モロッコから送った荷物が日本に全く届かないけどどうしよう

 

女子芸大生マリちゃんと行く弾丸モロッコ旅でしたが、最後の都市マラケシュにはなんだかんだで2泊3日いました。

しかし、その間ただぼーっとしていたわけではありません!

いや、前回の記事のようにも確かにしたけれども・・・

 

雑貨天国モロッコはハンドメイドのものがたくさん。

 

ちょっと、雑。

 

そうです、今まで抑えていたお土産購入欲を爆発させる時は今・・・

素敵なハンドメイドモロッコ雑貨を買って、使っていない荷物と一緒に日本へ送るのです!(*゚∀゚)=3

ひっさびさの買い物です!やる気がみなぎるーー!

 

狭くてごちゃごちゃしたスークの中を、とにかく行ったり来たりして!

 

初日は何も買わずに、値段調査をとにかくする!

 

「これいくら?」

「◯◯だよ~」

「えー・・・、じゃあまた・・・」

「まって!いくらなら買うんだ!」

「△△なら買うよ」

「はっはー!ありえないね!」

「うん、じゃあまた・・・」

「まて!⬜︎⬜︎はどうだ!」

「(首振りながら歩く)」

「わかった!★★!☆☆!あっ、ちょ、**!これ以上は本当に(略)」

 

ははーん、**までいけるわけねー(*´∀`)

という作戦で値段調査です!

そして他のお店では「あそこの店は**って言ってた」って、電化製品を買う時のように交渉するのです(笑)

 

でもですね、もうずーーーっとひたすらと、お店を巡っていて思ったのですが、マラケシュ・・・

 

取り扱っている商品がどこも同じデザインなんですよねー。

せっかくのハンドメイドだから、ちょっと変わった感じのが欲しいんだけどなぁ・・・

同じものをハンドメイドでたくさん作っていくシステムを採用しているのでしょうか。

 

でも、品質はひとつひとつ全然違います!

だから一概に安い値段を言ってきたお店がいい、というわけではありません。

多少値が張っても、いいものが欲しい!

 

ちなみに日本でもモロッコ雑貨は人気ですが、日本で扱っているような繊細なものは見当たりませんでした。

そういうのは、デザインをオーダーして作ってもらってるのか、それとももっとローカルなところにお店があるのか・・・

 

日本のバイヤーさんもたくさん来ると言っていたのですが、日本では売れないレベルの仕上がりも結構あるんじゃないかなぁーとか想像しながらお店を転々としていました。

それほどまでにクオリティがバラバラなのです!!!

そんでやっぱり、ちょっと、雑(笑)

 

でも、そういうややいびつなのも味があっていいよね〜♪

 

あと、お店の人たちが結構手強い気がします!

さっきみたいにすんなり値段が下がっていくこともありますが、「うちはいいもの揃えてるぜ」みたいなおっちゃんの店は、値段交渉が難しいというかなかなか下がらないのです・・・!(´Д`;)

 

決してエグいくらい下げようとしてるわけじゃないんですよ!

相手も自分もハッピーな値段で買うのが一番!

これは無理だろうという値段をわたしが言い、それはありえんだろという値段をおっちゃんが言い、やりとりの結果、だいたい相場らへんに収まる。

というのが理想なんですが、全く下がらないのです!「うちはいいもの揃えてるぜ」的おっちゃんの店は!!!

 

「他でもっと安かった?ふん、うちの店はベタークオリティだ!ロングライフ!」

 

とか言うので、職人気質なのでしょうか?

くっ・・・嫌いじゃないその心意気!!!

 

が、正直めんどくさ(笑)

 

もうですね、

「はいはい、このいつもの挨拶から入るよー。俺いくらであんたいくら?オーケーじゃあ真ん中らへんでいくらねまいどー♪」

みたいにすんなり決まらんかねとも思いましたが、それで生活してるのでこのひとつが大切なのですよね。

 

妙な表情の猫と目が合ってしまいました。

 

というわけで、この中をあっちへこっちへ・・・たっぷり時間かけて値段交渉開始です!

 

一番右の皮財布をふたつ(1つ35DH / 450円)は、のんびりしたかわいいおじいちゃんの小さなお店で♪

よく見かけたシンプルデザイン。白の皮ステッチがかわいい!

他でもう少し安いところあったのですが、なんとなくこのおじいちゃんから買いたくなりここで買いました(*´∀`)

 

丸筒型の皮斜めがけバック(180DH / 2300円)は、お調子者の陽気なお兄さんのお店で♪

このコロコロ感と雑ステッチがたまらなくツボで、これだけは即見つけて即買いました!

 

「でもシルバーじゃなくてゴールドの金具がいいんだけど、ないの?」

「お前注文多いな!そこに工房あるから変えてきてもらうよ。」

「え!そんな簡単にできるの!やった!」

 

ってすごい頼りある感じだったのに、中チャックの部品だけシルバーのままという(笑)

 

「こら、話が違うではないか(笑)」

「ごめんごめん明後日部品入るんだって~」

「もう出国してるし!!!」

「まぁ大丈夫よ、グッドクオリティ!」

「そういう問題ではないが、仕方ない!」

 

でもなんかこのシルバーゴールドのちぐはぐな感じも、モロッコで買った思い出として、まぁいいか♪

それからブレスレットを数点と、カゴバック(マルシェ)をふたつ(1つ180DH / 2300円)買いました。

モロッコでハンドメイドのマルシェが直接買えるなんて!(*゚∀゚)=3

これはもう絶対大切にしよう~~♡♡

このお兄さんも全然下げてくれなかったけど、うまく交渉する時間があまり取れず・・・くそう。

 

そして一番苦労したのがそうですよ・・・

モロッカンスリッパ!!!

宣言しましたもんね。未来の家族分買うって。

 

どうでしょう、左から、トニー、わたし、トニ太郎(息子)、トニ花子(娘)のものです。

バブーシュというらしいです。

まだ結婚できそうにないことを考えるときっと子供は2人が限界なので太郎と花子を授かり4人家族になることでしょう。家はフローリングなので、スリッパは必須ですね!

 

うそですすみません、いえ本当は本気でだったのですが。

トニーサイズのクオリティのいいスリッパが見つからなかったので、

これ全部わたし用です!(*゚∀゚)=3

ごめんよトニー!あとお母さんも良かったら、使って。笑

 

自分用を4つも買ってしまったからにはお客様用も作らねばと思い、思い切ってさらに5つほど追加で買ってみました。

スリッパ祭りになりつつありますね。

 

もう、どこをどう計算してこの数になったのかわからないけど、なんとなくこの数ならなんでもいける気がする・・・!?

というかめちゃくちゃかわいいです!(*゚∀゚)=3

モロッカンスリッパにもいろいろ種類があって、わりとシンプルめな上品なやつを選んだつもり。

ビーズと刺繍が!!!

 

このすごくフレンドリー(に見える)おっちゃんのお店で買いました。

これが・・・

 

すっっっっっっごく交渉苦労した!!!(´Д`;)

 

人がよさそうに見えるこのおっちゃん・・・

栄えている通りから少しだけ離れた奥まったところにあるのですが、質が良くて好みの形が揃っていたので、どうしてもここで買いたかったのです。

 

おっちゃんの言い値は、1足160DH(約2000円)でした。

これでも日本で購入する半額以下ですから、ものすごくお得です。

日本では4000円以上はしますもんね!

 

でもモロッコの他のお店では、スリッパは50DH(645円)が相場だったのです。

そこよりも質がいいことを考えても3倍は払えん!!!

 

ということで、このおっちゃんと交渉し始めたのですが、

「俺のはベタークオリティ!50だ?話になんねえ!」

とあの写真の笑顔からは想像がつかないくらいの頑固っぷり!!!(´Д`;)

 

おっちゃんそこをなんとか♡(*´∀ 「NO」

 

と、笑顔作戦も全く聞かないご様子。

本当に本当に全く下がらなかったので、しょうがないから・・・

 

通いましたよ。

「ねえ、値段下がった~?」くらいの、謎のテンションで通わせていただきましたよ!

 

しかし通っても通っても値段下がらず。なんなんだこの手強いオヤジは!!!

こちらの言い値は50、そこから少し上げて60。

他にも50で買えるお店ならありますが・・・やっぱりここで買いたい~~!!!

 

60で売ってくれるならここで、ダメなら他にする!

とだめもとで顔を出していたのですが、やっぱりだめみたい・・・ううううん、残念・・・

 

「わかったよ、おっちゃん・・・もう、諦めるね・・・」

「そうか・・・」

 

と言って微妙な空気のまま別れました。

あー・・・うまくいかなかったな・・・

ちぇー・・・

 

・・・。

 

あれ、今まで買った荷物どこーー!?!?

店に置いてきてしまったー!(((((( ;゚Д゚)))))

とダッシュで店まで!!!

 

「おおおおお、おっちゃ… !!!」

「あんたこれーーー!!!」

「あ~~!とっといてくれたの~!ありがとう~!!!」

「全く、気をつけろよ!ところであれ、」

「え?あ。わたしが買おうとしてたやつ、まだ・・・」

「ここまできたら特別に60DHで売ってやろう。」

「おおおお・・・!!!」

 

がっちり!!!(握手)

 

というわけで和解し、この写真に戻る。笑

こうしてだいぶ時間を使ってしまったので、モロッコで存分に厳選して買った荷物と、日本に送り返す荷物を急いで全部つめて・・・

 

フナ広場の郵便局から、全部送ったのでした!

郵便局は16時まで。ダンボールは自分で用意して詰めておきます。

わたしはなかったからお金出して買ってきてもらったけど。笑

 

モロッコから日本は船便はなく、航空便のみとのことでした。

だったらヨーロッパから船便で送った方が安いのか?

と一瞬考えましたが、この荷物を持って歩くのは嫌だったので、そのまま頼むことにしました。

 

約7キロで893DH(11,500円)でした!

戦利品以外にも、持っていた本4冊、使ってない服、ニューバランスのスニーカー、ポーターの財布(新しく財布買ったから)、それからインドのオヤジから粘りながら買ったじゅうたん(小)とか、カメラのパンケーキレンズ(これあんまり使わないんですよね)なんかも一緒に入れて♪

 

あーーー、戦った!!!

さー、またヨーロッパに戻って、残りの旅も楽しむぞー!

日本へ送って、荷物も超スッキリ~♡

 

 

 

させたはずだったのにこれが、紛失!!! (´Д`;)

 

2週間で届くと言っていた荷物。

1ヶ月経っても実家に届いてないご様子… (((((( ;゚Д゚)))))

えええー。

 

まぁモロッコから荷物出すと、ロスバケ率高いっていうからなぁ・・・

まぁそのうちひょっこり現れるでしょ♪

 

ってなんか知らないけどのん気に現実逃避(?)してたんですけど、やっぱり本当に本当にロスバケしたみたいで一切の連絡もありません。笑

しかし、こんなことではくじけないわたし。

ここで役に立つのが、追跡番号です!!!

これがあると送ってから1ヶ月間の間は、荷物がどこにあるのか調べられるのです!

 

そうだ、伝票に追跡番号が・・・

ない (((((( ;゚Д゚)))))

っていうか、伝票がない!なぜ!?

 

そうだ、今はっきりと思い出したぞ・・・

あのとき列車の時間が迫っており焦りすぎて・・・

伝票をポーターの財布にしまいそれを荷物に突っ込むという謎の行動を起こしていたことを!!!

ガムテープでぐるぐるされてる時に気づき、あ、伝票あっちの財布・・・ま、いっか時間ないし!!!

ってアホ丸出してそのままにしてしまいました。

 

伝票ないから保険の申請もできません(多分)

 

インドでもモロッコでも、すごい時間をかけたイベントだったのに・・・

高い金出してオヤジたちとの思い出を買った?(*´∀`)

え?いりますかね?この思い出?いらんよ。

 

でもかろうじて丸筒型皮バックは旅で使おうと確保してあったので、こいつを存分に可愛がります!

だいぶ高級になったなこいつ笑(損失額+輸送費は7万越え)

今までスられたり盗まれたりしたとか一度もないのに、この次々と起こる(す)モノの紛失・・・

 

この時そんなことはつゆ知らず。

ロスバケしているなんて微塵も思ってもないですから、るんるんとヨーロッパへと戻っていくのでした♪

さーーー、再びヨーロッパへ!!!生ハムうううーーー!!!(*゚∀゚)=3

 

この話、そのあとどうなったか・・・、続きあります!!!

 

★1ディルハム=12.90円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!