ヤンゴン随一の観光地シュエダゴン・パゴダではガイドに気をつけて

[ad#co-4]

 

どうも。

食べログのライバル(非公式)としてがんばってきた当ブログですが、ここで残念なお知らせがあります。

ミャンマーにきてから反対の方向へ食修行に励んでおりまして、なにひとつ食に対する情報がありません。

 

まぁ一応やってみましょうかね。

ミャンマー食リポ。

 

朝ごはん+昼ごはん!

宿で出る食パンにバターとジャムを塗り、半分は昼ごはんへ!

とてもぱさぱさしているが、インスタントコーヒーはおいしい!

 

夜ごはん!

そのへんで売ってるりんご!

りんごの味!

 

以上です(*´∀`)

もともと食にはそこまでこだわりがないので、いかに台湾編が特別だったかがわかりますね。

 

インドビザを申請し終えたので、ちょっくら他の街でも行ってみようかと、宿の目の前にある旅行代理店(?)でチケットを確認中。

バガンまでのバスを、15,000K(1,500円)で購入!

バガンって人気だからよく聞くんだけど、なにがあるんだろう?

 

実は、あんまり調べる気も起きてないのです。

ひとり旅への意欲をかきたてようと、必死にあれこれしてみるんですが・・・

 

とはいえ、宿で一人でいるよりかは外にいた方が楽しいので、今日も43番のリボンバスにのって観光しますよー!

 

相変わらずの車内販売も、もう見慣れた光景。

 

相変わらずの日本のバス。

今日も、ドヤ顔で走っております!

 

この目の前の女性のほほについているのは、タナカという木をごりごりすりつぶして作る粉。

伝統的なオシャレかつ、日焼け止めの効果があるみたい!

 

タナカさんの木。

子どもも大人も、タナカさんを塗ってる人がたくさんです♪

こうして降りたバス停は、ビザ申請のときに日本大使館にきたときと同じところ。

 

バス停を降りて、こんな感じで向かうと・・・

 

見えてきました!

シュエダゴン・パゴダ!!!

約2500年前に建てられたとされていて、ミャンマー国内の各地からここを目指し参拝に来る人も多く、地元の人にとって神聖な場所。ヤンゴン随一の観光地です!

 

がんばる若者。

男の人たちが履いているこの巻きスカートは、ロンジーという民族衣装。

おじいちゃんもおっちゃんも若者も子どもも、みーーーんな履いております♪

 

いやぁそれにしてもミャンマー男子・・・

細身でスタイルいい人多いなー♡(パゴダを目の前にして煩悩だらけ)

 

パゴダ内は、靴と靴下を脱ぎます。

キャミソールとかもだめです。肌を隠しましょう。

 

裸足になって、道路もそのままわたりましょう。

まじかい。

 

階段をのぼって入り口で、チケット8,000K(800円)を買いました。

そして、地図をもらいました!

 

それを広げてふんふんと眺めていると、ミャンマー人のおっちゃんがいろいろ説明してくれて、こういう風に回ると良いよと教えてくれました。

やはり、やさしいぜミャンマー人!

 

ではいざ!!!

シュエダゴン・パゴダをひとりぷらぷら散策開始ー!!!(*゚∀゚)=3

 

この黄金、まさに圧巻。

 

すごい。

こういう金ぴか系ってあんまり好きじゃないんですが、なんかおもしろい空気が流れているよここ!

なんて言ったらいいか・・・

 

観光客もすっごい多いんだけど、地元ミャンマー人もたくさん。

観光地なんだけど、観光地じゃない。

騒がしいんだけど、穏やか。

 

突き刺さるような日差しをさらにこの黄金が反射させて、思わず目を細めながらひとりでうろうろ。

この空気すきだなぁ。

でも・・・

 

広すぎてなにがなんだか ( ̄▽ ̄;)

ガイド付けてもいいなここ。

 

と思ってぼーっと地図を眺めていたら、ガイドっぽいミャンマー人に声をかけられました。

「なにみたいの~?こっちにこの見所があるよ~(*´∀`)」と連れて行ってくれようとする、おっちゃん。

これは、後からお金が発生するパターンだな。

ま、いっか。ガイドしてもらおう!(超軽い気持ち)

 

パゴダの周りにはこのように、曜日ごとの祭壇がそれぞれの方角にあります。

ミャンマー人は誕生日の曜日を、とても大切に考えているみたいです。

こんな風に自分の誕生曜日の祭壇の前で、水をかけてお祈りしています。

 

わたしも、おっちゃんガイドに教えてもらってやってみました。

手前の仏様から奥へ、3回、2回、1回、そして水汲みの下にいる仏様に、3回・・・

って教えてもらったけれども少し調べてみたら、歳の数だけ水をかけると言う人が多数。

まさかそういうことじゃないだろうね、おっちゃんガイドよ(*´∀`)

 

このお水を頭にちょいちょいってやると、頭が良くなるらしい。

どうぞひとつよろしくお願いします仏様・・・!(真剣)

 

この星の中で願い事をすると叶うんだって。

でも、この頭をつけて祈る姿を見た後には、とてもできません。

わたしは、信仰がとても薄い人間なのです。。

 

写真展がありました。見えないところも、これで見せてくれる。

 

この黄金のパゴダ、昔はなにひとつ金はなかったんだって。

それが長い年月の多くの寄付によって、今の姿になったとか。

 

こんな風にたくさんの寄付があって、パゴダは宝石だらけです。

 

これは、パゴダのてっぺん。

ものすごい数のルビーやサファイヤ、ダイヤモンドがちりばめられているみたいです。

 

あの先端が。

 

こんなんらしい。

っていってもよくわからんなぁ。あまり宝石には興味ないし・・・

 

でもこんなに宝石で固められているのに、まったく嫌な感じがしません。

ミャンマー人にとって、ここが信仰深い場所だからかな?

 

「じゃ、ガイドはここでおしまいね(にこにこ)」

「ども、ありがとうです。いくらですか?」

「いやいや!君に任せるよ!」

「ふうむ。じゃ、5ドルで。」

「え?(*´∀`)」

「え?(*´∀`)」

「いやいや、僕にも家族がいるからね(にこにこ)」

「そうなんですね、ガイドがお仕事で!」

「だいたいみんな、50ドルとか払ってくれるんだけどね(にこにこ)」

 

ってこらおっちゃん。

1時間のガイドに、5,000円は絶対になーいっ!!

 

「いいんだよ、20ドルでも、30ドルでも。ぼくは気にしないよ(にこにこ)」

「だから5ドルだってば。」

「15ドルでもいいんだよ(にこにこ)」

「5ドルだってばー。」

「15ドルでもいいんだよ(にこにこ)」

「・・・。」

「(にこにこ)」

「(ねばるなおじめ)わかった10ドル。」

「15ドルでも(略)

 

ねばりまくるおっちゃんを前に10分くらいやりとりして、10ドル払ったらとても不服そうに帰っていきました。

え!?(((((( ;゚Д゚)))))

ガイド付けたことないからいくらくらいかわからないけど、10ドルってかなり支払ったほうだと思うけれども!

 

その後一人でまたぷらぷら~。

くそう、ガイドの相場はいくらなんだ・・・

気になるぜ、気になって仕方がないぜ・・・(またもや煩悩の固まり)

 

ここにはのんびりできるところが、たくさんあります。

ミャンマー人も観光客もいろんな木陰に座っては、好きなことをして時間を楽しんでいます。

 

かなりもやっとしたけれども、気を取り直して、のんびりてつろー先輩からもらった本を読むことにしました!

ま、この本、かなり重くて、読むのがつらかったんですけどね・・・

決してのんびり系ではなーい ( ̄▽ ̄;)

 

ミャンマー男「ぺらぺらぺらだからソコに行ってくださいよー!

 

ん?日本語?

ああ、日本語を話せるガイドさんか。

もう騙されない。もう騙されないぞー。

 

日本語ガイドさんは私をちらっと見ると、電話でお客さんと話しながらぺこっと挨拶してきました。

あ、どーも(ぺこっ)

 

「(ぴっ)どーも、日本人デスねー!」

「はいー、お仕事中ですか?」

「ああ、客がねー!なにしてるんですかー?」

「のんびりしてるんですよー♪」

「へーもうパゴダ観光したの?」

「しましたよ。」

「変なガイドにだまされないでよーはは♪」

「いや、それがもうやられたっぽい笑」

「え!?は!?まじでー!?このパゴダ偽物ガイド多いからー!」

「おにーさんはライセンスもってるね!」

「そ、俺はちゃんとしたガイドですからー!(*゚∀゚)=3」

 

昔日本で暮らしたことがあるこのガイド、ミオの日本語はか~~~なり上手!!

だけど相当口が悪くて、「あの女」とか「ブス」とか言いまくるんですよ笑。

 

「なによー!いくら払ったんだよー!」

「10ドル。これって高いよねぇ!?」

「はー!?たった1時間で!?俺なんて半日で15~20$なのに!!!」

「ああ、やっぱり~~~くっそー悔しいぜ。。笑」

「なんだよー!あーなんかごめんなさいねー。。」

「え?なんでおにーさんが謝るのよ笑!」

「いや、そういうの悔しくって。もっと俺が早く会ってれば!!」

「あっははほんとですよ。でももうお金払わないよここでは笑。」

「あーケチだからな!笑」

「そ、ケチだからー!笑」

 

なんか、この悪口が心地よい。

話しているうちに気付いたんですが、ミオは日本語だけでなく、英語もぺらっぺら!!!

しかもこの英語の話し方・・・だれかに似ている・・・

 

「ん~、今日これからなにするんですか?」

「そのへんぷらぷら観光するよ。でもガイドなしでね!笑」

「まじでケチだなこの女ー!」

「旅長いから毎回ガイドとか払ってられないんだよ~」

「ふーん・・・今日夜あいてる?」

「え?ナンパですか?笑」

「ちげーよ笑!よかったら夜パゴダガイドしてあげようか?タダで。

「へ?なんで!?なに目的!?」

「いや、なんか偽ガイドにやられてかわいそーだから。特別だ。今日暇だしな笑。」

 

ええええ。

タダか・・・

確かに案内してもらえたら嬉しいけれども・・・

 

タダよりこわいものはないっっ!( ̄▽ ̄;)

 

「いやあ・・・ますますあやしいわぁ・・・」

「お前まじで性格悪いのな笑!」

「さっきミオ、騙されるなよって言ってた・・・」

「俺は信じろよ~。あ、でも終わったらビールな♪」

「うーん。まぁじゃ、夜またここ戻ってくるから。」

「おーオーケー♪本物のガイドがどんなもんか見せてやるよ~♪」

 

いったんお別れ!って、足の裏きったなー!!!(´Д`;)

ちょっと街をぷらぷらして・・・

 

これクーンっていう、ミャンマー人大好きな噛みたばこ!

道路のそこら中に赤いあとがあるからなんだろうって思ってたら、どうやらこれを噛んでぺ!ってやったあとらしい!

 

ビンロウ(檳榔)っていう果物の種と石灰を溶いたものを、キンマの葉に塗布してくるくる包みます。

それをガムのように噛むんだけど噛んだあと、歯が真っ赤になるんですよー!

たまにいきおいよくぺ!ってやった時に、ひっかけられそうになります。ひいい(笑)

 

「お、戻ってきたな。じゃ、はじめますか!」

 

夜のシュエダゴン・パゴダ観光!!!

昼間と雰囲気、ぜんっぜん違うー!!!(*゚∀゚)=3

 

なぜかあちこちで、誕生日を祝っている人を見かけました。

こんなところでやっちゃっていいの!?

昼間のおっちゃんガイドが教えてくれなかったことも、色々教えてくれるミオ。

ミャンマー人が大切に思う生まれた曜日のことも、もっと詳しく教えてくれました。

 

「あんた彼氏いんの?」

「いますよー。」←誰にでもこう言うようにしている

「曜日は?」

「えーっと、土曜日かな?」

「おー相性悪いわ!別れろ!」

「おい(笑)」

 

昼間のおっちゃんガイドに話した時は、「相性いい」って言ってたのにねー!

ミオのこの、ずばっと感が好きだわー(*´∀`)

 

「ほら、こういう風に曜日はみるんだよ。この先しばらくいい運気に入るね。」

「へーそうなんだー!おもしろいなー。」

 

昼も夜も、一生懸命祈るミャンマー人。

やっぱり祈る姿はいつもとても美しくて、そして近づけない。

 

「ふーーん。」

「・・・なに?」

「いや、あんた建物より人に興味あるんだねー。」

「はは、そうっぽいね。」

「俺ガイドだから、お客さんがどういうのが好きかいっつも探ってんの。」

「へえ」

「会話の中とか撮る写真とかで、分かっていくんだよ。」

「ああ、なるほどー」

「あ、おにーさん、なんか困ってます?あーこれはこういう意味で(←英語)」

 

あーーー!!!っていうか分かったーーー!!!

ミオの話し方も声も・・・

フランクのお義兄さんに、そっくり!(*゚∀゚)=3

特に英語の時は、本当もうそのまんま!

だから、なんかこの人親近感があるなーと思ったんだー!!!

やばい!懐かしいー!ってか台湾戻りたい~~(´;ω;`)

 

「ミオー、英語で話しましょうよお~♪」

「えーやだよ。日本語の方がいいわ。」

「え~~、ちぇっ。。」

「お、ちょっとここに立ってみて。」

「ん?なんか見えるんですか?」

 

「ここから見るとトップがグリーンに光るんだよ。サファイヤ!」

「ええええええ~~~~!!!すごおおおおい!!!(*゚∀゚)=3」

「ここは赤!ルビー!で・・・ここは白!ダイヤモンド~♪」

「へええ、おもしろおおおおおおい!!!(*゚∀゚)=3」

「・・・・へーー。」

「なに?」

「こういうのも好きなんだー。笑」

「え?だって面白いじゃないですかー!夢がある!(*゚∀゚)=3」

 

宝石には興味ないけど、実際にこうやって光って地上からでも見える、宝石の輝きに夢があるよー!!!

 

「満足した?」

「はい!ほんっとありがとうございますー!」

「あーまじで今日タダ働きだわぁ~、ほんっともうこの女ケチ!

「はっはっは。ビールくらいおごりまっせ兄さん(笑)」

 

チャイナタウンで、ごはんを食べました。

内緒ですが、色んな話を聞かせてくれました。口の悪いミオだけど、とても真剣に。

 

『良いことも悪いことも自分に返ってくる』

だから今日まじでお金になんなかったけど、でもいいんだよ。

今日みさきさんを助けた分、そのうちなにかいいことが返ってくるから。

 

「ま、だから、お前人を騙したから、今日その分が返ってきたんだよ!笑」

「あっはは!いやーほんっとそうだと思いますー。笑」

 

「君のため」じゃなくて「自分のため」

わたしは、ミオのこのはっきりした言葉が好きでした。

 

ミオは、自分のためにわたしを助けたのかもしれない。

でもそれで、わたしの心が軽くなったのもまた事実。

 

今日はありがとう、ミオ!!!

 

★10チャット=1円

[ad#co-3]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)