何もかもが素敵すぎる北欧スウェーデンの普通の暮らし

THE★北欧の暮らし。

 

おはようございます♪

昨夜はフレドリック家の一室を使わせてもらって、グーーーーッスリ寝かせてもらいました。ママもウェルカムだし、すごく居心地いい!

 

フレドリック家のペットちゃんです!

なんだろう、スウェーデンうさぎってだけで、凄まじく可愛さ増すんですけど。。

 

「朝ごはん食べるー?」

「あ、ぜひいただきたいですー♡」

「簡単ないつもので悪いけど、、」

 

その、簡単ないつもの朝食がこちらです。

 

簡単ないつもの朝食を作るために、ブロックチーズをチーズスライサーでスライスしているところです。

なんですか、そのチーズ専用スライサーは!!!初めて見たよ!!!(((((( ;゚Д゚)))))

 

「え、日本にはないの?」

「あるけど私は使ったことないよ!てかブロックチーズって!」

「いつもだよなあ」

「うん、いたってシンプルな朝食っていうか」

「いやあ、北欧に来たなあ、、」

 

洒落たブレッド洒落たチーズ洒落たハム、そして洒落たキュウリを乗っけると、スウェーデンの朝食になるみたいです。

憧れすぎる・・・君たちこれを毎朝食べているなんて、うらやましい!

 

マーマレードまであります。

かわいい木製スプーンがささってる、マーマレード。

でも、マーマレードはちょっと苦手なんだよなあ・・・

 

なんですが、「チーズにマーマレードを塗って、このブレッドと一緒に食べると美味しいよ」って言うので食べたら、おいしすぎて!(*゚∀゚)=3

こんな洒落た食べ方したの初めてです、、朝から超お腹いっぱい。ああ、チーズスライサーが(無駄に)欲しくなってきた〜〜〜

 

フレドリックの家は、イースタの中心から外れた田舎にあります。

ママのセンスなのか、それともこれが一般的なスウェーデンの家なのかわからないんですが・・・

家中ものっっっすごくセンス溢れるインテリアだらけ!

あのね、THE★北欧なんですよ。とにかく、THE★北欧なの!家の中が、温もりで溢れている、この感じ。

 

「misaki〜、俺ジムに行ってくるけど、一緒に行く?」

「あー、そしたらわたしは家で待ってるから行っておいでよ〜」

「そう?じゃあ遠慮なくー」

「あ!!!」

 

「あ、これ?学校のジャージ!名前入り〜♪」

「へ、へえ・・・、44番なんだね・・・!」

「うん。え?なんかあるの44?」

「いや、、」

 

ヒソカだ・・・!(*゚∀゚)=3

*わからない人は、HUNTER×HUNTER読んでね。笑

 

たくさん、プロテインがありました。

カナダでルームシェアしてた、メキシコ人のビクターとアレックス(フレドリックと同年代)もプロテイン飲んでたし、このへんの年代の子たちはムキムキに憧れるんだろうか?

 

フレドリックがジムに行ってる間、ブログ書いたり、ママとお話ししたり、テレビ見たり、のーーーんびり♪

こんな素敵な北欧のお宅でのんびりできるなんて、感激の極み・・・!

 

数時間後、フレドリックが帰ってきて、「簡単なのでよければー」って、昼ごはんを作ってくれました!本当に素敵に成長している!!!

 

「いやあ、しかしキッチンまでこんなに素敵だなんて・・・!」

「え?そう?」

 

ここで育ったフレドリックにとっては、この北欧の暮らしは何もかもが普通なんでしょうけど、わたしには全て特別に見えます。

こんなに広くて綺麗なキッチンなら、毎回料理したくなっちゃいますよ(と棒読みしつつ応援しているだけの私)

 

おーすごい美味しそうー!

 

へへー、ありがとう!弟くんも一緒に、ありがたくいただきます〜〜♡

 

「ただいまー、あら、お昼ご飯食べた?」

「ママ〜、うん、フレドリックが作ってくれたんだよ〜」

「何作ったの?」

「パスター」

「美味しかったよー♡」

 

どこかから帰ってきたママが、コーヒーを入れてくれました。

コーヒーカップ、ものすごく好み。なんかもう素敵の連続なんですけど、これ本当に北欧暮らしの普通なの・・・?

 

「クッキー食べる?」

「えー、嬉しい!ありがとう!」←遠慮しない。笑

 

ねえ、これ本当に北欧暮らしの普通・・・!!!?

 

「さーてと、misakiはお酒飲むの?」

「うん、大好きです」

「ワインは?」

「おー、ママ!ワイン好きなんだー、って、え?今飲むの?笑」

「もちろんよ!飲まないの?」

「飲みます!」←遠慮しない。笑

 

ねえ、これほ(略)

 

まだ夕方くらいだったけど、ママとワインで乾杯です!

フレドリックは英語がペラペラなんだけど、ママはフレドリックほどではありません。でも、めちゃくちゃおしゃべり好きで、いろんなことを話してくれたり、聞いてくれたり。

フレドリックに「英語めちゃくちゃ」「◯◯な」ってクールに英語を直されて、「あー、それ!」「へーなるほどー」って素直なママが、とてつもなく可愛いのです〜♡

 

家の前にもこの通り、ママの手作り素敵リーフ。

あーーーー、本当に温かくて癒されるこのお家・・・フレドリックも弟くんも、まっすぐでいい子なの、なんかわかるなあ。

いやあ・・・北欧の暮らし、いいなあ・・・!(*゚∀゚)=3

 

「なんか北欧の暮らしっぷり、本当に豊かだよね、憧れるな」

「うーーーん、よくそう言われてるけどね」

「実際は、そんなこともないわよね」

「え?そうなの?だってこんな素敵なものに囲まれて、朝食とかも素敵だし、のーーーんびり暮らしてる感じするよ」

「まぁここは田舎だから多少はそうだけど、結構忙しく生活してるよ」

「日も短いし、結構ネガティブな人も多いのよ」

「いろいろきっちりしすぎてて、プレッシャーも大きいし・・・」

 

おお、、出てくる出てくる。

どうやらわたしが思い描いていた「のんびり豊かな北欧の暮らし」とはちょっと違うみたい。

非常に高い税金(25%)ですが、社会福祉はとてもしっかりしていて、老後の支援や学校に通うことには恵まれているスウェーデン。

そのことについては、「すごくいいシステムだと思ってる」と言いながら、それでもみんながみんなハッピーで豊かな生活を送ってるわけじゃないんだよ、と。

まぁ、そりゃそうか。先進国だし、実際に暮らすとやっぱ違うんだろうな・・・

 

「あ、あとノルウェーにすげー対抗心燃やしてる」

「へー、どっちが強いの?」

「ノルウェー。笑」

「はは」

 

そんな話を聞いてもまだ、わたしの目にはここはとても温かくて、素敵な時間を過ごせる場所に映りました。

いや、やっぱり君の国は、とても素敵だと思うな。

フレドリックの家族に囲まれて、心の中でそんなことを思ったのでした♪

 

★1SEK(スウェーデンクローナ)=15円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)