ミャンマーの巨大遺跡群バガンで朝日を見よう

[ad#co-4]

 

バガンで夕日?を見て、たくさんビールを飲んだ次の日。

朝の4時半に起きました、おはようございます(*´∀`)

 

約束の時間は早朝5時。そうです、今日は・・・

バガンの朝日を拝みにいくのですよー!

いそいそと準備をして、宿の前に出ます。サトコさんとケンくんをはっけーん!

 

「あれ、シェーンとタカくんは?」

「まだ、寝てるのかなぁ・・・昨日二人とも酔っぱらってたから。笑」

 

しばらく待ってたんですけど起きる気配がなかったので、3人で行くことにしました(あっさり見捨てる)

電動自転車をレンタル(1日7$)!!!

なんじゃこりゃ初めて乗るよー!(*゚∀゚)=3

 

旅人はすっぴんが多いと聞くのですが、早朝5時でも化粧をしたわたし。

ま、誰にも見られてないんですけどね、テンションの問題ですよ。

24時間どこからでもかかってこい、トニーっ!!!

っていうテンションの問題ですよ。(まさに無駄)

 

昨日通ったのと同じ道を、暗い中ぶいんぶいん進んでいきます!

自転車よりも全然らく~~~!(*゚∀゚)=3

 

「昨日こっちにいって、砂道だったから、こっち行ってみる?」

「そうだね、大きな道で行ってみようー!」

 

ぶいぶいぶいぶい。

 

真っ暗な中、響くのはエンジン音だけ。人なんかぜんぜーんいません。

うーん、やっぱ今はこうやって、一人でどっぷり考える時間が今はありがたいですな。

この時間もっと続けばいいのに。

 

ぶいぶいぶいぶい。

 

ぶいぶいぶいぶいぶい。

 

ぶぶいぶい。

 

キキー。

 

「俺ら今どこにいるの?(*´∀`)」

「さっぱりわかりません(*´∀`)」

 

見事に迷子になりました。

とにかくすすんでみよう!!!

いつかはどこかにたどり着くよ!!!←超役立たず

 

相変わらず真っ暗な道を当てもなく、とにかく進んでいきました。

まだまだ朝日は上がる気配がないけど、いや~でももう朝日は無理かもしれないな。

 

いやーはっは、

楽しいね!

 

はっきり言っちゃうと朝日なんてどうでもよくて、今走っている目的とかもどうでもよくて、このまま走りながらどこかで朝日を迎えても、なんの問題もありませんでした。

むしろその方がいいかも。

 

昨日は走ってもラオスの時みたいな幸せは感じなくて、たくさんのきれいな星空を見たけど、ラオスの時のような感動はなくて。

でも、この今の日常の非日常が楽しいって思って、思わず笑いがこみ上げてくる・・・!

 

迷って、あははってなってる感じも、車輪が砂に飲み込まれて行く感じも、3人に流れるゆるい空気も。

っていうか・・・

真っ暗なこの田舎道を走るの、すごい気持ちいいー!!!(*゚∀゚)=3

それだけで充分なんだよー。

 

やっぱ、知らない場所、たのしーやー!!!

もっとたくさんわくわくドキドキしたいよー!!!

 

結局やっぱりたどり着く前に、だんだん明るくなってきて・・・

 

電動自転車を走らせながら見たんですが、やっぱり曇りで朝日も綺麗には見えませんでした。

割れるような雲!!!

 

サトコさんもケンくんも「迷ってごめんねー」って、申し訳なさそうに言ってました。

い、いえ、こちらこそさっぱり使えない女で・・・と言いますか・・・

一人で楽しんでてすみませぇん(((((( ;゚Д゚)))))

 

どこか遠くで、気球が上がっていました。

ミャンマーに来てから今の場所じゃなくて、別のこと先のことばっかりを見ていたけれども、また今に戻れそうな気がする。

調子出てきたかも、へへへ。

 

ちょっとすがすがしい気分で宿に戻ると、シェーンとタカくんも遅れて朝日を見に行ったらしくいませんでした。

だから、サトコさんとケンくんとお昼ごはん。

 

こちら、これからインドにいくならカレーはやめとけってシェーンに強く忠告されたのにも関わらず猛烈にカレーが食べたくなったのでオーダーした、ベジカレーでございます!

 

調子出てきたぜえへへへ!(*゚∀゚)=3

 

★10チャット=1円

[ad#co-3]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)