急速に観光地化されるミャンマーを旅して

 

相変わらず足をケガしたまま歩くのはつらかったのですが、今日は・・・

 

朝からインレー湖ボートツアーに行ってきます♪

ボートは一台いくらという感じなので、なるべくみんなでシェアした方がいいんです。

わたしたちのは、8時半~16時までで30$。

 

17$くらいで行けるところもあって、旅行会社はたくさんあるので、街でぷらぷら探すといいですよー。

今回はヨーロッパ組が手配したので、この値段で!

 

本日のメンバー!!!

フランス人のアレックス、JJ、バネッサ、スイス人のステファニー、それから「一緒にツアーしない?」とナンパされた中国女子のシェリー!

 

中国女子のシェリーはチベットの近くの街の出身で、なんとお医者様のたまごだそう!!!

「旅が好きだから、英語も勉強したんだ~」って英語で言って、「マンガが好きだから、日本語もちょっと話せます~」って日本語で言ってました。

わ、わーすぅぃーみさき・・・(照)

 

トレッキングの最後にみたインレー湖とは違った雰囲気の、朝の姿。

 

漁師さんもいて、このように舟の端に立ち、足を巧みに使って漕いだり、魚を捕まえたりします。

しかし、この写真はパフォーマンスです。

うーん、完全に観光地化されてると聞いていたけれど、こんな感じなのかなぁ・・・

 

たくさん舟が停まる場所で、わたしたちも停ボート!

・・・したら、お土産をたくさん乗せたボートの舟が、たーくさん寄ってきました!(´Д`;)

おおお~~~

 

を振り切って、なんとかお店の中へー!(*´∀`)

 

湖の上には、小さなお土産物屋さんや、シルバー工房、ゴールド工房、手織り工房などなど・・・

たくさんの工房がありまして、わたしたちも連れて行ってもらったんですが。

 

どれもこれも高っっっっ (´Д`;)

見学→ショップという流れなんですが、あまりの観光地価格と品揃えにうんざりしたわたしたちは、「もう買い物系はスキップでお願いします・・・」とボートドライバーのおっちゃんに告げました。

 

ちなみにここのお土産屋さんでは、首長族に会えます。

その文字通り、首にたくさんのリングをかけてながーくしてる民族。

写真の右がわに3人の首長族の女性が座っていて、たくさんの人たちが写真を撮っています、が・・・

 

これは、ちょっと・・・

カメラを向けたり、一緒に写真を撮ったりする気には・・・

 

彼女たちは、これを仕事と割り切っているのでしょうか?

モデルさん・・・うーーーーん (´Д`;)

 

こうやって、ぼんやりボートに乗ってる方がまだいいなー。

と思っていたところで、お昼ごはんー!!!

 

またもや湖魚をオーダー(*´∀`)

めっちゃおいしかったけど、高かったです・・・

飲み物も含めて6$もしましたよ。おそるべし観光地価格。

 

バネッサ「なんていうかさ…This is for tourists だよ…」

 

わたしたちもそのtouristsなんだけどねって思ったけれども、バネッサの言ってることは分かりました。

ここまで、ちっともおもしろくないもん ( ̄▽ ̄;)

 

「トレッキングの後のボートの方がずっと良かったよ」

「こういうのはわたしたち、求めてないわ」

 

うーーん・・・

トレッキングの後に夢見心地で出会ったインレー湖は、いったいどこに消えちゃったのだろうか・・・

 

そのあとに湖の上にあるパゴダへ行ったんですけど、ケガ持ちで裸足で歩くとか自殺行為だったので、ひとり入り口でポストカードなどを書いて待ってました。

 

実はマレーシアのペナンでお世話になったてつろー先輩に、1カ国1枚お手紙を書くようになりました。

結婚するまで、あのだったっぴろい部屋で一人はかわいそうですからね!

良い後輩をもって幸せですね、先輩!ねっ!ねっ!(褒めてほしい)

 

また蓮のじゅうたんの中を抜けたけど、一昨日のような夢見心地にはやっぱりなりませんでした。

インレー湖の夕日がすさまじく綺麗ということだったんですが、わたしたちは時間がなかったのでこれでおしまい。

 

小さな子どもが、自転車を乗るかのように舟に乗ってたよ。

 

そこに暮らす人たちや、特に家族を見て今まで何度も思ったこと。

 

私もあんな風に、大切な人をいっぱい愛そう。

私もあんな風に、たっぷり愛を注ごう。

 

とか、口に出すと超こっぱずかしいんですが(笑)

でも、わたしにとって、ミャンマーは愛に溢れていたんです。

本当に何度も何度も思ったんだよー。

 

インレー湖はすごい観光地化されていて、プラスチックゴミもたくさん見つけました。

でもそこの水はとてもきれいで、そこに暮らす人と湖の組み合わせもかっこよくて、浮かぶ蓮も稲穂も私は好きで。

 

こういう場所がどんどんなくなっていく。

わたしが戻って来た時は、また全然違う国になってるのかなぁ。

 

いろんな事をこの国で感じた私がこの先できることはなんだろう。

残したい気持ちがいっぱいです。

 

★10チャット=1円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)