スイスの物価はどのくらい?スーパーマーケットとスタバでチェックしてみた

でも高くても、スイスのチョコレートは絶対買いたい…

 

おはようございますー。

なぜかブログカスタマイズに火がついて、1日中いろいろやってたらそのあと2日間あたま痛すぎて廃人になっていたみさPです。

作業が、永遠に終わらない罠・・・(´Д`;)

 

というわけで本編はサボっていたのですが、スイス編いきますよー!

まだカスタマイズもブログ記事以降もだいぶ中途半端なんだけど、頭いたすぎなので堂々放置(笑)

 

プラハから、スイスのベルンに到着したところでしたね!ベルンってどのへんですか?

 

 

この辺だよー。

ベルン(Bern)はスイスの首都なのです!

カナダで出会った友人たち、まさか首都出身っ子だったとはー!

しかし、プラハからベルンに夜行バスでやってきたはいいのですが、全く調べてなかったためここがどこなのかわかりません。

 

 

今調べたら、ベルンのバスターミナルはここみたいです。

 

Bern car terminal (Neufeld)
住所:Studerstrasse, 3012 Bern
シティまでのアクセス方法:徒歩で30分、バス11、102、104番でいけますよ♪

 

え?こういうの、ブログ書く時じゃなくて、その時に調べておいたらいいのに。なんで調べないのかって?

ほ、ほら!ヨーロッパは移動が簡単すぎるので、旅感をちょっとでも出すために行き当たりばったり方式を採用しているんですよー!(*´∀`)

うそです。人に聞けばいっかって怠けてるんです。

 

というわけで、今回も夜行バスのおっちゃんに聞いてみたところ、近くから街の中心部までバスが出てるというじゃないですか!ほらっ、楽勝ー(*´∀`)

偶然にもバスが止まっていたので、ドライバーさん(シュッとしたおじさま)に聞いてみました。

 

「エクスキューズミー!このバス、シティまで行く?」

「おー、行くよー」

「乗りますー!いくらですか?」

「そこにある券売機で買うんだよ」

 

ほう、これか。なんと、クレジットカードも使える!

 

「こ、このバスいつ出発する?待っててくれる・・・?」

「はは、大丈夫大丈夫〜♪ というか、これ簡単だから〜・・・」

 

とスススッと操作して、チケット(2.3スイスフラン / 250円)を買ってくれました!シ、シュッとしたおじさま〜!

 

ふふ!無事にバスに乗り込むことに成功です!

しかし、さすがスイス。車内は、ものすごくきれいです。

 

こうして、バスはベルン中央駅に到着ー!

 

その目の前にあるバスターミナル!すごく広々!へえ〜、これがスイスかぁ〜 (*゚∀゚)=3

バックパックを持ったまま、あたりをキョロキョロ見渡してみます(カモ感丸出し)

最近旅してきた中欧国や、お隣さんドイツ・フランス・イタリアのどの国とも、全く違う雰囲気・・・もっと裕福というかなんというか・・・

育ちがいい!これだ!!!

私の先入観(スイス、裕福!お金持ち!チョコレートおいしい!ヨーレローレロホッヒッホー!)が強すぎるのか、そこらへんにいる人みんな、余裕があるように見えるよ・・・!

 

スイスにいながら、柔道も習えちゃうこの余裕さ(?)

 

カナダで出会った大好きなスイスの友人ロッティはお仕事中なので、ニートの私はそれまで時間をつぶさねばなりません。あ、スタバ発見!

夜行バス疲れたし、バックパック持ったままだし、スタバで時間つぶそうかなぁ。

 

の前に。

 

みなさん、スイスと言ったら、あれ気になりません?

そうあれですよ、あれ。

 

スイスの物価!!!

 

世界一物価の高い国と言われるスイス。どれだけ高いのか、気になるじゃあないですか!

というわけで、スタバに寄る前に、スーパーマーケットを探して、物価をチェキラーしてきました!

ついでにランチを買いたい!あと、チョコレート!

 

こちら、スイスのコインです。星がいっぱい。

 

そして、こちらがお札!

 

なにこれ、無茶苦茶可愛い!さすが余裕のスイスですな・・・!

 


まあ、ブックマークにしては高級だし、ふにゃふにゃだが。。

 

さて!やってきたのは、スーパーマーケットMIGROSです!

っていうか、たまたま歩いていたら見つけたスーパー。笑

さっそく、どのくらいか見てみましょう!スイスブログらしく、優雅にささっといきますよー!

 

 

スイスの物価をスーパーマーケットで調査♪

 

1.海外スーパーでよくみかける長袋に入っている一番安い食パン – 1.1フラン(120円)

bread-cereals-bake-baked-162440

 

2.クロワッサンひとつ – 1.2スイスフラン(130円)

break-breakfast-corporate-cup-87435

 

3.りんご – 3.6〜4.9スイスフラン /Kg(490〜540円 /Kg)

apple-red-fruit-ripe-144245

 

4.ペットボトルの水 – 0.8スイスフラン(88円)

water-glass-heat-drink-161425

ちなみにペットボトルコーラは1.3スイスフラン(143円)でした。

 

5.ポテトチップス一袋 – 2.8スイスフラン(310円)

pexels-photo-12080

 

6.パスタの一番安いやつ(500g) – 1.7スイスフラン(187円)

pasta-noodles-cook-tomato-38233

 

7.ヨーグルト一番安い小さなやつ – 0.55スイスフラン(60円)

pexels-photo-128865

 

8.ブロックチーズ(100g)- 1.5〜3スイスフラン(165〜330円)

cheese-parmesan-italy-food-37531

 

9.板チョコ – 0.8〜5.25スイスフラン(88〜577円)

dark-brown-milk-candy

スーパーにずらっとピンからきりまで!

 

10.生ハム(100g) – 5.9スイスフラン(650円)

melon-ham-fruit-meat-39350

スペイン旅以来、このチェック日課と化してます。

 

って、イメージ画像がいつもよりというか実物よりもだいぶ優雅なのは、スイスの優雅さに浮かれているからなので、生温かい目で流してくださいね!(*´∀`)

 

でも、あれ?なんかそんなに想像していたほど、激高!ってわけじゃなさそう・・・?

ここのスーパーには「トップバリュー」のような独自のブランド商品があるから、安いものもあるみたい!

ポテトチップスは高いですねえ・・・あと、生ハム。。(がっかり・・・)

 

というわけで、こちらが実物です。

とりあえず、クロワッサンをランチに、MIGROSブランドの一番安い板チョコを試しに購入ー♪

 

ふっふ、美しい・・・♡

おいしいけど、スイスチョコの感動には欠ける、、次はちょっといいやつ買ってみよっと!

 

スイスのスーパー事情はそんなに悪くないなー、これなら生き抜けそう!と安心して、スターバックスで時間を潰すことにしました。

はー、夜行バス移動は本当に疲れるよー・・・こういう時は、甘々のキャラメルフラペチーノでも頼んで、体力回復を(*´∀`)

 

キャラメー・・・・

えっっっっ!トールサイズですら、7.3スイスフラン(800円)もするんですけど!!!?(((((( ;゚Д゚)))))

一番大きいサイズは、8.5スイスフラン(935円)だとお・・・!す、スタバのくせに・・・!

 

o0800060711974346418
(画像クリックで、過去記事「STARBUCKS フラペチーノ祭」に飛びます)

カナダのスタバでは、キャラメルフラペチーノは3.95ドル(315円)かつ、フラペチーノ半額祭まであったのに!!!

 

p1230067-1024x768
(画像クリックで、過去記事「スターバックス1号店に行ってきました」に飛びます)

アメリカシアトルのスターバックス1号店では、あ、あれ、過去記事見ても値段書いてないけど、とにかく安かったのにい!!!(雑)

 

それが、800円だと・・・!? (´Д`;)

どうしよう、ラテが5.9スイスフラン(650円)もする・・・生ハム買える・・・

 

「ハロ〜♪」

「あ、あは、えーっと、どうしようかなぁ〜(半笑い)」

「今なら、クリスマス限定のラテあるわよー♪」

「おー・・・じ、じゃあ、それで!!!」

「りょうか〜い♪」

 

で、生ハム様よりも高い、7.1スイスフラン(780円)のクリスマス限定ラテがこちらです。

お姉さんの笑顔に思わず・・・(´Д`;)

 

でも、店員さんもすんごくフレンドリーでニコニコでサービスいいし、スタバの店内にいる人はみんなMac開いてるし、なんかみんな穏やかな顔してる。

やっぱり、スイスって裕福な国なんだなぁ、とバカ高いラテを飲みながら思ったのでした。

 

さ、私もMacひらこ♡(結局ミーハー)

 

★1スイスフラン=110円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

4 Responses

  1. 暇人
    暇人 2016年12月13日 at 11:56 AM |

    旅は行き当たりばったりが楽しいですね。先進国は(゚o゚;;
    今は暇なくて何処も行けないけど。
    (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
    スイスに居ないのはバレてますが、まずはマックでしょ〜〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶後は家賃、ホテル代高いだよ〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾公称では内陸だから高いとか言ってますが、給料も高いのはどうして?異国人淘汰なのは明白なスイスです。(´・ω・`)

    Reply
  2. まき
    まき 2016年12月15日 at 4:19 PM |

    ‪突然の質問失礼いたします ( ; ; )

    ‪カナダに語学留学とワーホリで行きたいと考えている高校3年生です。‬
    ‪お金に余裕さえあれば高校卒業後にすぐにでも渡航したいくらいなのですが少し厳しいので1年、長くて1年半日本で費用を貯めてから渡航したいと考えています。‬
    ‪そこで少し気になることがあるのですが、、‬

    ‪日本の専門学校や大学での学生さんは自分と同い年の人がほとんどですが、アメリカのコミカレは年齢層がとっても幅広いと聞きます。‬
    ‪みさPさんがカナダのカレッジに在学していた時は周りの学生さんの年齢層に幅がありましたか?それともみさPさんの年齢に近い学生さんが多かったですか?‬

    ‪みさPさんがカナダにワーホリで行く際Lサイズのスーツケースを使用されたとのことですが、具体的に何リットルのものでしたか?‬

    ‪みさPさんのブログをいつもワクワクドキドキしながら拝見させていただいております!テレビの紀行番組とみさPさんのブログで旅に出ている気分になっちゃってます(笑)‬
    ‪自分が行きたい国の町並みの様子が知ることができたり見ることができたりととっても幸せですし、何よりもモチベーションがすごくすごく上がります!!
    ‪これからも更新楽しみにしてます!

    Reply

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)