万里の長城の西果てがどんなか気になったので行ってみた

ふふ、(にやける)

 

おはようございますー。

昨日一緒になった中国人若家族と一緒に向かうは・・・

 

甘粛省の嘉峪関(かよくかん)です(*´∀`)

ゆっくり電車は37.5元(616円)で所要時間約2時間!ラクショーですね!

電車の中では、一緒に中国のトランプゲームをやって遊んでたんですけど、まぁー、若ママの大連勝で(笑)

 

「ぬおおお、なぜだ!もう1回ー!」

「あはは、これ好き?楽しい?」

「すごい楽しい!(訳:だから勝つまでやる。笑)」

 

いつもは中国人のふりしてだんまりしながら、みんながカードゲームをやるのをニコニコと見ているだけなので、なんだか嬉しい〜(*´∀`)

 

奥さまが、果物の砂糖漬けくれました。

めっちゃ美味しいんですけど、こりゃカロリー高そうだ!

 

お昼ご飯はこんな感じで、旅行中も節約して食べるみたいです。

中国人はいつも食べ物を備えているイメージ!

夜行列車とか、なんでそんなに!?ってくらい持ち込んでますからね。

 

「misakiも食べる?」

「あ、わたしは朝ごはんのあまり(小籠包)があるから大丈夫!」

 

最近バックの中に小籠包が潜んでいる率が高い。

 

インターナショナルホステルのYHAに、到着です!

中国本土でもちらほらあったんですけど、新疆ウイグル自治区に向かうにつれて、外国人が泊まれない宿が多くなってきました。

 

ささっと荷物を置いて、バス4路(1元/16.4円)に乗り込みます。

終点の関城景区で降りて向かうのは・・・

 

あの、2000年もの間使われていたという!

あの、全長約25000Kmというよく分からない長さの!

 

万里の長城の西の果て!!!
(これらの数字は、万里の長城博物館で見つけた数字です)

 

中国旅をしたら、絶対に降り立ってみたかった、万里の長城。

THE★万里の長城な景色は、北京付近で見れるらしいんですけど、今回はあの辺りは飛ばしちゃいましたからねー。

でも、万里の長城の端っこだなんて、ロマンがありません?(*´∀`)

しかもどうなっているのか、とても気になる!!!

 

小籠包だけではお腹が空くので、トウモロコシを購入(10元/164円)

 

え!なにこれ、香ばしくてなんかもちもちしてて、美味しい!!!

シャキシャキじゃなくて、もちっと食べ応えがある・・・!?

あ、食べ方の雑さは気にしないでください。

 

さっそく、チケットを購入しましょう。

一枚のチケットで、見所3か所にいけるみたいです!

今日はもう夕方なので、とりあえず一箇所だけ。

 

チケット代120元(1973円)で、今日もぶんどられました(トウモロコシ)

 

出ました、AAAAA!!!

そりゃそうです、世界遺産ですからね!(*´∀`)

 

英語のオーディオガイドを15元(245円)でつけたんですけど、後から「あれ?これ日本語あるんじゃない?」ってなりました。時既に遅し。

 

さぁ、行きましょう、嘉峪関!!!

 

いい雰囲気に整備されてます。

 

しばらく歩いていくと、門にたどり着きました。保存状態はかなりいい様子!

 

万里の長城といえばあの長〜〜〜い道を思い浮かべますが、嘉峪関はそんな感じではなくて、要塞って感じ。

1372年に創設された、西の関所。続いてない感じが、西の果て感出てます。

 

どんどん壁をくぐり、嘉峪関の方へ!

 

なんですけど、その前に・・・

 

お土産物屋さんやアトラクションなど、バッチリ観光地化されている様子が見れます(*´∀`)

もはや見慣れた光景ですね。これがなければ、チャイナじゃないレベル。

 

「・・・これ全部、ビジネスかぁ」

「そうだねー、中国の観光地はどこもこうだよね」

「んー・・・」

 

どうやら、若パパはこういうのあんまり好きじゃないみたい。

中国人はお土産大好きだからどこにでもこういうのがあって成り立っているんだろうけど、若い世代には不評なのかな?

 

嘉峪関に到着です!

 

いえーい、長年気になっていた万里の長城ー!

中国人と一緒に行動すると、セルフィとか、写真をたくさん撮ってくれるんですけど、「違うポーズは?他にないの!?」ってめっちゃ要求されるので、「も、もうないっす!(照)」ってなって結果いつもこうなる。

 

ここの城壁は、上に登ることができて・・・

 

こんな感じで、のんびりと散策できます♪

 

城壁の上は、やっぱり空気や時間の流れが違う感じ。

 

周りの景色も一望できちゃう!

 

あんまり写真映えしない天気なんですけど、こういうどんより天気も最近お気に入り。

 

夕暮れ時のやや曇り、雲の隙間のわずかな色が好きです♪

 

こんなに長〜〜い万里の長城は、もちろん商業用に使われたりもしていたけれど、要塞としてもかなり重要な役目を持っていました。

 

特にここ嘉峪関は、三重の城郭で守られたその構造により防御力がものすごく高く、難攻不落だったんだとか!

 

そんな難攻不落だった要塞にある注意書きの横に放置されたペットボトルという、なんともシュールな光景を見つけてしまいました。

忘れてしまったのは外国人観光客かもしれないけれど・・・頑張ろう中国!

 

素晴らしい歴史と建造物と自然が、本当にたーーーーくさんある中国。

とてつもない歴史の長さを、いろんなところでひしひしと感じる。

と同時に、華山へ登った時らへんからあるこの違和感。

それはこのあとにもっと強い違和感になっていくんですけど、なんか・・・色々ともったいない気がする!

 

とまぁ色々と思うところもあるけれど、こうやって長年思い浮かべてた地に足を運ぶことができて、結局やっぱり嬉しいんですけどね(笑)

明日は、もうひとつのポイントに行ってきまーす♪

 

あ、そうそう実は・・・

ここは西の果てですけど、最果てじゃないらしいです。

万里長城第一墩っていう、ここから7キロくらい離れたところが、真の最果て。

購入チケットで行けるんですけど、一緒に行動していた中国人家族が「あそこは石があるだけで面白くない」って言い出して、行きませんでした。

まぁ・・・いいか(笑)

 

ブログマンガ化第12弾が公開されました!

第12話「ハッピークリエイターに英語の本をオススメされた話

つ、つ、ついに登場ハッピークリエイター!!!

オススメの英語本勉強法も書きましたー。まだチェキラーしてない方はぜひ!

 

★1元=16.4円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)