山登り苦手だけど中国五岳の一つ泰山に本気出して登ってきた

いや、無理無理無理無理。


AD


 

怒涛の移動続きが、つらいです。

何がつらいって、降り階段!!!(´;ω;`)

体がバッキバキなので、マジでそろっとそろっと降りなければなりません。

絶賛2段からもう、ぐおおおってなって、雪崩落ちそうなほど。。。

 

そんな、体バッキバキの理由がこちら!

 

中国五岳のうちのひとつ、世界遺産の泰山!!!

でも安心してください、この泰山トレッキング、バスやらケーブルカーがあるから、最後だけ頑張ればいいんですよー♡だから選んだんだよー♡

 

だったんですけどね。。。

だったら、こんな体バッキバキになってないわ!!!

 

青島を離れ向かうは、山東省の泰安です!

 

青島から泰安は、12時50分発、18時50分着の約6時間移動。

昼間の移動なので、硬座(イス席)を69元(1134円)で購入しました。

 

バックパックを荷物棚にあげようとしてたら、すっと中国男子が助けてくれました!

こういうところ、みんなすぐ助けてくれる。優しい!!!

 

このトレイはゴミ箱で、各ボックスにひとつは置いてあります。

 

元気に車内販売もしてます。お試しくれるから、楽しいです♪

隣になった中国男子は英語も話せたので、ちょっとだけおしゃべり!

 

一緒に泰山に登ろうかって話にもなったんだけど、この通り泰安は天気が悪くて・・・

 

「中国でわからないこととかあったらいつでも言ってね」

「ありがとうー!」

 

「もしご飯食べる人いなかったら、俺一緒に行くよ?」

「あはは、大丈夫!適当に食べるから!お友達と楽しんで〜♪」

 

「バスはあの辺から出てると思うけど・・・」

「あ、スマホで調べたらあそこから出てるみたい!」

 

「俺、明日泰山行くけど、一緒に行く?」

「んー、明後日に天気が晴れになるから明後日にしようかな!」

 

「なんか、君ちょっとスペシャルだね」

「えっっ!?( ̄▽ ̄;)」

 

聞いてみると、賢く自分の意見を持っているらしいです。

一応、ポジティブな意味で言ってくれてるみたいだけど・・・

 

やばい、「こっちの方が要領いいからこうする」が強く出すぎ!?

可愛げのかけらもない!!!

わたしが必要なのはそんな計算高さじゃなくて、隙ここにありますよだからトニーいつでもカモン力なのに!(´Д`;)

ひとりで旅すればするほど、どんどんひとりで生きる力が・・・

 

ってなわけで、完全に天気重視で、ひとり登山開始です。

しょうがないよね?山目的だもんね?(*´∀`)

 

中国は人多すぎだから、なるべく人のいない時間帯をと思って、朝の5時45分頃に宿を出たのですが、そんな淡い目的は中国では通用しないみたいです。

 

余裕の表情で、朝ごはんをもぐもぐ食べながら。

ふっ、山登り余裕っすな(宿出てまだ3分)

 

泰山の朝日を見るのも有名で、ちらほら汗だくで降りてくる人も見かけます。

朝日を見るためには夜22時頃に出て、6時間くらいかけて登るらしいです。

もちろん、そんな激しめのをやるわけがない!

 

こちらが、入り口の泰山の入り口の紅門!

ちなみに中間地点である中天門までは、バスか徒歩で行くのですが、徒歩だと2時間らしいです。

2時間ね・・・まぁそのあとはケーブルカーで行くから、2時間くらいやってやりましょう!

 

一応、景観を気にして、ゴミ箱は自然系になっているらしい。

 

10メートルごとくらいにある。中国ゴミ箱多すぎだと思うの。

 

15分くらい歩いたところで、チケット売り場を発見!

 

チケットは、127元(2094円)でした。ぶんどってきますな。

それでははりきって・・・

 

世界遺産の泰山、山登りスタート!!!

 

五岳の中でも最も重要と考えられているこの泰山は、標高1545メートル。

海抜はほぼ0メートルのところからスタートし、なんと頂上まで・・・

約7000段の階段を登らなければならないのです。

人間って、7000段も登れるんでしょうか?無理と思う(*´∀`)

 

それでは、泰山の素敵な景色を写真でお楽しみください〜♪

 

階段。

 

階段。

 

階段。

 

階段。

 

階段。

 

階段。

 

階だ・・・

って、なんだよおおこれええ(´;ω;`)

つっ、つらい!!!めっちゃつらいんですけど!!!階段修行!!!

 

心臓をばくばくさせながら、汗ダラッダラで、踏ん張りまくって階段を登る・・・

やっぱり、わたしにはわかりません。

なぜ人は、高みを目指すのか。

バカだからとしか・・・(バカとなんとかは高いところがお好きっていうし)

 

さっそく水が一本なくなったので、キンキンに冷えた水を地上の2倍以上のお金で購入しました。

頭の中で「キンッキンに冷えてやがるっ・・・!」が、藤原竜也さんバージョンで流れまくってます。

もうやだ、絶対これ、ケーブルカー使う!!!

 

ケーブルカーはなんと、片道100元(1640円)というぶっ飛び価格。

登りも下りも乗ると200元ですが、そこはお金で解決できるものは解決する、極力つらいことをしたくないわたし。

堂々とかまうもんか!

 

と、心に誓っていたところで、ふと気付きました。

 

あれ、わたし、そんなに現金持ってきてたっけ・・・?(*´∀`)

 

おそるおそる、財布を開けて中身を確認してみます。

結果から言うと・・・

 

150元しかない。

 

片道しか乗れない!!!(´;ω;`)

 

宿を5時45分に出てから約1時間45分が経った、朝7時半。

やっとの思いで、中天門に到着です!

ひいい〜〜〜、ものすっっごく疲れた・・・!(´Д`;)

 

トイレ休憩。

 

さて、ここからは、2〜3時間さらに急な階段を歩いていくか、それとも悠々と見えるあのケーブルカーで行くか。

もちろん、めちゃくちゃ疲れてるので、ケーブルカーの一択です(*´∀`)

そんで、下りは歩いて降りてこればいいんだ!

 

中天門のあたりは、ホテルやお店がたくさん。

ここまでバスで来たのであろう人たちもたくさんいたので、一気に人数が増えました。

特に家族連れが、ものっすごく多い。

そして、その子どもも、大人も、年配の方も、その多くの人たちが、歩きコースへ向かっていくのです。

 

ふむ・・・

 

右手には歩きコース、左手にはケーブルカーコース。

中間には、極力つらいことをしたくないわたし。

 

おしっ。

と、イヤフォンを取り出し、スマホにセットして・・・

 

気分上々↑↑(*´∀`)

 

ちくしょーーー!!!やってやるんだ!!!

登り切ってやります、階段7000段!!!

みんながんばってるのに、頑張らないわけにはいかないよ!

 

天からお迎えが来ませんように・・・

 

再び心臓をバクバクさせながら、汗をダラダラかきながら、足をガクガクさせながら、必死に階段を登り続けました。

 

気の遠くなるような距離に、小さく頂上が見えて。

 

こんな階段の中を、あんな荷物を抱えて運ぶおっちゃんたちに、感銘を受けて。

 

急階段をずっしりずっしりと登っては、

 

ちくしょう、お子ちゃまたち余裕のゲーム休憩だな!と、ゼエゼエと休んで。

 

ハンター第一次試験のキルアのようにささっと駆け抜けていく子どもの後ろ姿や、

 

なりふり構わなきゃまだまだいけることが分かったからなぁ!というレオリオのようなおっちゃんの後ろ姿に励まされ(誰ですかって人は、漫画HUNTER×HUNTERを読みましょう)

 

ふうっ、汗ベッタベタ!!!

 

無心で登った?

全然、無心じゃなかったよ!

 

ものすごくいろんなことを、考えて、考えて、考えて。

 

自分の中の思いを見つけて、それをかみしめながら一歩一歩。

 

ひーー、その仕事、命がけすぎやしませんか!

 

振り返れば、遠くの山々の重なりがとても綺麗で、ずいぶん高いところまで来たなぁと。

 

あと、少し、最後のちょっと!!!

 

紅門近くの宿を出発してから約4時間15分。

朝10時に、南天門に到着ー!

ウワーーーン、やったよーーあたまの中無理で埋め尽くされてたよーー(´;ω;`)

 

泰山の頂上はどうなってるのかなぁと思ってたけど、お参りする人が多いみたい。

 

めちゃくちゃ暑くて汗かきまくりだけど、天気が良かったことだけが救い!

 

頂上はこのように、街のようになっていました。

 

山の上の街、ちょっとわくわくするね!

 

あら、なんかこの雰囲気・・・

 

チベット旅を思い出すような感じだ。

 

あの道はどこに続くのかとか、考えたくない・・・

もう歩けない!!!

 

って、思ってたんですけど・・・

 

あれって、もしかしてもしかしなくても、もっと上がある系ですよね?( ̄▽ ̄;)

 

そうなんです!実際の頂上はもう少し先に行った・・・

玉皇顶(玉皇頂)と言うところ!

えええ、もう歩きたくないよーー(´;ω;`)

 

でも、ここまできたら行くしかない、行くしかないのです・・・ううう。

 

気持ちのよく、面白い眺め。

 

お子ちゃまが滑り台して遊んでました。

 

足ガックガクなんですけど、まだですかね。

 

各時代の書が刻まれる有名な岩を、横目でさらっと眺めつつ・・・

 

もう少し・・・!?

 

やっと到着!!!

 

と思ったらこれもまた違くて。笑

 

あーーー、本当にどれだけ登るの!

 

今度こそ到着、玉皇頂です!

 

なんだか、雰囲気が他と違くて、熱を持ってる!

 

このように、鍵をここにかけるのが人気のようで、たくさんの古さびた鍵もありました。

 

そこからの眺め。

よし・・・・

 

満足した!笑

他にも色々あるらしいけど、頂上だけで十分です!!!

 

あの道を来たかと思うと、ぞっとするなー( ̄▽ ̄;)

そのあと1時間くらい、頂上でふらふら、アイスを食べたりしながら休憩して・・・

え?ケーブルカーで降りる?

そうそう、ケーブルカーで降りるんでしたよね!

 

いやいや、もちろん歩くでしょーう!(*゚∀゚)=3

夜行列車の時間17時まで、まだまだ余裕があるし、ここまできたら全部徒歩で行ってやるぜい!!!

下りは心臓がばくばくしなくて楽チンなので、すいすいすいっとな〜(*´∀`)

 

って、こうやって調子に乗ったのが、完全に次の日の体バッキバキの原因なんですけどね。

下りの方が次の日にくるって知ってたのに「全部足で行っちゃう!?」って調子に乗ってたあのときのわたしを引きずって、ケーブルカーまで連れて行きたい。。。

 

でも・・・

 

下り2時間半後の至福のシャワー+ご褒美ビール♡

なんっっっって幸せなのでしょう〜〜〜ううう!!!

山登り決してやりたくはないけれど、でもこの瞬間の幸福度のためだけに頑張れるような気がしつつ、でもやっぱりやりたくない。

 

ハーーー、お疲れ!もう山登りません!!!笑

 

中国飯をゆる〜くご紹介

*モチモチセサミボール(ソーセージと合わせて5元/82円)

これなんていうんでしたっけ?朝ごはんの屋台に並んでいたので買ったんですけど、モッチモチしててめちゃくちゃ美味しい!!!

 

*ソーセージ

セサミボールの隣に並んでて、一本だけ欲しかったのに、2本買っちゃいました。あれ?

 

*ピリ辛豆腐と白飯(18元/295円)

麻婆豆腐を頼んだつもりが、ただの辛い豆腐をオーダーしてしまったようです。なかなか難しい(笑)

 

*朝ごはんのパンと黒おかゆ(5元/82円)

黒おかゆ見た目がアレだなあと思って避けていたけれど、優しい味で、塩をちょろっと入れて食べたらかなり美味しかったよー!

 

*Caffe Beneのコーヒー(32元/526円)

韓国のカフェらしく、いろんなところにあります。高めだけど、綺麗だしWiFiを使ってブログ書いたりする時に便利。コーヒーも美味しい♪

 

*エビの唐揚げ(48元/790円)

エビの炒め物みたいな感じかと思ったんですけど、揚げ物でした。エビは大好きだし、ものすごく美味しいんですけど、一人でこの揚げ物全部はきつくないですか?きつかったです(完食)

 

*泰山の名物料理らしい

食べてないけど、一応載せとくね。

 

*登山ご褒美で鳥の何か(30元/494円)

超美味しかったけど、超味濃かった!ビールグイグイ!

 

*登山中に食べたアイスたち

疲れすぎてるんじゃい。

 

中国のご当地ビールをゆる〜くご紹介

泰安ビール!一本4元(65円)でレストランでオーダー。なんとアルコール度2.5パーセントという、ジュース的飲み物!ライトビールって飲んでも酔っ払わないから結構いいかもしれないと、最近思い始めてきました。昼に飲むと頭痛くなるんですけど、ライトビールならならない!昼に飲まなきゃいいって話ですけどね。

 

泰安の宿情報

Tai Shan Men International Youth Hostel

住所:No 89 Hong Men Road, 泰安, 271000,中国
料金:8人用女性ドミトリー/一泊48元
部屋:無料wifi、エアコン、ホットシャワー&トイレ部屋中、ロッカー

エアコンが効いててすごく良かった!泰山徒歩登山の入り口、紅門の本当にすぐそばにあるので、山登りには超便利なロケーションです!スタッフさん英語話すし、ランドリーはなんと無料。ただレストランとかは、近くにあんまり無いですよー。ルービックキューブの天才と日本語を話せる中国おばちゃんと同じ部屋で、めっちゃ癒されました♡

 

★1元=16.4円

AD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)