ワーホリではローカルジョブのジャパレスが狙い目!

いままで海外でしたバイトの中で一番楽しいかも?

 

おはようございます♪

メルボルンは天気がよくて、ますます絶好調です。

と思っては、変な人たちを見て「オーストラリアって・・・」の繰り返しです。

*こんな感じでね「カナダとオーストラリアどちらが好きかと言われたら・・・」

 

やっぱり思うんですけど、カナダにももちろん変な人はいましたけど、真面目というか礼儀正しいというか・・・

オーストラリアの方が豪快な人多いです。豪快。いい言葉だ!(*´∀`)

昨日も男の人を追いかけようとして見事にThe☆こける女の人(酔っ払い…?)や、トラックから降りて「てめええふざけんじゃねえぞ下がれコラアアアアア!!!」って、すごい勢いで罵倒する人を連続で見かけました。

豪快・・・いや、いい言葉や、、(*´∀`)

 

とまあ、好きになったり「えっ(笑)」ってなったり、なかなか安定しないオーストラリアへの愛ですが。

そのオーストラリアっていいなーの気持ちに一役かっているのが、新しいバイト先!

すーーーーごく楽しい!(*´∀`)

今回はそんな私が楽しんでいる職場のお話!

*ちょっと前に話したこれですよ、この職場「ものすごくタイプのオーストラリア人が一緒に働いています

ローカルでジャパレスってなんですか???

 

ローカルジョブってそもそもなに?

 

オーストラリアではよくローカルジョブ、ローカルジョブと聞くのですが、カナダではあまり聞かなかった単語・・・

ローカルジョブって、一体なんなんでしょう?

 

なんとなーく、オーストラリア人が経営するオーストラリア人だけが働く職場のこと?と思ってましたが、きちんとした定義は調べても謎です。

なので勝手に、給与体系がしっかりしていてオーストラリア人も働いているところがローカルジョブなのかなってことにしてます。笑

 

オーストラリアでは、お店によって給料が全然違います。

ローカルジョブでは時給20ドル越えるのに、アジア系レストランは時給10ドル12ドル・・・なんて決して珍しい話ではありません。

ローカルジョブを引き当てるのが、シティでたくさん稼ぐこつなのです!

*カナダはそこまで変わらないし、最低賃金を切ってるところはビクトリアでは聞いたことないです。そのかわりもらえるチップの額の違いがすごい!

 

ローカルジョブはやはり難易度が高い・・・

 

ワーホリの仕事として狙いたいものといえば、やっぱりそんなローカルジョブ。オーストラリア人に囲まれて英語を学びながら、高い給料をもらえるなんて最高ですね!

しかしそれをゲットするには、高い英語力とスキルが必要です。特にオーストラリア人オンリーのところなんて、ワーホリにはすごく難易度が高いです。

まぁ、すばらしいコネとか、まれにみる強運があれば別ですが!

*そもそもワーホリビザはすごく弱い手札です「オーストラリアワーホリは6ヶ月までしか同じ場所で働けないので

それがなくても比較的ゲットしやすいローカルジョブといえば、キッチンハンドポジションですかね!

でもねー、ローカルキッチンハンドは高い給料をもらえますけど、英語を使った仕事かといえば・・・どうなのでしょう?なんかもくもくと作業をしているイメージです。

 

ローカルジョブのジャパレスが狙い目!

 

そこでわたしが気づいた(というかそういうのもあるよって教えてもらった)のが、ローカルのジャパレスを狙うという方法!

ローカルで?ジャパレス?高い給料と噂のローカルと、安い給料と噂のジャパレス???

と、一見矛盾しているように見えますが、メルボルン(や、きっと他の大きい都市)には、オーストラリア人が経営しているジャパレスや、フロントスタッフにオーストラリア人が働いているジャパレスや酒バーがいくつかあります!

そういうジャパレスは、なんか見た目がファンシーです。笑

そこならオーストラリア人だらけの中でも、ウエイトレスポジションが比較的簡単にゲットできるのでは!?

 

どうやってローカルジャパレスを探せばいいの?

 

長く住んでいる人から情報を手にいれるのが1番ですが、そうでなくても見た目でわかります。

日本食を扱っているのにアジア人以外がたくさん働いているレストランや酒バーは、ローカルジャパレスです。

もちろんローカルジョブはやまほどあるので、オーストラリア人オンリーで!とか、バリスタがやりたい!とかの人は、別に日本食を扱っているかどうかにこだわる必要ないです。

ローカルジョブの中では、このローカルジャパレスが一番フロントスタッフになれる率高いんじゃないかなぁと!

 

わたしが働くジャパレスは両方ともオーストラリア人オーナー

 

前の職場も今の職場も「給料がいいという噂」をもらって応募しに行ったわけですが、両方ともオーストラリア人オーナーでした。

両方とも給料はしっかりしていて、お金は銀行振り込みだし、退職年金ももらえます。

*オーストラリアでは給料の他に退職年金ももらえるみたい「ジャパレスのお仕事いただきました

でも、このふたつ、取り巻く環境が全然ちがうんですよ!

前のジャパレスは日本人が多く、スタッフはほとんどアジア人で、ジャパレスっぽいジャパレスでした。

きちっとしてるし、暇だったら掃除したりと真面目に率先して働く人が多く、ローカルジョブというよりは、お給料をすごくしっかり払ってくれるジャパレスって感じです!(メルボルンではいくつかあります)

しかし、今のジャパレスは働いてる人も出している料理もファンシーだし、ちっとも日本っぽい感じがないんです。これが面白い(笑)

 

ローカルジャパレスで働くおもしろいところ4つ!

 

1)超インターナショナルな同僚たち!

今のジャパレスのフロントは、オーストラリア人が一番多いですが、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、フランス、スペイン、イギリス、日本、台湾と・・・

日本人が少なく超インターナショナルで、ジャパレスなのに、フロントの日本感がものすごく少ない!(キッチンはアジア人ばかり)

どうもお店の方針で、あえて日本人を多くしすぎないようにしているみたいです。

個人的にはオーストラリア、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、イギリスと、英語圏がそろっていてその違いを聞くのもおもしろいし、ネイティブ同士話してるとちょっとついていけない感じも、また楽しい(笑)

 

2)サービスがフレンドリー!

やっぱり国によって人によってサービスの仕方が違いますが、なんかもっとこう陽気な、フレンドリーな気がします。

敬語がない英語だからそう聞こえるだけなのか、お客さんとの距離が近いような。

わたしはフレンドリー接客の方がやっていて好きなので、他の人に引っ張られて楽しいです♪

 

3)楽しんで仕事をしている♪

もくもくと働いているだけだったり、忙しいとイライラする人とか出てきますよね。

これ日本だけではなくどこもあることだと思うのですが、そういう極端なことがここのレストランにはない!いまのところ。笑

カナダのtim hortonsのバイトもそんな感じだったので、やるポイントさえしっかり押さえれば、なんかゆるいのかもしれないですね。

忙しい時はみんながんばります!

 

4)日本人ということをすごく意識するし強みにできる

前の職場は日本人が他にもたくさんいましたし、日本人なことが普通でした。でもいまは、日本人が少ないからか、”日本人であること”をすごく意識します。

というか、スタッフもよく日本のことを知らないんですよ!

たとえば「ねえ、WAGYUってどういう意味?TEPPANみたいな感じ?」って超笑顔で先輩スタッフ(イギリス人)に聞かれたり。

ときには私が担当してたお客さんから「他のスタッフ(新人のオーストラリア人)にオススメのドライな日本酒を飲んでみたいって頼んだら、これでてきたけど、ちょっと・・・日本酒がこんなに甘いなんて知らなかったの・・・」って言われて、え?なに出したんだろうって確認してみたらゆず酒だったり。

まぁそもそもこのお店に来る人は、リアルジャパンを期待してきてるわけではない(オシャレ居酒屋みたいな感じ)と思うから、ギリアウトって感じですが(笑)

他の人よりも英語力が劣ってようとなんだろうと、日本人っていうただの事実を強みにできるので、英語力で落ち込まなくても大丈夫!

 

そして・・・チップ!

カナダワーホリに行ってから、チップ(払うのももらうのも)大好き(*´∀`)

カナダでは、PUBや値段の高いレストラン(ローカルジャパレス問わず)ではチップがすごーーくもらえました。

 

オーストラリアでは今まで働いたカフェもジャパレスも、カナダにくらべると気休め程度のチップ(カフェは1日10ドルくらい、前のジャパレスは1ヶ月で70〜100ドルくらい)だったので、たいしてチップのことは気にしていなかったのですが・・・

 

今のお店では、結構もらえる!(*゚∀゚)=3

単価が高いレストランだからかな?

 

オーストラリアでも、高級レストラン(ファインダイニング)ではかなりチップがもらえるみたいです!

メルボルンにいくつかある高級ジャパレスも、チップも給料もかなりいいそうですが、英語が得意かつホスピタリティに長けている人のみの募集だったり、そもそもワーホリはNGだったり。

 

具体的なお金の話はのちにしますけど、カナダの忙しいレストランで働いていたときよりもらえます。そもそもの時給がカナダの2倍なのに!

こりゃ稼げるわ、オーストラリア・・・

お客さんも自分のセクションをもたせてもらっての担当制だし、いやあ笑顔がはずみますね!(悪い顔)

 

という感じで、いいことだらけのローカルジャパレス。

大きい街に住んでいる人はわりとあると思うので、もし見つけたらアタックしてみるといいかもしれません〜♪

では、本日も笑顔を振りまいてチップを、い、いや、お客様とスタッフと一緒に楽しんできまーす(笑)

またね!

 

※ 問い合わせをいただくのですが、お店の都合等もあり実際に働いたお店の名前等は公開・お教えしていません。ご了承ください。

 

★1ドル=88円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

16 Responses

  1. りょう
    りょう 2016年1月11日 at 6:04 PM |

    こんにちは、世界一周ブログの頃から拝見しています。私も、オーストラリアでワーホリに来ています(パースですが(汗))。
    ですが、英語があまり得意ではないのに、ローカルレストラン&バーのキッチンハンドに絞り、一ヶ月ほどたちますが連絡がありません。30件(新規)+20件(再度訪れた)。日本での飲食経験がスーパーの寿司やで短期のみと、ローカル経験なしが響いていると思いました。
    作った料理を撮影し、レジュメに添えて渡したりはしていますが効果がありませんでした。みさPさんのカナダワーホリの頃のカバーレターを試してみようと思います。カバーレターは必要だと思いますか?今も、以前と同じ形式のレジュなのでしょうか(以前の前職をこじつけて載せています。)?

    Reply
  2. りょう
    りょう 2016年1月12日 at 1:29 PM |

    みさPさん こんにちは。さっき、トライアルのようなものが決まりました(笑)。レストランなのですが、実はそこには二回レジュメを渡していて、一度目はウエイターに経由で、シェフに。「あとで読んどく」という声だけ聞こえました。今日二度目に行った時に、シェフに直接レジュメを渡しました。そしたら、「明日朝に来られる?」と聞かれたので、勿論「はい」と答えました。嬉しさ以上に、「君は、日本人か?」と言われたことにイラッとしてしまいました。レジュメ渡したのに忘れたんかいと。
    実は、シェフやマネジャーに直接渡すと採用されやすいというのは都市伝説だと思っていました。みささんの言っていた「卵投げつけられる」なみに疑っていました。本当なんですね(笑)。本格的なビストロなので、不安ですが採用されるように頑張ります(笑)

    Reply
  3. YU
    YU 2016年2月6日 at 10:03 PM |

    みさPさんこんばんは。私も来月末にオーストラリアへ行く予定です。メルボルンも候補に入っているのですが、こちらの仕事はどうやって見つけたのですか?自分でレジュメを渡しに行ったのですか?メルボルンの情報が入ってこなくていろいろ模索中です。よろしくお願いします。

    Reply
  4. ゆり
    ゆり 2016年2月28日 at 4:14 PM |

    みさPさん、ブログいつも楽しく参考にさせていただいてます!
    私は、メルボルンに来て1か月になりますが、もうすでに約70枚はレジュメを落としたり、オンラインで応募したりしていますが、なかなかローカルジョブの採用をいただけない状態です… 涙
    日本食レストランでは、採用をもらいやすいんですが、本当にローカルジョブは難しいですね。

    もし、公開が可能であれば、みさPさんが働いていたローカルジョブのお店はどこなのか伺ってもよろしいでしょうか?涙
    今まで根性がある方だと思ってましたが、ここまで上手くいかない状態が続くと、ちょっと弱気になってしまいますね…

    お手数でなければ、ご教示いただけると嬉しいです。
    どうぞ宜しくお願いします!

    Reply
  5. ゆり
    ゆり 2016年3月7日 at 11:37 AM |

    みさPさま

    返信ありがとうございます!涙 はい!ぜひ、アドバイスください!
    メールお待ちしております:)

    宜しくお願いします!

    ゆり

    Reply
  6. あい
    あい 2016年4月9日 at 11:43 PM |

    初めまして。
    ブログ読ませていただいて色々と参考にさせていただいてます:)
    初めましてで失礼だとは思うのですが、わたしもよければローカルのジャパレスの情報教えていただきたいです。
    メルボルンでいい仕事を見つけるの本当に難しいですね;(

    Reply
  7. ゆい
    ゆい 2016年5月11日 at 9:02 AM |

    初めまして。
    1週間前にメルボルンでワーホリを始めたばかりなのですが、仕事探しなどでインターネットを見ていて、たまたまみさPさんのブログにたどり着きました=)
    カフェ情報やビーチの写真などとても素敵で来たばかりなのになぜか安心して暮らせています♡
    4日前辺りから仕事も探し始めているのですが、なかなか難しいですね…そろそろCBDを離れて仕事を探すほうがいいのかと思うのですが、みさPさんのおすすめの場所などありますか??住んでいるのはCBDです。

    これからも気をつけて楽しい旅を続けて下さいね\(^^)/

    Reply
  8. たけ
    たけ 2017年8月27日 at 9:42 PM |

    はじめまして。
    ブログ拝見させていただきました。
    まだ少し先なのですが、11月ごろにメルボルンに移動予定です。
    それでぜひメルボルンのことお聞きしたく、コメントさせていただきました。
    ローカルじゃおあニーズレストランだあるのは、どのあたりの地域なのでしょうか。
    差し支えなければ教えていただきたいです。
    渡しもシドニーにいるとき本当に仕事が見つからず、1カ月ほど無色で生活しており、メルボルンではそのようなことは避けたいなと思っており、なにか助言をいただければと思いまして。
    宜しくお願い致します。

    Reply

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)