バリ島ひとり旅でもめげない!他の旅行者と一緒にタクシーをシェアして観光♪

ひとり旅の出会いはたくさんです。本当に!


AD


 
実はこっそりとドミトリーで、ケベック出身のカナダ女子と仲良くなっていた私。

朝早く起きて、支度をしていると、彼女も起きてきて・・・

 

「あー、おはよう!どこかに行くの?」
「今から昨日出会ったスロベニア人と、Rice Trace(棚田)とか見に行くよ♪」
「えー、それ・・・私も参加できるかな!?」
「ツアーじゃなくて、車貸し切ってるからいけると思う!でもあと5分で出発、」
「大丈夫!(*゚∀゚)=3」

 

(3分後)

 

「オッケー、行こうっ!」
「いや、わたしまだ準備できてない。笑」

 

というわけで、本日は・・・

カナダ女子マリーと、スロベニア2人組、ジャンとダリンと行く、棚田リベンジツアー(私命名)へ!(*゚∀゚)=3

いやっほう!リベンジ!

 

ジャンとダリンは、違うツアーをすでに申し込んでいたんだけど、それをキャンセルして、タクシーだけ借りて滝へ行ったあと、クタの街へ行きたいみたい。

だから、ツアーをキャンセルする分、タクシーをシェアしてくれる人を探していたのです。

わたしは、今日はバイクを借りて一人で棚田を見に行くつもりだったけど、100,000ルピア(820円)でどうっていうから、それならと!(*´∀`)

 

で、昨日の夜ツアー会社にそれを提案しに行ったのですが・・・

 

「好きなようにプラン組めるけど、どこか行きたいところある?」
「もちろん!まず棚田に行きたいでしょー!あとはー!(*゚∀゚)=3」
「俺らは滝とクタだけでいいよなー」
「うん」

 

って、全然観光欲ないじゃん!!!( ̄▽ ̄;)

え?本当にいいの?滝とクタ以外、好きに決めていいの?

えーー、じゃあ・・・

 

まずやってきたのはBatubulanという村!

ここでは、BARONGという獅子舞のバリ芸能が見れるのです〜♪

昨日のタクシードライバーに、オススメしてもらいました!

毎日朝の9時半からやるみたい。チケットは100,000ルピア(820円)ですよー。

 

音楽でお出迎え♪

 

会場はこんな感じ。

まだ30分前だというのに、すでに前列の方は人で埋まってました。

会場に入ると、すぐ聞こえてくるのが・・・

 

ガムランというこの楽器のものすごく、ものすごーーーーく綺麗な音色。

心地いい・・・そうまるで・・・

聖剣伝説のような・・・!(*゚∀゚)=3

すみません、大好きなゲームの話です。

でも本当に綺麗な音色なの!これのCDがあれば、ものすごく欲しい!!!

 

さて、肝心のバロンは、どんなものかというと。

ケチャと同じく女性の指先・足先・表情、すべてを使ってのダンスもあったけれども・・・

 

どちらかというと、ストーリーがメイン!

ケチャの方が動きがあったので、ストーリーを追いやすかったけど、バロンはあまり動きがなく、英語の解説と見比べながら見ていました。

むむむ、難しい・・・!!!(´Д`;)

 

途中、ちょっとコメディ部分があって、英語で演じてくれたり♪

 

でもなんか、下ネタが多かったんですけど(笑)

いいのか、バロン。それでいいのか!?

 

興味深かったけど、ちょっと退屈(わからないので)なところもあったかな、という印象でした。

でも、演奏が本当に本当に心地よくて・・・

もう絶対あの音源、どこかで手に入れる!そして家で聞いてワンランク上の生活ごっこしたい!笑

 

続いてやってきたのは、スロべニア人たちの希望、Blahbatuhというところにある滝ー!

 

テンションが上がる、ダリン。

彼らはパーティーが大好きらしく、クタのクラブが超よかったからまた戻るらしい。なんと3回目。笑

 

こんなパーティーアニマルの彼らだけど、2人とも実はかなりしっかりしているんです!!!

興味を持ったインドネシアに関するいろんなことをドライバーさんに質問してたり、世界のことにものすごく詳しかったりするのです。

アジアのことや歴史も、ものすごくよく知ってる!

ヨーロッパ人は、わりとアジアの頃に関して疎いことが多いんだけど・・・

 

「いやー、すごいな。わたしはアジアを旅して知ったことなんだけど、なんでそんなに詳しいの?」

「because we are very educated!(俺らすごいいい教育受けてきたからな!)」

 

そんなはっきりと(笑)

スロベニアのイメージ、ガラッと変わるんですけど!!!

 

滝ー!(*゚∀゚)=3

 

水着持ってないから、テキトーにヨガウェアで。笑

どこかで水着買わなきゃーー!

 

みんなで一緒に滝の真下まで行って、なんか知らないけど、超〜笑いました。笑

ジャンもダリンもマリーも、みんないい人たちで、一緒にいてすーごく心地いい〜♪

そんな人たちと一緒にやるアクティビティーは、なんでも楽しい!(*゚∀゚)=3

あーーーーー、ラオス思い出すなーー。

 

そのあとは、ドライバーさんに頼んで、ライステラス(棚田さま)を見ながらランチ!

 

「オーマイガー、こりゃインドネシアで一番高いレストランだわ。笑」
「高いところはやだよ、って言ったのにねー!」
「まぁー、レストランからお金もらえんだろ」
「ドライバーが食べるところで、一緒に食べたいー!」

 

とか言いながらも、ちゃっかりオーダーしてしまう私たち。笑

昼からビールとか最高ーー、50,000ルピア(400円)もするけど!

 

ナシゴレンもだいぶ高級感漂うんですけど、こんなんでしたっけ?( ̄▽ ̄;)

70,000ルピア(560円)もした!

 

ここで、まーったりとおしゃべり♪

マリーは超フレンドリーで人懐っこいので、すぐにみんなに溶け込んでいました。

 

彼女は、カナダ人だけどケベック(フランスパート)出身で、母国語はフランス語。

ニュージーランドに行ってたこともあり英語も話せるけれど、ネイティブではありません。

 

ケベック出身者に会うのはこれで2回目ですが・・・

言葉が違うだけじゃなくて、やっぱりキャラクターも違う気がする。

私の知っているカナダ人って感じが、全くないなぁ。本人たちもカナダ人とは違うって言ってるし・・・

 

「えー!misaki、辛いの好きなのー!」
「うん、大好き♡」
「私ダメだわ・・・」
「パクチーも、超超超大すき!!!」
「無理ーー!私たち本当に好みが反対だわ!」
「あ、でも共通点あるよ♪」
「どこ?」
「常に笑顔なところーー♡」
「あー!えへへーー♡」

 

マリーちゃんくそかわいい・・・・!笑

で、ランチのあとは・・・

 

あ、長くなったから次回に続くんですが。笑

 

みなさん、準備はいいですか。

次回の記事で、ついに、ご対面ですよ・・・!

 

これぞバリ島のライステラス(棚田さま)に!(*゚∀゚)=3

 

みなさん、ティッシュ(鼻血用)を用意しといてくださいね!

めっちゃ興奮しますから!!!

あと、わたしの興奮を見て見ぬ振りする準備も、よろしくです!(*゚∀゚)=3

 

あー、なんで、茶畑といい、この子たちこんな魅力的なんだろ。

一面のグリーンがたまらんよー(*´∀`)

 

★10,000ルピア=82円

AD

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)