コモド島のピンクビーチでのんびりな時間を過ごそう

素敵なコントラストで、のんびりと♪


AD


 

ロンボク島からコモド島へ行く4日間ボートツアー、3日目!

続いて、マンタ・ポイントへとやってきました!

クルーたちが、船の上からマンタを探します。さあ、いつでも来いマンタよ!

 

「・・・・・あ!あそこ!!!」

『おっしゃああああああ!!!』

 

(一斉に)ザッパーン!

 

マンタ!マンタどこー!!!

 

・・・・ザバっ。

 

「マンタ見れた!?」

「いなかった。。」

「えー、ちょっと移動するかーうーん・・・・あ!あそこ!!!」

『おっしゃああああああ!!!!』

 

(一斉に)ザッパーン!

 

マンター!!!どこなの返事をしてーーー!!!

って、透明度低っ!(((((( ;゚Д゚)))))

見えん!なにも見えんぞ!!!

 

・・・・ザバっ。

 

「マンタ見れた!?」

「いなかった。。」

「ええええ」

 

これを3回くらい繰り返したんですけど、わたしは見ることができませんでした。

てかここ、たくさんのマンタがいるポイントじゃなかったの?( ̄▽ ̄;)

 

どうやら、他の人が一斉に飛び込むのに気圧されて、マンタが逃げちゃうみたいです。

まあ・・・いっか(早々に諦める。笑)

 

あああ!!!?(((((( ;゚Д゚)))))

 

帰ってきたら、角度によってはかっこよくなるグラサンが、お亡くなりになってました!(((((( ;゚Д゚)))))

だ、誰だーー!!!

 

まあ形あるものはすぐ壊れますからね、ってことで、0.5秒で立ち直ってランチ。

さらばだ、角度によってはダサいグラサン!

 

「あーーーー!!!アルフレド、ビール飲んでる!!!」

「へへ〜♪」

 

いや、待って、確かに今、船がまっっっっったく揺れてない。

もしかして、これはチャンスなのでは・・・!!?

 

ってことで、ついに!念願の!初!ビールー!(*゚∀゚)=3

この時をどんなに待ち望んだことか・・・!!!

ビールが眩しい・・・!キンキンに冷えてるよ・・・!!!

 

亀さん島〜♪

 

いい天気の中看板に出て、アルフレドと乾杯しながら、とことんおしゃべり〜♪

これだよ、こういう船の楽しみ方がしたかったんだよー!(´;ω;`)

 

すごく幸せな時間を過ごしていたところ・・・

 

どうやら、そろそろコモド島のピンク・ビーチに降り立つようです!

ビーチの砂がピンクなんだってー。

ふーん、まぁちょっとピンクに見えるかなくらいか?(嫌な大人)

 

と同時に、お土産屋さんの船に囲まれます。

 

木彫りのコモドドラゴンや、マンタの骨で作ったネックレスなどを、売っているらしいです。

 

「それより、あそこのビーチまで行きたいんだけど、ちょいとのせてくれない?」

「えーーー!コモドドラゴンはー!?」

「お菓子とか食べ物はないの?お菓子が欲しい!!!」←むちゃくちゃ

 

のせてくれました。笑

「お菓子仕入れて戻ってくるから、後で買ってね!」って!買うよー!

 

ピンク・ビーチに到着ー!(*´∀`)

みんなは、船からシュノーケリングしながら上陸してました。

もうわたしは泳ぐ気一切ないので、水着も洗って干しちゃってます。

 

ほら!やっぱり砂が、なんとなくピンク!

 

全部の砂がピンクなわけでなくて、ところどころピンクの砂が混ざってるみたいですねー。

 

それにしても・・・

 

水がますます透明!!!

泳ぎたいなーと思うけれど、いろいろ諸事情ってのがね・・・( ̄▽ ̄;)

 

ぼーっとビーチを眺めていたのですが、日差しがものっっっすごく強いので、日陰を探してウロウロ・・・

オランダ人クンとアメリカ人ハーレーが、日陰ぼっこしてるのを発見!お、仲間!

 

「クンもハーレーも、泳がないのー?」

「もう泳ぎ終わった。笑」

「肌が白いから、やけすぎると困るんだよ。。」

「なるほどー。わたし、荷物の中にビール入れたんだー。ビールまちー♡」

「俺はウイスキー入れたぜ!!!」

「は、ハーレー!いつの間にそんなものを手に入れて・・・!!!」

(何か荷物が欲しい人は、カゴの中に入れておくとクルーさんが届けてくれるのです)

 

クンとハーレーだけでなく、ロナルドも合流〜♪

ビーチサイドで、お酒を飲みながらおしゃべりしまくりました。

 

っていうか、ロナルドが本当によーーーくしゃべる。

ポケモンのことから旅、恋愛、歴史、そして政治のことまで、冗談を交えてクルクルと。

世界のいろんなことに興味があって、そして、超!ダイレクト!なのです。

 

最終的にはアメリカの銃社会の話になってて、アメリカ人のハーレー、タジタジ(笑)

アメリカ人とやりあって言い負かすなんて、こやつ・・・

 

「ねえ、討論好きでしょ?」

「はは、大っっっ好き!」

「うちの家族と同じだわ・・・」

 

しばらくお酒を飲みながらのんびりしていたのですが、次のアクティビティに向けてボートに戻ります。

子ども達がパワフルに遊んでる姿は、こっちまで元気が出るよー(*´∀`)

 

みんなの順番待ちを、ボートからパシャリ!楽してすみません。笑

 

そのあと、今日の宿泊場までまたまた移動ー!

なぜか今日は船の揺れが少ないので、みんなノリノリです〜♪

 

「これ、試してみる人ー!?」

 

オランダ人のクンが持ってきた、私物。

なにこのパウダー?

 

パウダーを口の中に入れて、すかさずウォッカを口に含みます。

 

そして顔を横に振って、シェイーーーク!!!

なにこの飲み方。

しかも、みんなめっちゃ楽しそう。笑

 

大量にパウダーを持っていたので、順々に回ってきました。

そういうことなら・・・

 

はいはいはーい!わたしもやりまーっす!(*゚∀゚)=3

船が揺れてなければどんとこいなのさー!(すぐ調子に乗る)

 

「村まで行く人いないー?」←客引きさんたち

「村?」

「近くにコモド村があるんだけど」

「えー!行く行く!インスタントコーヒーとかお菓子とか買いたい!」

「一人25,000ルピアねー」

「えーーー!お金取るのー!じゃあいいやー」

「そんなこと言わずに、村、行こうよ〜」

「20,000ルピアに負けてくれるなら行くよ」

「・・・・オッケー!君だけ特別ね!でも、他の人には言わないでね!」

「おー、アジア価格♡」

 

というわけで、ちょっとおまけしてもらって、コモド村まで!

ちなみに残る人は、船の中からたくさんのムササビが飛ぶ光景が観れます。村かムササビかって感じ!

 

たどり着いた村は・・・

 

小さな小さなアジアの村という感じで。

子どもがたくさんの村は、なんだか温かくて懐かしくもあったり。

 

でもね・・・

 

この村に行く時に、衝撃的なことが起きて。

そのことばっかり、頭の中をぐるぐる回っていたのです。

 

「わたし、日本人大っ嫌いなんだよね。」

 

夕日を見ながら二人きりの場所で、面と向かって言い放たれた言葉。

そんな瞬間、ここまで4年近く海外にいて、初めてでした。

こんなはっきりと、日本人が大嫌いだという人と話したのは。

 

次回は、そんな世界の事実に直面した話。

インターネットが微妙なところにいるので、少し更新が遅くなってしまうと思いますが、読んでもらえると嬉しいです。

それでは、またねー!

 

★10,000ルピア=83円

AD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

2 Responses

  1. kou
    kou 2017年5月8日 at 2:55 PM |

    みさpと、青い海、ビール、絵になりますね。(*´ー`*)

    Reply

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)