ゴッホ美術館とコンセルトヘボウ – オランダの芸術に触れる旅

人生2回目の海外オーケストラ鑑賞。

 

おはようございます!今日は早起きをして・・・

楽しみにしていたゴッホ美術館に、朝一で行ってきます♪

日本でのゴッホ展も行ったことがあるので、また同じ作品を本場で見るのも楽しみー!

 

またまた国立美術館があるエリアにやってきました。今日は、とても気持ちのいい天気!

 

こちらですね。ゴッホ美術館!

チケット(15ユーロ)はすでに購入済みなので、スイスイ〜♪

朝一だからか、並んでる人も少ないけれど。笑

 

さて、ゴッホ美術館は撮影が禁止なので、中の様子の写真がありません。

中は年代順に並んだたーーーくさんのゴッホの作品と、ゆかりのある画家さん、影響の受けた画家さんの作品などがあり、彼の生涯がわかるようになっています。

それが、すごく面白かった!

 

(画像はゴッホミュージアム公式HPでダウンロード)

オランダ時代のなんだか暗い色の作品たち → だんだん明るい色になっていく → 「ひまわり」などの超有名作品を生み出した時代を経て → 病み期 → そして亡くなる間際の不安感を強く表した作品たち。

 

(画像はゴッホミュージアム公式HPでダウンロード)

特に晩年の作品は、色使いもタッチもものすごく圧倒されるものがありました。強い念みたいなものを感じて、こっちまで不安になってくるというか・・・

 

(画像はゴッホミュージアム公式HPでダウンロード)

それから、浮世絵にも強く関心を持ち学んだらしく、何点か日本をモチーフにした作品もありました。

その柄のコンパクトな手鏡(2.5ユーロ / 343円)を、嬉しくておもわず買ってしまいました。ゴッホにカモられたな。。笑

あと、もうすでに無くしてしまったペン(2.95ユーロ/ 404円)と、ポストカード(1ユーロ / 137円)も!

 

(画像はゴッホミュージアム公式HPでダウンロード)

いくつか日本でも見た作品もあったけど、もう一番見たかった「星降る夜」がなくて残念…

全然調べてなかったのですが、後から調べたらオルセー美術館にあるらしい。そうか、、

あ、調べなさいよ、って感じですね。笑

 

美術館の中にある、ゴッホミュージアム。ミュージアムカフェも好きです。

 

美術館は2時間くらいいるので、結構疲れます。コーヒー(2.5ユーロ / 343円)を飲んで、一休み〜♪

 

さてさて、今日はとことんオランダ芸術に触れる旅をしますよ〜!

続いては・・・

 

コンセルトヘボウ(Concertgebouw)で、オーケストラ鑑賞!

人生2回目の海外でのオーケストラ鑑賞です!!!

*記念すべきものっっっすごく感情が揺さぶられた1度目は、ウィーンの楽友教会でダニエルバレンボイム指揮者という超豪華だった、こちら!「感じるということ

 

チケット(27.50ユーロ / 3,768円)は昨晩、公式HPで購入済み〜♪

このコンセルトヘボウは、ウィーンの楽友協会、ボストンのシンフォニーホールと並んで、戦前の姿をそのまま残す音響の優れた3大コンサートホールとして有名なのです!(ってwikipediaに書いてあった!)

すごくすごく楽しみ!

 

会場はこんな感じ、素敵!

楽友協会の形に似てはいるけれども、もっと狭い感じがして、そして金ピカじゃない。笑

ステージもそんなに広いわけではないけれども、パイプオルガン(?)が印象的ですね♪

 

演奏者も席に着き、これから始まるよというワクワクと緊張が漂い出します。

ちなみに私の席は・・・

 

ここ。笑

余っている中で、一番安い席を選んだからね。首痛くなりそう。

全体の音は上手く聞こえないかもしれないけれど、こんだけ近かったら、迫力あるかな!?

 

そして、みんながチューニングで同じ音を出して、静まって・・・

 

始まった瞬間ブワッと広がる音に、全身の鳥肌が立ちました。

この最初の音が凄く好き。

 

明るかったり、穏やかだったり、喜んでいたり・・・次々といろんな音が作り出されていきます。

音は思ったよりも迫力はなかったけれど、演奏者の近くにいる分、彼らの表情から指の動き、何なら彼らの息遣いや、指揮者の指の震えまでよく見える。

力強い動きでなめらかで繊細な音を出し、時にはカラフルな音譜が見えたり、音が生きてるような感覚になりました。

 

今回も、一瞬で泣きそうになったけれど・・・

でも初めての時の感覚は、やっぱり味わえないか。

 

あの時は、全身に鳥肌がたったはじめの1音から、痛みを感じず手が真っ赤になるまで叩いた最後まで、私の中のあらゆる感情が揺さぶられていました。

ウーーン、あの感覚は二度と同じようには味わえない事はわかっていても、やっぱり同じようなものを期待しちゃったなー。

 

初めての海外が、ヨーロッパひとり周遊旅。

そして、戻ってきた今回のヨーロッパひとり周遊旅。

 

改めて、感覚も、楽しみ方も、難しさも、出会いも、想いも、考え方も、感じ方も、全く違う旅になっている。

どちらがいいということはなくて、どちらもとてもとても大切なので、同じところを旅してもこんなに違うものを得られることが、ただただ嬉しい。

本当に贅沢ですね!ダブル取りしてるみたいな感じ!笑

 

というわけで、これにて、この日の観光は終わり。

どーーーーっぷりと、オランダ芸術に使った1日だったのでした!

またいつか戻ってきたいな、アムステルダム。そのときはきっと、違った想いと感覚で。

 

さー、明日はデン・ハーグだ!

 

オランダのご飯をゆる〜くご紹介

*オランダビール(1.02ユーロ / 140円)

アルコール度数7.9パーセントの強めのオランダビール!これで140円は安い。この辺りはビールが安くて、嬉しいなあ♪

 

*サラダ(1.94ユーロ / 265円)

またろくなものを食べてない。笑

 

★1ユーロ=137円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)