年下の君から教えてもらうこと

さっき、ひとりでソファでごろごろしていたら、突然こっちのリビングにAlex(ルームメイト弟)がきました。

 

「misaki~大丈夫?」

「え?あぁ、さっきお腹いたいって言ってたから?大丈夫だよー!(*´∀`)」

「ふーん、ホントに?」

「いや、うん、ほんとほんと。」

「うーん、そう。ふーん…」

「え?なに?このポテチ食べたいの?(笑)」

「いやいや違うよー!あはは、ごめんなんか突然話しかけて。」

「ポテチたべていいよ(*´∀`)」

「いや、違うって(笑)ただ・・・・」

 

 

o0800060012291815599

「最近、misaki、悲しそうに見えたから。」

 

え、えぇぇまじで・・・?(最近はそんなつもりなかったのに!)

 

「なんかあったら、すぐ!なんでも!俺に言うんだよ!わかった?」

「う、うん、ありがと・・」

「よーーーし!じゃ♪(*´∀`)」

 

それだけをわざわざ言いに?って、なにそれ。

 

あまりにイケメンすぎるわAlex!!!!(((((( *;゚Д゚)))))

 

あれ、これ、マンガかな?(*´∀`)

少女漫画の世界かなにか?(*´∀`)

ヒロインが恋に落ちるシーンじゃない?(*´∀`)

 

この子、ほんとすごいや。

今まで見た事ないハッピークリエイターっぷりを前から尊敬(崇拝?)していたんだけど、これだけ心が優しくてきれいな子は本当に見た事がない。

私が欲しいと思っているものとか、目指しているものとか、もう手に入れられないものとか、彼はたくさん持っているのです。

もちろん、まだ持っていないものもたくさんあるけれど。基本、おこちゃまだし!

 

 

o0800060012291815596

こんなかわいいマグカップ使ってるし(全く関係ないけどばらしてしまおう!)

さっきまでこれで飲み物飲んでたと思ったら、いきなりシリアル入れだして、「こらこらこら、お皿を使いなさいお皿を(笑)」って言ったら「え~~~~・・・いやいやmisaki!これすごい大きいからシリアルもいけるやつ!マルチマグカップなんだよ!!!(*゚∀゚)=3」ってこのマグカップのすばらしさを主張するような子です。

もういちいちハッピー!ハッピーすぎる。

いや、ハッピーが過ぎる、のほうが正しいわこれ。

 

あまりに突然だったから、ありがとうが十分に言えなかった。今度ちゃんと伝え直そう。

私もやさしくなーーるぞー。

 

 

o0800060012291656725

ビクトリアも寒くなって、ささやかながら、クリスマスのイルミネーションが飾られはじめました☆

ちょっと「ちぇっ」って気分ですが、やっぱりこういうのとか、冬のにおいとか、わくわくする!

ビクトリアの朝のにおいも夜のにおいも、冷たくていいにおいで、とても好きです♪

 

明日もがんばろーう!

 

★1$=80円

 

AD

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

2 Responses

  1. のぶ
    のぶ 2018年2月27日 at 3:54 PM |

    もし自分がみさPさんの立場だったら
    そんな振る舞いしてくれる美人相手に恋に落ちない自信がありません。
    注)当然相手は女性

    なんでみさPさんは彼にときめかないんですか?
    年下すぎるから?
    マッチョじゃないから?
    そもそもタイプじゃないから?
    不思議です~

    Reply

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)