北欧スウェーデンの若者の遊びについて行ってみた

やっぱりね、君たちの生活は豊かだと思うよ。

 

素敵すぎる北欧スウェーデンの暮らしシリーズ、第2弾は・・・

北欧スウェーデンの若者の遊びを知る!

です!ローカルを知るにはローカルと遊ぶのが一番!

 

「今夜は友達と遊ぼうと思おうんだけど、」

「おーーー!いいね!フレドリックのお友達と!」

「水着持ってる?」

「え?もう季節は冬になる頃ですけど」

サウナに行こうと思うんだけど」

「おーー!サウナ!スウェーデンといえばサウナ!」

「それ、フィンランドな」

「男女混浴サウナ!」

「いや、水着着てね」

 

友人のお宅にお迎えにあがるの図。

 

サウナはフィンランドが発祥で、国民の3人に1人はサウナを持っている(家に?)と言われているほど。

お隣のスウェーデンでサウナ文化があっても、何の不思議もないですが、なんせ北欧。利用料ものすごく高そうだ・・・!

 

「大丈夫、大丈夫、友達のサウナだからフリーだよ!」

「友達のサウナ???」

 

友達の家の庭にあるサウナです。

 

言ってみれば、プライベートサウナです。

ちょっと!一体スウェーデンの何が不満なの!?

20歳そこらの男子の金曜夜の遊び方がプライベートサウナって、「プレッシャーが大きいんだよ・・・」とか言われても、全く納得できないんですけど!許さないよ!!!

 

薪を燃やして、自分で温度調節するみたい。

 

倉庫にはたーーくさんの薪!おお、何だかすごい光景だ・・・

 

これも何だかすごい光景だ・・・!!!(ただの変態)

 

私も混ざってビールで乾杯〜♪

これぞ裸の付き合い、腹を割って話そうぜ!ってやつです!

 

フレドリックのお友達も、英語をペラペラと話します。本当に北欧の人たちは、めちゃくちゃ英語力が高い。

英語ネイティブに聞いても「北欧人とオランダ人は英語ペラペラ」って返答が返ってくるくらいですからねー。

オランダ人に聞くと「北欧人は英語ペラペラ」って返ってきます。

北欧人に聞くと「まあ、俺らかなー、でも人によるけどね」って感じ。笑

 

「旅する前は、ドイツも英語話せるイメージが強かったけどなー」

「ええーーー!!!下手だよ!下手下手!!!」

「ドイツ語の発音、おもしろいし」

「もしかしてドイツって、ちょっと嫌われてる?」

「ヨーロッパの中で?そういうわけじゃないけど、冗談に使われることが多いかなぁ」

「ロシアはちょっとあれだよな、距離あるよな」

「フランス人とロシア人が目の前にいて、カバン預かってもらうならどっちに渡す?」

「えーーー、渡すかなあー」

「たとえばだよ、たとえば!俺はフランス人に渡すよ」

「まあ、ニュアンス的にはそういう感じだよな」

「信じてないってこと?それとも、お国柄的に?」

「うーーーーん、ちょっと難しい問題なんだけど、、」

「わたしなら絶対日本人を選ぶね!」

「いや、そしたら俺もスウェーデン人を選ぶわ。笑」

 

女性読者さんへのサービスショット。笑

 

音楽をかけてビールを飲みながら、いろんな話をしました。フレドリックのお友達も、ウェルカムな感じでフレンドリーで嬉しい!

そんなこんなで超楽しかったので、3時間くらいサウナにいました。笑

のぼせるーーー

 

そのあとは金曜の夜の街へ繰り出すために、タクシーを拾って移動。若者よ・・・!

 

「お腹すいたからなんか食べてからバーに行こう」

「何がいいかなー」

「あ!あそこは!?」

 

って連れてきてくれたのがこちら。

 

MAXというバーガーショップです!

サウナでビールを飲み、そのあとにハンバーガー食べるって、何がしたいんだろう。

 

このMAX(マックス)というバーガー屋さんは、スウェーデン発のバーガー屋さんのようです!

 

「言っとくけど、マクドナルドと同じだと思ったら大間違いだからな!スウェーデンの肉を使った、こだわりヘルシーバーガーだから!」

ってことだったので、きっとスウェーデン版モスバーガーな感じなのでしょう(*´∀`)

 

ふふふ、健康と不健康の組み合わせって、何でこんなに最高なんだろうか(*´∀`)

フレのお友達がおごってくれました!ありがとう〜〜♡

 

ってわたしは美味しくいただいたのですが、フレ友人が何故かセットを2つ(私のを合わせると3つ)もオーダーし、それを「ふう〜、もうお腹いっぱい♪」って、ちょっと食べた後ほぼ残すという暴挙を。笑

 

「ねえ、なんでこんなに頼んだわけ!?」

「いや、なんとなく食べたいなーと思ったけど、お腹いっぱい」

 

豊か。豊かすぎる。

なにが「社会のプレッシャーが・・・」なんだ!!!

 

その後は、PUBー!(フレドリック、残像だ…中)

 

すごく賑わっていていい感じです!

 

ビールであらためて乾杯〜♪

 

「あ、あの人ミュージシャンだよ!」

「へえ〜〜〜、有名なの?」

「まあ〜〜〜、ある意味、いや、微妙だけどな」

「ふーん」

「ちょっと話しかけてくる!俺CD持ってるし!」

「持ってるんかい」

 

パブの一角にあるスロットをやり「負けたー!」とお金を散財する、北欧の若者の図。聞いたら、結構な金額。いやね・・・

やっぱり君たち、恵まれてると思う。笑

だいいち、高校卒業後にすぐに進路を決めなくてもいいってところが、すでに恵まれてます。

高校卒業したら、旅したり、ヨーロッパの違う国で働いたりして、自分のやりたいことを見つけていけるなんて、恵まれてる以外の何物でもないです!(ヨーロッパ人は本当にそういう人多い)

やりたいことなんて、高校卒業後にそうそう見つかるものじゃないんだから。大人になったって、働き始めたって、難しいよ。

 

知り合いに会う確率がものっすごく高い、本当にこじんまりとした街で育った彼ら。

「みんな知ってるからつまんないよ〜」っていうけど、こういう小さな街で一緒に育ってという暮らし、素敵だけどなあ。

自分が育った環境と違うから、そう思うのかな。彼らくらいの年代だったら、少し窮屈に思うかもしれないね!

 

そんなことを思いながら、2軒目。笑

サウナから飲んでるので、もうふらふら・・・となりながらも、遅くまでバーをハシゴして、たくさん話したり遊んでもらったりして、北欧の若者の暮らしにお邪魔したのでした。ありがとう〜♪

ひーー、眠いが楽しいーーー!

 

 

どの国へ行ってもそうですが、暮らし方や人々の考え方などのそこでのいつもは、それがちょっとした違いだとしても、すごく興味深いものです。

特にそれが、ポジティブなところや綺麗な部分だけじゃなく、ネガティブなところや汚い部分を見ることができると、なおさら面白い。

ただ楽しむために旅をしたり、ただ観光したり、ただ眺めて自分で解決するだけじゃ、もの足りない。

想像を超えたりあるいは合致したり、彼らのいつもに触れて、どう自分が感じて受け取るかを知り、その芽生えたものひとつひとつを、自分のものにしていきたい。

そんなこの旅を作ってくれているそれぞれの国の友人達には、本当に感謝です。

わたしも友人が日本に来たら、そういう風に日本をちょっと深いところまで覗かせてあげたいなーー。

 

 

と常々思っているので、この間旅先で出会ったフランス男子に「え、日本行くの?ローカル友いない?絶対ローカルと遊ぶのがいいよ!英語話せる人紹介するよ!まかせて!」って、勝手に旅友のDすけくんを紹介しました。笑

ほら、だって、わたし、日本にいないし(*´∀`)

 

そんでDすけくんから「俺たちが遊ぶ必要性は?」って返事がきました。

まじ、血も涙も無い男。

 

しかし、飲み友のMちゃん(英語の話せる酒飲み姉さん)から、「Dすけくんたまに人間味が無いよね」って突っ込まれてて、彼もやる気になって「次は絶世の美女よろしく!」ってきたので、きっと二人が彼に日本のいつもを覗かせてあげることでしょう!

それが、明日!よろしくね!笑

 

というわけで、ありがとうフレドリックー!めっちゃ笑った!(ピースが影分身中)

いつかフレドリックが日本に来たら、夕方銭湯からの、朝まで居酒屋はしごコース、もしくは朝まで飲みカラ、頑張るよ!

 

★1SEK(スウェーデンクローナ)=15円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)