マラケシュを目的なしにプラプラと歩いてみよう♪

 

ひとりでモロッコ・マラケシュの街を散歩してきます♪

 

細い路地にたくさんのすれ違う人。

なに食わぬ顔をして一緒になって通り抜けたり、流れに逆らってみたり。

 

ちょっとした広場で市場を発見しました。

モロッコといえばの手作りタジン鍋も、おもむろに積まれている野菜や果物もたくさん♪

 

さて、ここからフナ広場から見ると北にある、スーク(souks)に向かってみようかな。

地図で見ても迷路のようで何が何だかわからないけど・・・とりあえず、行ってみよう!

 

このようなすっきりとした綺麗な路地もあったりするのですが・・・

 

スークに一歩踏み入れると、このように一気に雰囲気が変わりました!

 

ハンドメイドの商品がたーーーくさんぶら下がっていて・・・

 

もう歩いているだけですごくワクワクする!

ハンドメイドのものに囲まれる、雑貨天国!

 

肉屋さんも豪快です。でも絶対こういうところでは買えないなー。

 

素敵なドアだなぁと、足を止めて建物を眺めていました。

その前をなんの特別感もなく通り過ぎるモロッコ人たち。

なんかこの光景、好きかも・・・

 

家の前のちょっとした階段に座り込んで、シャッターを何度か押しました。

「なにしてんだあいつ」と、こっちを見る人もいれば、私のことなんか見えてないように通り過ぎる人も。

でも話しかけてくる人はいなくて・・・

 

それが心地よくて、しばらくその通り過ぎる人を眺めていました。

素敵にペイントされた家が多かったけど、何か意味があるのかな?

 

そんな風に楽しんだ後に、お腹がすいたので何か食べることにしました。

観光客があんまり好まないような、小さなところで食べたいなぁ。

 

とちょっと外れた路地を歩いていると、美味しそうな匂いのするこじんまりとしたタジン鍋屋さん(?)を発見!

 

おっちゃんこれいく「ペラペラペラ!」

あら、全然英語が通じません(笑)

しかし私好みの小汚系食堂!乗り込まないわけにはいきませんね!

 

ほくほく美味しそうなタジン鍋が出てきました♡

ジャガイモとニンジンの素朴な野菜タジン(15DH / 約190円)

いただきまーす♪

 

そしてまたもほっとかれるわたし。

全くわからない言語を聞きながら、またただ、その光景を眺めていました。

たまに店の小僧と一緒になって、にへらっとしたり♪

 

そのあともたまたま通り過ぎた謎ジュースを飲んでみたり。

 

再びドリンクスタンドでオレンジジュース(4DH / 約50円)を飲んでみたり。

 

「水いくら?」

「7DH」

「うそー、6DHでしょ、知ってるよ」

「しゃあねえな」

 

とかなんとか。

 

おっちゃんに靴を磨いてもらったりもしました。

 

「いくら?」

「好きなだけでいいぞ!」

「え~、じゃあフリーでもいいの?」

「いいぞ!」

「あはは、じゃあ10DHね」

「写真かっこよく撮ってくれたか?」

「うん、見る?おっちゃん超ハンサムよ」

「おお・・・!」

 

こういう時間の使い方もいいものですね。

誰にも干渉されずに、深くも関わらずに、なんとなくそこにいる感じ。

まぁ靴はすごいテカテカになって色もだいぶ変わってしまったけれども(笑)

 

さ、そろそろまりちゃんとハッサンに会いにいきますか!

 

まりちゃんと落ち合ったあと今日の話を聞いたら、お店のお兄さんと仲良くなって、お茶とかお菓子とかもらって、すごく楽しかったみたいです。

なんかやっぱりマリちゃんの話聞くのやっぱり新鮮!

ハッとさせられるというか・・・

 

マリちゃんみたいに、たぶん昔の自分みたいに、積極的に仲良くなろうっていう気が起きないのはきっと、長く旅をして疲れているから。

でも必要以上に警戒して必要以上に面倒事を避けようとしているこの感じはきっと、インドで旅したからじゃないかなぁ。

一線をがっと引くことで身を守ることを覚えてしまって、これは楽だし危険回避にはなるけど、ちょっと変な出会いにワクワクもやっぱりしたいんだけどなぁ。うーん・・・

 

「っていうか、みさきさん!聞いてくださいよ!ありえん!」

「な、なになにどうしたの」

「ハッサンとマジゲンカしてあいつ帰りました!!!」

「え!また!?(爆笑)」

「まじないですよ!宿泊代(アパートを借りていたらしい)どうするんだって!」

「え?払わず帰っちゃったの?」

「そうですよ。もうすごい喧嘩しましたから!」

 

そしてマリちゃんとハッサンは疎遠に(笑)

なんか、あれですよね・・・

やっぱり砂漠を離れるとうまくいかないっていうか・・・?

 

こんなややこしいこともやっぱり旅の出会いのひとつで、きっと面白い思い出になっていくんですよね!

これぞ旅の積極的出会いの醍醐味!!!

我ながらすごいうまくまってしまいました。

 

わたしにとっても突然の別れでしたけど、でもそれを含めてなんか面白かったです(笑)

モロッコ人ってなんか、憎めないんだよなあ。

これからもがんばってそして元気でね、ハッサン(*´∀`)

 

★1ディルハム=12.90円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!