サハリン銀河鉄道の終着駅ノグリキへの旅 – 前編

銀河鉄道の〜、よーる。


AD


 

ことの発端は、サハリン(樺太)2日目。

 

おはようございます、ロシアの革命家レーニンさんです。

 

ユジノサハリンスク駅前は、このようにレーニンさんの像や、ちょっとした公園のようになっています♪

 

そして、やってきたのが、ユジノサハリンスク駅。

 

サハリン(樺太)に来たからには・・・

やっぱり、サハリン鉄道に乗りたーい!(*゚∀゚)=3

ってことで、前日にチケットを買いにやってきましたー!

 

ユジノサハリンスクから終点駅のノグリキまで、613キロを夜行列車で行っちゃいます!

このサハリン(樺太)鉄道は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の着想を得るものになったと言われているらしいですよー。

なので勝手に、サハリン銀河鉄道と名付けました!

テンション上がるから。

 

ノグリキからはバスで、サハリン最北端の町オハというところにも行けるのですが、南から船で抜けたいので、今回は泣く泣く往復チケットを購入・・・

でも、オハではツンドラの上でトナカイ遊牧をしている光景が見れるらしい!!!

めちゃくちゃお会いしたかった、ツンドラ様ーー(´;ω;`)

 

駅の中にある時刻表です。

1番と603番が、ユジノサハリンスクからノグリキに行く電車。

 

帰りは、2番と604番がノグリキからユジノサハリンスクですね。

時刻はtutu.travelからも見れるんですけど、モスクワ時間なのでビーケアフルです!

てなわけで・・・

 

  • 行き – 1番の22:42発10:25着
  • 帰り – 2番の20:50発8:50着

の3等席を、超スムーズに購入ー(*´∀`)

合計は約4,000ルーブル(7,545円)で、ノグリキ滞在は約10時間!

 

あれ?ロシア語なのにこんなにスムーズにチケット買えるの?

って思ったみなさん。正解です。

 

宿にロシア語の話せるニュージーランド人がいて、助けてもらいました!(´;ω;`)

横で彼らのやり取りを聞きながら、これ果たしてチケット一人で買えるんだろうかインポッシブル、と震えるわたし。。。

 

兎にも角にも、無事チケットを手に入れたので、行ってきますよー。

宿でシャワーを浴びて、荷物も置かせてもらって、準備万端!

 

飛行機が飛んでいる、夜のユジノサハリンスク駅前。

夏なので日も長いし、怖い感じは全くありません。

 

ひっさびさの夜行列車!!!

う、わーーーー、超テンション上がります!(*゚∀゚)=3

 

窓からもれる、あの薄暗い明りがワクワク感を増幅させるんだよ・・・!

 

この待っている時間もワクワク!

しばらくして、切符確認が始まりました。

チケットとパスポートを見せて、自分の席の番号を覚えて、いざ中に突入!

 

て、テンションあがるーーーー!(*゚∀゚)=3

と同時にこの3等席の形は、インドのスリーパーの形と同じだということが蘇る・・・(笑)

 

えーーっと、わたしの席は・・・あった!

どうやら布団は、自分でどうぞ方式らしく、ドドンとつまれていたものをせっせと敷いて行きます。

ふふ、たのしーーー。

 

我が城の完成!(ふんぞりのポーズ)

タオルも付いてました!

若干シーツがきちんと敷けてない雑さは、どうぞお構いなく。

 

こうやって、2階席から見下ろすのが好きです♪

 

お隣さんの十代の女の子。

わたしたちが布団を敷くまで待っててくれる、下の席のおじさまたち。

荷物を抱えて、席を探す人たち。

 

みんなロシア人なのかなぁ〜。すごく、静かで、きちんとしてる!

わたしも見習って、気分を盛り上げるためなんとなくスマホに入れておいた、銀河鉄道の夜のあらすじみたいなものを読んで・・・

おおおお、カムパネルラー!(´;ω;`)←超単純

(オフラインでもダウンロードしておけばウェブさんとを読めるアプリ、Pocketを利用。これ超オススメです!気になるものはここに入れておいて、ネットがない時に読むという作戦〜♪)

 

ああ〜〜〜、ワクワクが止まらないよーー!!!

 

銀河鉄道のー、よ〜るっ♪

んふふ〜ふ〜♪ んふふふふ〜ふ〜♪

 

銀河鉄道のー、よ〜るっ♪

 

んふふ〜ふ〜♪ んふふ〜・・・ふ〜・・・

 

 

 

で、おはようございますノグリキ到着です(*´∀`)

超幸せなまま爆睡しちゃって、起きたらすっかり朝!!!

 

朝起きて気づいたんですけど、サハリン銀河鉄道、WiFiありました。

き、近代的だね!

 

長いので、後編に続く!!!

 

★1ルーブル=1.88円

AD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)