サハラ砂漠ツアー – おまけ –

 

出発したときと同じ例の豪華なホテルに帰ってきました!

このプールがあるところです。

 

「あ、ハッサン~!いつのまに戻ってきてたの?」

「ささーっと帰ってきたんだよ。シャワーあびる?」

「えー浴びれるの!?」

「もちろん!この部屋使っていいよ~♪ 冷房も効いてる!」

 

なんと、この豪華ホテルの一室を休憩所として使わせてくれました!

これはありがたいサービスー♡

 

わたしが先にシャワーを浴びてるあいだ、冷房の効いた部屋でまりちゃん気持ちよさそうに爆睡。笑

そうだよねえ~、もうずっとハードに動いてるから、わたしもくたくた。。

 

こうして二人ともシャワーをしっかり浴びて、今日泊まる宿を決めようと思ったのですが、ネットが全然使えなくて、宿が探せません。。

しょうがない、受付のスタッフに聞くしかないかなぁ。

あと、ツアー料金も払わないと。

 

「ハロー、ツアー料金はここで払えばいいの?」

「ラクダツアーどうだったー?」

「うん、すごくよかったよー!」

「そりゃよかったー!」

「ツアー料金400DH(5,160円)だよね?」

「いや、490DH(6,320円)だ。」

 

え?

 

「・・・ハッサン400って言ってたんだよね?」

「うん、言ってましたよ。。」

「ハッサンから400って聞いてたんだけど。」

「このツアーが400なわけないだろ、490だ!」

『え~~~~聞いてない~~~~』

「ちょっとハッサー・・・」

 

あ、ハッサン、すごい慌ててる。。

彼にはどうにもできないってことか・・・

あーーくそう、最初にこのメガネに確認しておけばよかった。。

 

「90DHくらいなんてことないだろ、日本人なんだから。」

 

でたーーー。そういう、ただのお金の話じゃないんだよ・・・

なんかツアーはよかっただけに、このやりとり残念。。

 

「で、宿はどこに泊まるんだ?ここに泊まっていけよ!」

「ここいくらなの?」

「ひとり400DH(5,160円)だ!」

「無理だよ、高すぎるよ~」

「高くないだろ!日本人はみんな金持ちなんだ!」

「あなたの方がわたしより金持ちだと思う。。」

「どこの宿に泊まるんだ?」

「うーん、◯◯ってところ知ってる?」

「知ってるけど、そこも同じくらいだぞ。」

「50DH(650円)くらいって書いてあったよ。」

「んなわけないだろ!っていうかお前、そんなところに泊まるの!?」

「うん、いつもそんなかん・・・」

「そんな値段で泊まる日本人なんてみたことない!信じられない!ほんと日本人?

 

あ、あのねえ、

 

「ちょっと中心部の方まで行けばそういう宿結構あ」

「わたしはここで生まれ育ったんだ!そんな宿はない!」

「さっき◯◯知ってるって言ったじゃん!もうそこに行くよ!」

「いいよ、お前はさっさと行け!マリはここに泊まるよな~♡」

「学生だからそんなお金はないってば。」

「いやいや、日本人は学生だってお金持ってるぞ。親は何をしてるんだ?」

「もういいよ、ハッサンと一緒に出ようよ。はい、490DH。」

「あ、あとハッサン宅からの送迎代が・・・」

「それツアー代に入ってないのかい!!!」

「なんでお前そんなケチなんだ?マリを見習え。マリはここに泊まるんだぞ♡」

「いや、だからわたしもそんなお金払えんっていってる!ありえんこいつ!!!」

 

はあ、、

 

「なんかこいつまじないですねー(*´∀`)」

「うん、すんごい腹立つわあー(*´∀`)」

「もー、ここのホテルの名前なんていうの?」

「お!!!他の人に紹介してくれるのか!?」

「してほしいの?いいよ、ブログに書いてあげましょう。」

「いいな!これが名前だ!頼んだぞ!良く書いてくれよ!」

 

えっ、この流れで良く書いてもらえると?笑

なにその感覚!!!

これが、モロッコがうざいと言われる理由なのですか?

 

まぁ書いたりはしませんけれども。

モロッコではこのくらいのことはどこでも起こりそうだし、満足する旅行者もたーくさんいると思うし、ツアーは良かったし!

 

Kasbah des dunes
▼Hassi Labied, Merzouga 52202 モロッコ
▼free wifi, restaurant, bathroom and shower inside, double room, 一泊50DH(650円)
▼部屋にトイレとシャワーあり。バスターミナルまでの送迎が無料だそうです。ここでも同じツアーが申し込めます。300DHなのでだいぶお得!オーナーさんは、めっちゃネットでアピールしといて!って言われまくったけど、すごくフレンドリーな方でした♪ 食事も別料金で頼んだのですが、一生懸命用意してくれたしおいしかったです(朝食25DH、夕飯いくらか忘れちゃった…)wifiは部屋の中までは届かず、共有スペースで拾わなければなりません。

 

こうしてハッサンが宿まで送ってくれて、無事今夜の寝床に着いたのでした。

あーーーー、最後が長かった。。

 

「・・・み、みさき。」

「あ、ハッサン。」

「その、なんか揉めてたね・・・?」

「あーー、うん、まぁ、、」

「ごめん、俺、マリやミサキには、ハッピーになってもらいたいんだけど・・・」

「うん、わかるよ。大丈夫、ツアー楽しかったよー!ありがとう!」

 

ハッサン板挟みやん。。

お金の真相は定かではないですが、ハッサンのこと考えるとなんとも ( ̄▽ ̄;)

 

モロッコ飯をゆる~くご紹介

*朝食(25DH / 320円)

やっぱりこのモロッコのパン。小さなタジンに入っていたのはジャムやバター!かわいいです。

 

*夕食

タジン鍋を作ってくれました♡いくらか忘れちゃった。モロッコのビールも一緒に頼んだのですが、今日は夜遅くにならないと手に入らないとのことで断念。や、やばい・・・

 

★1ディルハム=12.90円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!