 

 

目の前にちーーーん。。
(効果音です、効果音)

 

 

見てはいけないものを見てしまった感!(((((( ;゚Д゚)))))

なぜ???なぜ全裸になる???

マッサージされるのが私で、マッサージするのが彼。

なぜ!?なぜする側が全裸なのか!?!??!なにが起きているのかああああああ!?!?!

 

「あ、あの、つかぬことをお伺いしますがっ…」
「ナニー?」
「なぜ、君、全裸…?」
「いっぱいアセカクカラダヨー♪」

 

あ、そっかー!あっついもんね♡(*´∀`)

 

 

ってなるかい。

 

 

なんだこれはどんどんカオスになっていくぞ!?

密室で二人きりで外国男子と(ほぼ)裸で二人きり。なんなんだ?なんなんなんなななんなんだこの状況は???

その後も着々と真面目に準備をしていくロシア男子。

全裸で。

ついつい見てしまう僕。そう、変態。

 

しかし・・・

この状況で私が水着って相当変じゃないか?

そうだよ、もしかして、裸(ラ)って大事なのでは?

 

彼、真面目に全裸してるし。全裸生活派の人もいるっていうし。

たしかGACKTさまも家では全裸と昔ええテレビで、ええ。

そうだ!きっとこのマッサージで体だけでなく心もマッサージ!解放!リラックス!解き放て私の全て!って感じなんだ!

ここでやらなければ、女がすたる!すた…す…!!!

よおおおおおおおおおおおおおお~~しい!(((((( ;゚Д゚)))))

 

 

すぽーーーーーん!!!
(効果音です、効果音)

 

「おお、misaki!大丈夫!ハズカシクナイヨ!」
「あ、でも、上だけで勘弁して。。」←限界

 

というわけで。

 

o0800060013189853334

いい匂いのする冷たい水に浸しておいた葉っぱを全身に被せられ、熱湯に浸したこの葉っぱでビシバシ叩かれ、水をばっしゃーとかけられびくううううっとなり蒸し蒸し蒸し蒸し…(顔にも葉っぱなので何が起きてるのかさっぱりわからない!熱い!冷たい!いい匂い!じゅわあああばしゃっばしゃって音がするんだ!!!)

15分くらいして「はい!外へ!」って手を引かれました。

って外ってみんないるのに!!!(((((( *;゚Д゚)))))

わっ、私、半裸でっ・・・

 

o0800060013189852075

「さあ飛び込んで!!!(*゚∀゚)=3」
「ワイルドすぎんだろおおお!!」

ざっぷーーん。

ひいいいいいい冷たいいいいいい~~~~(((((( ;゚Д゚)))))

「ダイジョウブダヨ~♪」

あんた何を根拠にいい!!!

「首までつかってごらん~」

うおおおおおつめたいいいい。。。

「そのまま上を見上げて。」

お、いい空・・・

「そのまま両手広げて~」

はい。

「浮く~(*´∀`)」

ふい~(*´∀`)

 

って、なにをやらせるか!!!(((((( ;゚Д゚)))))

むっっ、むっっ、いや胸ドンの方がですね!!!(?)

 

「リラーーックス♪」

できん。

「はい、じゃ今度こっちー。」

こ、これ以上、ど、どこへ…

「椅子に座ってー。」

半裸のまま!?

「目閉じて~」

あ、なんか風が気持ちいいかも…

「そのまま瞑想~(*´∀`)」

ハーイオッケー瞑想~(*´∀`)

 

 

だから、できるかい。

 

 

こうして私の初バーニャ体験は無事、最高レベルの恥ずかしさと共に終えたのでした。

なんだか、すごい体験だった・・・!!!

しかし、みんなよく恥ずかしくないなー。こうしてる間にもまたバーニャから裸(ラ)の方々が川へ。日本人男性がいたらぜっっっっったい無・・・

 

・・・あれ?

あの人、外国人!!!?

 

なんと、私以外にも外国人がいるじゃないですか!!!インド人らしい!すごいお金持ちそうだ!

「ふいーっ!自然の中のバーニャは最高だなっ!」

す、すごい・・・インド人のおっちゃんも裸(ラ)で堂々と。。

 

インド「あら?アンタいいカメラ持ってるな。」
みさP「あ、うん、まぁでもここでは人は撮らな…」
インド「一枚撮ってくれ!(*゚∀゚)=3」
みさP「ここで!!!!?」

 

o0800060013189852076

ちーーん。。(効果音ですホント)

インド「どうだ!?おお、いいな!だが、もっと全体を…」
みさP「じゃあ、下隠しなさいよ!!!無理だよ全体は!!!」
インド「うむ、それもそうだな…」
ロシア「あ、これいいんじゃない?」
インド「おおグッドアイデア!!!」

 

o0800060013189852078

(´Д`;)!!? パシャ。。

インド「おお、いいっっっ!!!(*゚∀゚)=3」

おっちゃんは満足気にキラキラ笑顔でそう言い放ち、そのまま全裸で川にダイブして、悠々と泳いでいたのでした。

 

♪… …ありの~ままの~姿見せるのよ~~

♪ありの~ままのおお~~… …

 

ってやつですね。

ありのままの姿、全然快適じゃなかったよ。。

でもあまりにみんな堂々としていたので、堂々としてない私に違和感でした。なんでだ!

第5弾に続く!

 

フェスキャンプ飯をゆる~くご紹介

*なんちゃってミートを使ったパスタ

o0800060013189851358

ひき肉のようにみえるやつはなんちゃってミートらしいです。どこまでもヘルシー。でもうちら簡単な英語しか知らないので、結局これがなにかわからず。フェイクミートって言ってました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)