中国人なら誰でも知ってる青海湖

ここです。テストに出ますよー。


AD


 

おはようございます。

 

ついに、ホットウォーターボトルを手に入れてしまいました(*´∀`)

スーパー(超市)ならどこでも売ってるし、20元(330円)という激安です。

中身はよくわからないけれど、この辺で有名なフルーツティー。

めっちゃ美味しい!なんでもっと早くこれやらなかったんだろう!!!

 

まぁ、ちょっと横にするだけで、漏れるんですけどね。

なんなら、飲んでる段階で漏れる、安心安定★メイド・イン・チャイナ。

 

さて、今日は西寧を離れ、エリックと、宿で新たに捕まえた中国女子2人と・・・

中国最大の塩湖、青海湖へと行ってきます!

中国人なら誰でも知っているこの湖。テストに必ず出てくるらしいので、みんなテンションがあがってます。

日本でいう、琵琶湖のようなものとみた!!!

 

そして青海湖は、海抜約3200メートルの所にあるので、高山病に注意!

わたしは同じく標高の高いウイグル自治区のタシュクルガンに行ったり、2200メートル付近にある西寧にも3泊していたので、なんとなく体が慣れてきているような?

 

昨日西寧に来たばかりの中国女子大生ワンちゃんは、なんだか頭痛がするそうです。

き、気持ちわかるよ!わたしの高山病の薬をお飲みなさいな!(´;ω;`)

 

田舎はやっぱりまだこんな感じ・・・残念。

 

エリックの車で、どんどん山道を走ります〜♪

ちょっと、天気が良くなってきたかな?

 

おっちゃんが、ぼーっと山の方を見ている横を通り過ぎながら。

 

「うわー、なんか、かっこいいね・・・」

「うん、かっこいい!!!」

 

中国女子の2人、ワンちゃんとクリスティは、英語が専攻だったり、英語を使う仕事をしていたりと、英語を使うことに抵抗はなさそう。ありがたいーー。

でも誰よりも話すのは、やっぱりエリック!

同じ国の人の前で英語を話すのが恥ずかしい、って人も多い中・・・

やっぱ、これが一番の近道ですよね!彼、絶対ぐぐんと伸びるタイプだと思う!

 

西寧から青海湖に行く道も、ものっっすごく絶景!

 

この雲がモクモクしている感じ、薄くもやのかかった感じ、素敵すぎます・・・

中国の広大な土地の中に、一体いくつ絶景があるんだろう。

 

「オーストラリアはこんな感じ?」

「どっちかというと、ニュージーランドかなぁ」

「あぁ、いいなぁ〜、NZ車旅も俺の夢なんだ〜」

「ニュージーランドも羊ばっかり食べるの?」

「チキンもたくさん食べるよー、あとフィッシュ!」

「そういえば俺、日本にも何回か行ったことが」

「え!?そーなの!?」

「中国で一番好きだった街はどこ?」

「えーっと、重慶かな!」

「あー、料理が最高だよね!超辛い!」

「あとメトロと道が交差してる街並みが〜」

 

車内、盛り上がって楽しいー!

でもみんなが話したがるから、慌ただしいー!笑

 

とか言ってたら、いきなり・・・ヒョウ!?(´Д`;)

 

「なにこれー!ガラッと景色が冬になったんですけど!」

「青海省は1日に四季があるっていうけど、本当にそうだね!」

「うわー、ヒョウ初めて見たー!!!」

「かっこいいー!!!」

「車洗車できて嬉しー!!!」

 

みんな好き勝手に色々話すんですけど、誰が聞いてるとか、誰が話してるとか、気にしないのかな(笑)

だいぶかぶってるので、わたし聖徳太子状態なんですけど。

 

途中で、ヨーグルトを売っているところがあったので、立ち寄ることにしました。

チベットのおばちゃんのお店みたい!

 

おばちゃんお手製、超フレッシュヨーグルト!

ひー、めっちゃくちゃ美味しい〜〜!(*゚∀゚)=3

濃厚な感じではなく爽やかで酸味があるので、お砂糖をかけて食べるのですが、それが超いい感じのバランス!

やっぱり青海省の新鮮ヨーグルト、おいしすぎるよー♡

 

寒いって言ってたら、暖炉(?)を強くしてくれました。

 

なんだか家に見えるけれど、おばちゃんは違うところに住んでて、これはお店なんだとか。

 

「いいなぁ、直接コミュニケーションが取れるの〜」

「まぁ、チベット人の中国語、相当難しいけどね」

「結構、分からないよ〜」

 

再び青海湖に向けて、出発!

 

「チベット語でありがとうって、なんていうんだっけ?」

「地域によって違うけど、俺のところは〜・・・」

「そんなんだったかなー、なんか違ったような・・・」←聞いといて疑り深い。笑

「友達、チベット人なんでしょ?聞いてみたら?」

「あ、そうだね。聞いてみよーっと♪」

 

メッセ送ってみたら、「トゥ ジェ チェ」だって。

そんなんだったかなー・・・覚えてないわ。笑

 

「それラサの言い方かな。俺のホームタウンとは違うなー」

「へえ〜、ってことは、彼はチベット自治区出身なのかな?」

「わからないけど、って知らないの?」

「うん、お恥ずかしながら、チベットに方言あるって知らなかったから」

 

お馬さん、オープンカー仕様で気持ち良さそうと思いきや、すごいストレス溜まりそう!

 

ていうかね・・・

青海湖も当然のように、バカ高い観光代がかかります。

湖に近づくためには、いくつかあるゲートから行くんですが、オーナーさんが所有している土地を通り抜けなきゃいけないから、入場料がかかるんだそうです。

なんだそのシステム!もう!

 

でも、公式ゲート(?)じゃない、このようなローカルの土地から入ると、ローカルとの交渉次第になるので、安く近づけるらしい!

わたしたちっていうか、主にエリックくんが交渉してくれて、安く通してもらえることになりました。

 

「やっぱり中国語、いいなぁ〜〜」

「あのチベット女性、全然話せなかったけどね!」

「でも、彼ら中国語は聞けるんだよね」

 

というわけで・・・

 

青海湖に到着ー!(*´∀`)

名前の通り、海が青いーー!!!

 

わー、なんか素敵だねー(*´∀`)

っていう、わたしののんびり具合とは全く違う温度で、中国ズはパシャパシャと写真撮りまくりです。

でも、わかる!やっぱり、学校で習ったやつは実際に目の前にすると、テンションあがるよね・・・!

わたしも、高床式住居とか三角州とか扇状地とかましてやカルデラ様とかめch(略)

 

やたら、大きな鳥がおります。井戸端会議中。

 

みんなで記念撮影ターイム!

 

「はい、そこに並んでー。もっと間隔あけてー。」

 

せんせー、このスカーフ、どうしたらいいんですかー?(*´∀`)

とったどー感しか出てない!

 

広げるの!?オッケー!あとは!?どうしたらいいの!?

 

アッハッハ、楽しーー!

 

ちなみにこれは、かなりの枚数あるボツ写真のうちの一つです。

どうしたらこんなおもちゃ感出るんだい。

 

「はい、こっち向いてーー!」

「ハーーイっ」

 

くるっとな!

 

「おおー、さすがチャイナのポージング指導!」

「いっぱい撮ったから、何枚かはいいのあると思う」

「大半は、ギャグだなこりゃ・・・」

 

天気が曇りになると、湖の色も変わります。

 

乗馬の商売をしている人たちもいました。

かっこいいけど、馬と言えばやはりモンゴル王子なのは譲れないよ!!!

 

「馬乗らないか?って言ってるよ〜」

「いやー、わたしはいいや。それよりもあそこに乗るから、ちょっと写真撮って!」

「え?・・・そこ?(笑)」

 

こういうちょっとした出っ張り、すごい好き。あったら乗る。笑

 

バカと煙は高いところがなんちゃらの図、ですけどね。

ふう、めっちゃ撮ったわ!!!

 

「そこよりこっちの方が・・・」

「いや、もうここがいいです(笑)」

 

天気が怪しくなってきたので、車に戻ったら・・・

 

一気に、超快晴に!

青海省、やっぱりくるくる天気が変わるんですねー。車でぐるっとドライブ〜♪

 

9月の上旬、菜の花畑がスゴーーーーーク綺麗!!!

 

なんですけど、ここに行くのもオーナーさんに入場料を払わなきゃならないっていう ( ̄▽ ̄;)

それぞれの場所ごとに、こんなにガチガチにお金払わなきゃになってる湖って、もはや逆に珍しいわ。

 

青海湖から走らせて、さらに青海省を西へ、西へ。

エリックたちは大きくぐるっと青海省をラウンドするみたいですが、わたしはあまり時間がないので、行けるところまで行って、電車で西寧へ戻るつもりです。

どこまで行けるかなぁ・・・

 

ちなみに、この日の走行距離・・・

500Kmらしいです。

一日中運転していたエリックくんは疲れすぎて、夜になるにつれて「英語なにもでてこん」ってずっと言ってました。笑

ありがとう!ゆっくり寝てねーー!

 

中国飯をゆる〜くご紹介

*朝ヌードル(10元/164円)

やはり朝はヌードルらしい。めちゃくちゃ美味しいけど、米派です。

 

★1元=16.4円

AD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)